ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

「 マタギ 」 一覧

白い人、のようなもの。

私の知人に、山田という、マタギと言うか、猟師の男がいた。 専業の猟師ではなくて、本業を別に持っている、季節限定猟師だ。 私と彼は仕事を通じて知り合ったのだが、身元が割れると嫌なので、私の職業と彼の本業 ...

ヒグマの恐怖

札幌にて母が妹を出産するために当時七歳だった俺は、道北にある母方の実家に預けられていた。 祖父母宅では酪農を営んでいて仕事合間の子供の面倒は手に余ったらしく、そこで登場したのが父方の姉夫婦。 俺にとっ ...

マタギ家系の契約

今は亡き祖父の昔話。 祖父の一族は元来マタギの家系だった。 祖父(以下伝次郎)は、村人全員家族っていうような山の集落で育った。 夏場は回りの村や町からくる行商などもいるが、冬になると道も雪に埋れてしま ...

片目の大イワナ

秋田・岩手の県境の山里に住む、元マタギの老人が語ってくれた、怖くはないが印象的な話。 その老人は昔イワナ釣りの名人で、猟に出ない日は毎日釣りをするほど釣りが好きだったそうだ。 しかし、今は全く釣りをし ...

山の魔物

北海道で猟師をしている人の話 ある山に、*ビバークしてクマを追っていた日のこと。 突然、傍らで寝ていた相棒の猟犬が立ち上がり唸りだした。 「どうした?」と声をかけても、普段ヒグマにさえ怯えない相棒の猟 ...

サカブ

秋田のマタギたちの間に伝わる話に『サカブ』というのがある。 サカブとは要するに“叫ぶ”の方言であるが、マタギたちがいう『サカブ』とは山の神の呼び声を指すという。 山の神は時たま、その神力を持ってマタギ ...

八甲田山雪中行軍遭難事件

八甲田雪中行軍遭難事件(はっこうだせっちゅうこうぐんそうなんじけん)は、1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が青森市街から八甲田山の田代新湯に向かう雪中行軍の途中で遭難した事件 ...

マタギの掟をやぶった男の末路

2017/12/03   -短編, 中編
 

  俺が中学生の頃、列車で会って仲良くなったご老人から聞いた話を書き込ませて頂きます。 ご老人の住む村は「マタギ集落」と呼んで良いぐらい、多くのマタギが住んでいます(今現在は、どうなってるか ...

人喰い巨大ヒグマの恐怖!三毛別羆事件~史上最大の獣害事件 アンビリバボー!!

【史上最大の獣害事件】三毛別羆事件 三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)とは、1915年(大正4年)12月9日 - 12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村(現:苫前町古丹別)三毛別(現:三渓)六線 ...

中つ森の山神様

もう三〇数年以上も前の、私が小学生だった頃のこと。 2011/01/13 02:51 祖父の家に遊びに行った時の出来事だった。 寒くて凍てつきそうなこの季節になると、昨日の事の様に記憶が鮮明に蘇る。 ...

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.