ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖いお話.net【厳選まとめ】

「短編」 一覧

温泉街の按摩さん【ゆっくり朗読】

温泉街の按摩さん【ゆっくり朗読】 元同僚の話。 仕事の元請先に誘われて、温泉旅行に出かけたのだという。 温泉と料理を一頻り堪能して「さぁ寝るか」という頃、仲居さんに声を掛けられた。 「お休みになる前に ...

うつ病SE 死の行進【ゆっくり朗読】2700

【ゆっくり怪談】うつ病SE 死の行進 鬱病SEと山のお話 システムエンジニアをやっていた知人。 デスマーチ状態で、残業4-5時間はザラ、睡眠時間は平均2-4時間。 三十過ぎて国立受験生みたいな生活に、 ...

鬼の宴【ゆっくり朗読】3500

鬼の宴【ゆっくり朗読】 叔父の話を一つ語らせてもらいます。 956 あなたのうしろに名無しさんが…… 2002/08/16 12:02 幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪ガキだったそうです。 疎 ...

櫻子さまの呪い【ゆっくり朗読】2600

2024/07/01   -短編, 都市伝説

【ゆっくり怪談】櫻子さまの呪い この話は自己責任でお願いします。 571 本当にあった怖い名無し 2005/09/07(水) 20:09:01 ID:6fyfbR2z0 大正時代、昭和初期と鉄工所の景 ...

きらきらさん(ヒサルキ)【ゆっくり朗読】2100

2024/07/01   -短編, 都市伝説
 

【ゆっくり怪談】きらきらさん(ヒサルキ) 友人が「お前の話とすげー似た話が書いてあった」と言うので、このまとめサイトを読みに来ました。 私は幽霊とか得体の知れないものの存在などは信じていなかったのです ...

【獣害注意】イノシシはヤバイくらい怖い!!!【ゆっくり朗読】3100

【獣害注意】イノシシはヤバイくらい怖い!!!【ゆっくり朗読】 GWに数人の友人と近場の山にハイキングに行った。 84:本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金)17:45:25.25ID:82 ...

■みちびき地蔵【怖い!まんが日本昔ばなし】

あらすじ 漁を終えた母親は、獲った魚と幼い息子・浜吉の手を引いて家路を急いでいた。 途中、疲れ果てて眠りかけている浜吉を起こしていると、目前の岩の上に「みちびき地蔵」と呼ばれる地蔵が見えた。 この地蔵 ...

滝不動で起きた怪奇現象【ゆっくり朗読】

2024/06/30   -短編, 心霊スポット

滝不動で起きた怪奇現象【ゆっくり朗読】 お盆休みでの話 18 :名無しさん@おーぷん :2015/08/17(月)23:07:41 ID:C4I 今年は休みが十二日~十六日までで、初日二日で墓参りやっ ...

職場の女性が消えた【ゆっくり朗読】1600

職場の女性が消えた【ゆっくり朗読】 3年前の話。同じ職場の女性が忽然と消えた。 606 :本当にあった怖い名無し:2021/10/16(土) 22:17:02.44 ID:ogfMIv+V0.net ...

焼き場で焼いたはずの爺様が……【ゆっくり朗読】3400

焼き場で焼いたはずの爺様が……【ゆっくり朗読】 先輩から会社の休み時間に聞いた話。 だいぶ昔のこと、先輩の田舎のおじいさんが亡くなった時の話なんだけど。 死因はフグの中毒死。夕食に食べたフグにあたって ...

旅で出会った女【ゆっくり朗読】3600

【ゆっくり怪談】旅で出会った女 若い男が旅をしていました。 その日は日が暮れるまでに宿のある町まで到着するつもりでしたが、男は道を間違えて淋しい山奥に入りこんでしまいました。 男は仕方なく野宿を覚悟し ...

教師生活最大の後悔【ゆっくり朗読】5041-0107

2024/06/30   -短編, 後味の悪い話
 

【ゆっくり怪談】教師生活最大の後悔 小学校の教諭だった母親が最も後悔していたこと。 222 :2014/12/03(水) 20:23:23.98 ID:yhOdUZmm0.net 定年近くの母が勤務し ...

