ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

「短編」 一覧

材木商の家~長谷川龍生の怖い話

2018/01/22   -短編, 怪談
 

詩人の長谷川龍生(はせがわりゅうせい)氏は十四、五歳くらいの頃、けっこうな規模の材木商の家に丁稚奉公として居候していた。 すでに身寄りはなく、ものすごく遠い親戚関係にあったその家に住み込んで受験勉強を ...

破格の一軒家

2018/01/22   -短編, 怪談
 

十五、六年前にやってたテレ朝「プレステージ」の怪奇話特集を覚えている人いるかなあ。 中島らもやなんかが出てたやつ。 あの詩人の長谷川龍生(はせがわりゅうせい)の話が当時マジコワだったんだけど。 詩人・ ...

奇妙な写真の呪い

俺が昭和台という団地に引っ越して間もない頃の話です。 引越し後のダンボールから荷物を一つ一つ手にとって整理していた時、見慣れた卒業写真集が出てきました。 中学の時のでした。 自分は写真とかを種類別にま ...

スパゲティ症候群

延命措置 以前勤めていた病院での話。心停止してからどのくらい経過したか判らない患者の救急搬送。 とりあえず、強心剤を心臓に直接注射して、拳でひと殴り。わずかに鼓動再開。 まずい!「おい、DC!(除細動 ...

カワボウタラ

2018/01/20   -短編, 民俗
 

以前採訪して聞いた話ですが、茨城県の北相馬郡に流れる新利根川(川幅は狭い)で、夕方から夜にかけて青白い光が水中に見えるという現象が昔あったそうです。 地元で《カワボウタラ》と呼ばれる現象で、これが目撃 ...

オカルト中古物件

この前見に行った中古物件の話。 三階建てで、玄関入った瞬間から湿った空気が流れている感じで凄く気持ち悪い。 あちこちに、それこそ押入れの中まで盛り塩がしてあるんだが、何故かそれが全部崩れていた。 一階 ...

鳶の爺さん伝説【ちょっといい話】

数年前、父方の曽祖父の三十三回忌が行われ、親戚が集まった際に聞いた話。 曽祖父は鳶職で、地元の神社の祭礼を仕切ったり、地元では有名な人だった。 そして、子供好きでも有名だった。 小学校の設備が壊れたと ...

トイレ密室殺人事件 ~ 次はお前だよ……

ある四人家族が、とある地方の旅館に宿泊。深夜に娘か母親がトイレで惨殺されているのが発見された。 被害者は全身を刃物で滅多刺しにされ、顔面は誰だか判別がつかなくなる程斬り付けられていた。 ……死体には舌 ...

はじめての家庭科

7がつ5にち きょう、はじめてかていかをならった。 ケンちゃんは「かていかはおんなのかもく!」といってせんせいにおこられた。 せんせいは「いまはだんしもさいほうやおりょうりができないといけないじだい」 ...

トイレの蓋

2018/01/17   -短編, 怪談, 都市伝説

ABCラジオさんで大賞をとった話だよ。 大阪府豊中市 カモメのジョナさんの作品『フタ』 2000/08/29(火) 20:01 これはOLとして働きながら、ひとり暮らしをしていた数年前の夏の夜の話です ...

分からないほうがいいもの

2018/01/17   -短編, 都市伝説
 

弟から聞いた本当の話です。 弟の友達のツトムくんの実体験だそうです。 ツトムくんが子供の頃、ツトムくんのお兄さんとお母さんの田舎へ遊びに行きました。 外は晴れていて、田んぼが緑に生い茂っている頃でした ...

稲刈り体験学習異変

2018/01/14   -短編, 怪談

稲刈りのシーズンに、体験学習みたいなやつで山の中の合宿所に行った小学校の時の体験談。 そこでは稲刈りやって、脱穀やって、夜になったらキャンプファイヤーして、一泊することになってる。 そしてその合宿には ...

おぞましい奇祭

2018/01/13   -短編

二十年前、人口百人くらいの島の人と教授の研究のため何年もかけて交流したことがある。 祭りの時期に合わせて一ヶ月泊まりで教授の聞き取り調査なんかに同行した。 でもほとんど島の子供と遊んでただけ。 なんに ...

白昼の悪意

俺が税務署の職員だった頃の話。 90年代の頃だが、田園調布の、ある家へ査察に入った。 すると、玄関で奥さんが数珠をじゃらじゃらさせつつ、「悪霊退散、悪霊退散、悪霊退散!」とひたすら呟いている。 この家 ...

呪われたビデオテープ

このお話は私が高校の時に、ある友人から聞いたお話です。 ある、学校の朝の出来事です その学校には奥山という生徒がいました。 奥山は眠い目をこすりながら一時間目の授業を終え、いつもなら後ろの席にいる本田 ...

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.