ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖いお話.net【厳選まとめ】

「短編」 一覧

厄年の厄落とし【ゆっくり朗読】

厄年の厄落とし【ゆっくり朗読】 運が落ちてきたな、と思ったら わざと500円玉を交差点かどっかに落としてこいとか言ってたのを思い出した 170 :可愛い奥様 :2013/11/02(土) 01:34: ...

筍狩り【ゆっくり朗読】

筍狩り【山にまつわる怖い話・不思議な話】 地元に、道内ではほんの少し有名な山菜スポットがある。 338 :あなたのうしろに名無しさんが…:03/03/04 18:25 発条やら何やら、中でも筍が大量に ...

山がわらう/木の後追い【ゆっくり朗読】

山がわらう/木の後追い【山にまつわる怖い話・ゆっくり朗読】 親父に聞いた話ですが・・・ 253 名前:山がわらう :03/09/06 01:50 当時の親父の趣味は渓流釣りで、たまたま山中で知り合った ...

毎晩夢に現れる宇宙人に聞いた話【ゆっくり朗読】

普段見る夢とは比較にならないぐらい現実感のある夢を11月から度々見るようになる 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/01/12(月) 12:48:51.15 ID:BC2YXBRy0. ...

地蔵山【ゆっくり朗読】

地蔵山【ゆっくり朗読】 某県に地蔵山という山があります。 267 :03/02/15 21:04 山と言っても塚のようなもので、本当に小さいものです。 その山にはいやな伝承がありまして、かつて江戸時代 ...

某国で酒を飲んでいた【ゆっくり朗読】

某国で酒を飲んでいた【ゆっくり朗読】 輸入雑貨の卸をしているSさんから聞いた話 777 :本当にあった怖い名無し:2021/09/04(土) 00:29:24.91 ID:zE+nEMKK0.net ...

幽霊をおちょくってはいけない~同人作家の恐怖体験【ゆっくり朗読】2540

幽霊をおちょくってはいけない~同人作家の恐怖体験【ゆっくり朗読】 俺の友人水谷が同人の絵描きさんしてまして、俺は水谷のアパートへたまに遊びに行ってた。 2008/02/28(木) 22:40:13 I ...

おります【ゆっくり朗読】

【ゆっくり怪談】おります 大学卒業して地元に帰ったら消防団に入れられた。 俺は妙な所で引きが強いみたいで、行方不明者捜索とかに出ると死体の第一発見者になった事がすでに二度(一人は水死体、一人は首吊り) ...

道を教えてください【ゆっくり朗読】2410

道を教えてください【ゆっくり朗読】 「道を教えてください」 夕方の路地でそう話し掛けてきたのは背の高い女だった。 足が異様に細くバランスが取れないのかぷるぷると震えている。 同じように手も木の枝のよう ...

怨霊『カラコロシ』伝説【ゆっくり朗読】

2022/05/08   -短編, 都市伝説
 

【ゆっくり怪談】怨霊『カラコロシ伝説 中学の時の地元での話。うちの地元の神社では変な神が祀られていた。 347 本当にあった怖い名無し 2013/12/08(日) 09:55:06.39 ID:6zO ...

ヒサル【ゆっくり朗読】

ヒサル【ゆっくり朗読】 私はずっとある村に住んでいるんですが、小学校の頃、一度だけ不可解な体験をした事があります。 699 :643:03/11/19 15:11 私は友達何人かとで、川でザリガニを採 ...

不可解な現場写真【ゆっくり朗読】2430

不可解な現場写真【ゆっくり朗読】 警察官のイトコから聞いた話 仕事柄、現場写真を山のように撮るが、たまに説明不可能な写真があるという。 高速道路の事故現場 連続して撮ったうちの一枚だけ、犠牲者の遺体を ...

握手【ゆっくり朗読】1920

握手【ゆっくり朗読】 今までで、一番生きた心地がしなかった時の話。 415 名前: 生肉を揉む揉む 04/05/02 23:03 ID:np+sJ80l 当時、と言っても、もう八年も前の話。 オレはと ...

ハンドメイドルアー【ゆっくり朗読】

ハンドメイドルアー【ゆっくり朗読】 一昨年、日吉ダムに行った時にハンドメイドルアーを拾ったんだわ。 86 :名無しバサー:2014/03/13(木) 01:53:27.34 .net これが笑っちゃう ...

監視付アパート【ゆっくり朗読】2800

監視付アパート【ゆっくり朗読】 おととしまで住んでたアパートの話 引越しをしようと決め、物件探しをしてるとき 「ちょっとした縁で安くできるから」 と、そのアパートを不動産会社から紹介された。 部屋は1 ...

会うと良くないことが起きる…【ゆっくり朗読】924

会うと良くないことが起きる【ゆっくり朗読】 彼女とデートの日、待ち合わせ場所へ向かう途中、携帯が鳴った。 彼女からだった。 「今日は行けない」と言う。 「もう会わない方がいい」と言う。 理由を訊いたが ...

常連客【ゆっくり朗読】1335

常連客【ゆっくり朗読】 学生時代、叔父が経営する小さな小料理屋(居酒屋)で手伝いをした。 常連客で、七十代の小菅さんという真っ白な頭のじいさんがいた。 ほぼ毎日、開店の16時くらいから24時くらいまで ...

奇妙な交通事故【ゆっくり朗読】914

奇妙な交通事故【ゆっくり朗読】 小五のとき、通学路の交差点を渡っていたとき、右折車が横断中の俺めがけて突っ込んできた。 催眠術にかかったように体が動かず、突っ込んでくる車を呆然と見ていたら、あらぬ方向 ...

宝船

私が小学校五年の時だったと思います。 五月に入り春がかった頃ですが、この時期父は鯛を釣りに船で沖に出かけます。 朝五時頃出かけて、帰ってくる時間はまちまちです。 夕方四時頃もあれば夜10~11時頃もあ ...

名もない低い山【ゆっくり朗読】

名もない低い山【山にまつわる怖い話・ゆっくり朗読】 うちの実家のほうにあった、名もない低い山の話。 134 :あなたのうしろに名無しさんが…:03/01/16 15:23 幼稚園、小学校の裏手にあるそ ...

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2022 All Rights Reserved.