十九地蔵【ゆっくり朗読】2400

【ゆっくり怪談】海神様 俺の家は広島のド田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。 俺の村を富毛村、隣村を端下村としよう。 不思議な事になぜ仲が悪いのかは不明なのだ。 富毛村の住人に聞いても、端下村の住人に ...

すざく駅【ゆっくり朗読】

すざく駅【ゆっくり朗読】 二十二時頃、僕はいつものように、JR九州k線のh駅からf駅に向かって帰ってました。 2014/12/27(土) 12:54:14 今自分が触ってるスマホで、LINEで友人と話 ...

海神様【ゆっくり朗読】3200

【ゆっくり怪談】海神様 部落ではないのだが排他的な地域で、回りの地域から少し恐れられてる村の話。 その村の奇妙な印象と独自の宗教感を話す。 俺の母方の血筋はちょっと変なんだ。 今から話す話は、恐怖体験 ...

廃墟・弥彦山気象観測所(新潟県)【ゆっくり朗読】3100

廃墟・弥彦山気象観測所(新潟県)【ゆっくり朗読】 仲間が免許を取ったということで、地元だと結構有名な心霊スポットの旧・弥彦山気象観測所に行ってみることにした。 弥彦山気象レーダー観測所 先輩の話による ...

サイコパス児童【ゆっくり朗読】5131-0107

サイコパス児童【ゆっくり朗読】 私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった。 208: 名無しさん@おーぷん 2016/11/02(水)23:58:01 ID:Lqm まだ言葉も話せなかった頃 ...

祟りの地図【ゆっくり朗読】3100

祟りの地図【ゆっくり朗読】 俺の友人の話を…… 友人は、とあるパソコンリサイクルメーカーに勤めていた。 不要になったパソコンが集められ、使える部品は検査して再利用されるらしい。 友人は、ハードディスク ...

奥武蔵野の集団【ゆっくり朗読】1500

奥武蔵野の集団【ゆっくり朗読】 人が聞いて怖いかどうかはわからないが、当時の私はちょっと背筋が寒くなった出来事。 146 :底名無し沼さん:02/09/10 15:37 あれは奥武蔵野のどこかを、日帰 ...

火ともし山【怖い!まんが日本昔ばなし】

あらすじ 昔、諏訪湖の東の村に「おなみ」という娘がいた。 おなみには、夫婦になろうと言い交わした若者がいた。 ところが、ある日若者は、今住んでいる村から湖の向こう側に移り住まなくてはいけなくなった。 ...

二号室の住人【ゆっくり朗読】

二号室の住人【ゆっくり朗読】 俺が以前ラーメン屋でバイトしてた時の話。 その店はある地方都市の風俗街の中にあって、お客さんの殆んどは出勤前の風俗嬢だったり風俗店の従業員。 そんなに大きな店じゃないけど ...

死期を告げる占い師【ゆっくり朗読】4500

死期を告げる占い師【ゆっくり朗読】 ショッピングモールに居た占い師に手相をみてもらったら、いきなり死ぬ年齢を言われた。 697 :可愛い奥様:2016/06/21(火) 08:55:45.17 ID: ...

失踪息子の秘密【ゆっくり朗読】3400

2024/06/28   -短編, 怪談

失踪息子の秘密【ゆっくり朗読】 どの本でだったかどうしても思い出せないんだけど、ずっと前にこんなのを読んだおぼえがある。 戦後しばらくたった頃、地方のある農村での話。 村で一番の旧家の跡取り息子が失踪 ...

母親から虐待されていた【ゆっくり朗読】5111-0107

母親から虐待されていた【ゆっくり朗読】 私の一番古い記憶は三歳。 325 :名無しさん@おーぷん :2015/05/08(金)00:25:04 木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。 ...

【日本刀にまつわる話】シシキリ【ゆっくり朗読】2900

【ゆっくり怪談】シシキリ【日本刀にまつわる話】 日本刀にまつわる話 69 :本当にあった怖い名無し:2011/02/09(水) 01:37:59 ID:wOFd/ey60 怖くは無いが『刀』で思い出し ...

あて逃げ【ゆっくり朗読】3100

あて逃げ【ゆっくり朗読】 仕事で山合いの国道を走行中、道路工事で片側交互通行に出くわした時の出来事。 671 :本当にあった怖い名無し :2010/07/20(火) 15:45:39 ID:o8rCx ...

★タクシー業界の闇

2024/06/27   -短編, 後味の悪い話, n+

以前、運輸業界紙の記者をしていたときのこと 654 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 02:42:13 ID:16WM6Inf0 ある日、取材のために某タクシー会社を訪れ、社員食堂 ...

佐吉舟【怖い!まんが日本昔ばなし】

あらすじ 八丈島に太兵衛と佐吉という二人の腕の良い漁師が住んでいました。 佐吉は島一番の男前で、太兵衛は島一番の力持ちでした。 子供の頃からの仲良しだった二人は、共に船主の娘、ヨネに恋をしました。ヨネ ...

キセルボウ【ゆっくり朗読】

キセルボウ【ゆっくり朗読】 知り合いの話。 単独で山を縦走していた、ある夜のこと。 テントの外、焚き火の側で煙草を吸っていると、誰かが声を掛けてきた。 「済まないが、煙草を一本分けてくれないか?」 見 ...

訪問販売の営業【ゆっくり朗読】1200

2024/06/27   -短編, ほんのり怖い話

訪問販売の営業【ゆっくり朗読】 昔、訪問販売の営業をしていた会社で聞いた怖い話です。 34 :営業会社の話(1/3):2011/01/19(水) 21:09:13 ID:iumaAo9x0 分り易い様 ...

呪いの銅鏡【ゆっくり朗読】2800

【ゆっくり怪談】呪いの銅鏡 私の母方の一族にまつわる話です。 638 1 sage 2010/03/05(金) 11:45:08 ID:W7ZYbk7Q0 私の幼少期の記憶と後に聞いた話をまとめてある ...

風俗広告代理店営業職【ゆっくり朗読】5108-0107

風俗広告代理店営業職【ゆっくり朗読】 勤めていた会社が倒産して以来、一年近く無職でした。 三十近くになって親の仕送りを当てにする生活。 もう仕事を選んでいる場合ではないと、今年三月より、マイナー風俗広 ...

おもんさま【ゆっくり朗読】2900

【ゆっくり怪談】おもんさま 母方のおばあちゃんが亡くなった。 九十七歳の大往生だった。 事情があって私は中学を卒業するまでおばあちゃんに育てられた。 おばあちゃんとはたくさんの思い出がある。 中でも印 ...

執着心【ゆっくり朗読】1200

執着心【ゆっくり朗読】 俺が体験した中2の夏の話をする。 590 :本当にあった怖い名無し:2014/03/24(月) 22:16:58.28 ID:QLSlnmX20.net にはCという仲がいい友 ...

★ピアノ教室

2024/06/26   -短編, 後味の悪い話, n+

小学校低学年の時に習っていたピアノ教室で、体罰があった。 914 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 16:52:37 ID:/jdBD+8x0 お世辞にも才能があるとは思えない『下 ...

★友人の幼馴染のこと

2024/06/26   -短編, 後味の悪い話, n+

昔、友人から聞いた話をしようと思う。 77 :怖いお話ネット:2024/06/24(月) 02:28 ID:8fjT0nQqP その友人の幼馴染にカナという女性がいた。俺も何度か一緒に飲んだことがある ...

■ミャーの行方

2024/06/26   -短編, 後味の悪い話, n+

中学生の頃、僕は一匹の猫、ミャーを飼っていた。 694 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 11:46:24 ID:CMPRxcjw0 昼間は外に自由に出していて、今の基準では問題か ...

三本枝のかみそり狐【怖い!まんが日本昔ばなし】

三本枝のかみそり狐 昔むかし、ある村はずれの三本枝という竹やぶに、人を化かすキツネがすんでいた。村人たちがキツネを恐れる中で、この村の彦べえという若者だけは、少しも信じていなかった。彦べえは、たそがれ ...

奇跡のひと【ゆっくり朗読】8300

奇跡のひと【ゆっくり朗読】 話自体よりもそうなった時は……っていうタイプの後味の悪さだけど 718 :本当にあった怖い名無し:2016/09/01(木) 14:10:54.65 ID:NeqqzBmg ...

逢魔が時登山【ゆっくり朗読】

逢魔が時登山【ゆっくり朗読】 自分が山を登りはじめて、夜を過ごしたときに起きた出来事。 その日は、月と星が綺麗で登山のプロさんが 「月を山頂で見ないか?」 って話でみんなで見るって事になって、登ること ...

【御殿場冤罪事件】奇妙な裁判【ゆっくり朗読】2000

奇妙な裁判【ゆっくり朗読】 昨年TVで見たドキュメンタリーの話。 105 :奇妙な裁判 その1:2006/02/05(日) 16:04:41 ID:4ThCuGi90 冒頭は、裁判所に向かう4人の青年 ...

家族奇行の真相【ゆっくり朗読】3500

家族奇行の真相【ゆっくり朗読】 自分の身に起こった、今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学三年だった頃。 僕の家は、父親と母親と弟 (まだ小学校低学年)の四人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、 ...

ささら【ゆっくり朗読】3200

【ゆっくり怪談】ささら うちの実家は、東北の田舎なんだが、旧暦の正月に『ささら』っていうお祭りがある。 祭事に詳しい人なら地区まで特定できそうだから明記はしないが、そのくらい田舎だっていう話。 俺も子 ...

★「他人の手を借りずに自活する」というポリシーの夫婦

2024/06/25   -短編, 後味の悪い話, n+

昔見たテレビ番組の話。 47 :怖いお話ネット:2024/06/24(月) 18:45 ID:4f7K9dS8 タイトルも内容も曖昧だが、どうしても忘れられない映像がある。 肢体不自由の妻と、内臓に障 ...

十六人谷【怖い!まんが日本昔ばなし】

十六人谷は日本昔話史上、もっとも恐ろしい話と云われています 十六人谷(じゅうろくにんだに)は、十六谷の別名。 富山県黒部市宇奈月町黒部に存在する谷である。 地名の由来は、その昔、十六人の樵が、谷の夫婦 ...

ヤバいバイト【ゆっくり朗読】5300

【ゆっくり怪談】ヤバいバイト 今から十年前。世間がマツケンサンバのヒットで浮かれてた時代、チョっと危ない系のアルバイトをした時の話。 64 :本当にあった怖い名無し:2014/06/27(金) 01: ...

殺人の記憶【ゆっくり朗読】

殺人の記憶【ゆっくり朗読】 俺が小学生の頃の話。 5年生だったから、もう想像と現実の区別はできているのに、絶対に現実とは思えないのに、どうにも頭から離れないある映像が気がかりでならなかった。 どうも、 ...

■孤独な少年:にんじんが抱えた戦争の傷跡

2024/06/24   -短編, 都市伝説, n+

『にんじん』の話、読んだことあるか? 79 :怖いお話ネット:2024/06/22(土) 14:35 ID:XtR9Zm+U0 フランスの作家ジュール・ルナールが書いた話なんだが、あれ、マジで鬱だ。主 ...

牛鬼(うしおに)【怖い!まんが日本昔ばなし】

あらすじ 島根のある漁村に隠棲する侍の夫婦があった。 妻の方はとても出来た人で、「俺は侍を捨てた身だ」とうそぶく夫を支え、愚痴をこぼさず仕えていた。 村人も侍には親切で、獲れた魚やら野菜やらを届けては ...

黄泉戸喫(ヨモツヘグリ)【ゆっくり朗読】8600

【ゆっくり怪談】黄泉戸喫(ヨモツヘグリ) 昨日、裏高尾まで紅葉を見につうか、軽いハイキング気分で出かけてきたんだが、そこの山道で、キノコ取りに来ているおっさんと出会ったんですよ。 2008/10/14 ...

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2024 All Rights Reserved.