ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖いお話.net【厳選まとめ】

短編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

ビデオの中の友人(6)【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link

B著です。ホラーテラー『ビデオの中の友人』の後書きです。

投稿者「B ◆06fMZ3gA」 2014/07/12

まぁ、後書きというより、その後。
Tが書いた代償編から1年9ヶ月経過している現状です。
オレはTが書き残したものを何度も読みました。
長年付き合いのあるオレですが、ビデオの中の友人シリーズを読み、M美たんの出現以降、やっとTの異常性の原因みたいなモノが分かった気がします。

Tについて

T母から聞いた話です。
盆休み明けから元気ではあるが体調を崩していたようで、検査入院を行ったが異常無しとの事で仕事をしていたようです。
しかし、10月某日、無断で出社しなかったため、昼休みに上司がTの部屋を訪れたそうですが、Tはスーツを来たまま玄関に倒れていたため、救急搬送されT職場近くの病院に入院しました。
ワイシャツの色が前日と異なっていた事から、朝倒れたのではないかとの事です。
様々な精密検査をしたようですが、原因不明のままTは眠り続けました。
眠っている間に地元へ転院しました。
その間職場は休職扱いにしていたそうですが、もうすぐ1年という所でTが目を覚まし、記憶を失っている事が分かったため、T父の判断で退職としたそうです。
転院後は、目を覚ます前からCとM美たんが毎日のように見舞いに来ていたそうで、M美母とも何度かお会いしたと言っていました。
目を覚ましてから一番大変だったのは、目を覚ました直後のほぼ記憶のない幼児のようなTに、M美たんやC、若い看護師、他数名の女性が入れ替わり立ち代わり「自分が恋人で結婚の約束をしている」
と吹込み、Tが酷く混乱していた事だそうです。
息子に好意を寄せてくれるのはありがたいが、嘘は良くないと言っていました。
Tの入院費の足しにと皆でお金を持っていった時に聞いたことです。
Tは数千万円の貯金と株を持ち、他にも様々な保険に受取人母名義で入っていたようで、Tの財産だけで何とでもなると言っていました。

ここからオレの情報

オレも見舞いに行ったら、CとM美たん二人で眠ったままのTの体拭いてて……うらやましいったら無い!
M美たんは元々実家の薬局努めなので昼間も気軽に行っていたそうですが、Cはモデルを辞めてからデザイン会社に勤めているため、夕方以降に行っていたそうです。
Tが目を覚ましてからも、食事から何から全てリハビリが必要らしく寝てる時より大変そうでしたが、オレが行くといつもM美たんかCが(たまにT母も)付き添ってました。
昔の写真や思い出話しをすると、徐々に記憶が戻り現在は実家に帰っています。
(Tが実家に戻り、代わりにデスクトップPCのセッティングをした時に発見したのが復讐編と代償編です)
実家に帰った頃、記憶が完全じゃないのに、M美たんをはじめA、オレ、C、D(コイツは端から戦力外)、F、全員学力で負けました。
今現在、特に前職関係の記憶はほぼ戻っているようで、2015年4月から某大企業の開発部へ就職が決まっています。
知人に聞いた所、Tは某業界ではソコソコ名前が知れるほど優秀だったようです。
ブランク有りで中途の癖に一番の高給取りと言うのが許せません。
Tが地元に戻った事で、また幼馴染連中との交流が活発化しているので、アイツはオレ達にとって重要な人物であると思っています。

病院へ見舞いに行った時M美たんの連れ出しに成功し、唯一二人きりになれた時の内容です。

Tが贔屓にしてる喫茶店があると誘いだしました。
豆のブレンドから焙煎まで店主がやっています。
Tは店主と仲良くなり、Tオリジナルブレンド&好みに焙煎した豆をホットとアイス用2タイプ作らせています。
Tの友人だと言うと、Tがよく座るという窓際の個室のようなソファー席に通されました。
M美たんはT用ホット、オレは普通のアイスを頼み、Tが持ち歩いていた異常に速いネットブックを開きながら話をしました。
Tのネットブックは、キャンプの時A車に忘れていった物です。
キャンプの後忘れ物に気づき電話すると、『次戻るまで使ってて。暇つぶしに作ったけどバカみたいに速いよ。膝に載せると火傷する』と貸してくれた物です。
一見富士通ですが、中身はSSD、i7EX、聞いたこと無いマザボ、OS上メモリ16GB、セル密度が通常の倍とかいうバッテリーが装着されてるオリジナルです。
ネットからT家についてM美たんに情報を提供します。
T家の家紋と苗字は、ネットでも簡単にルーツが分かる家系です。
詳しく書くと容易に特定されるので、ザックリ書きますが、1000年以上前に皇族から一般人になった家系です。
M美たんがT母も威厳のある守護霊を連れていると言うので、昔Tが言っていたT母の旧姓を検索したら、これも皇族縁のある家でした。
学生の頃、Tとドライブ中に、母方の実家の近くだからお土産置いてくると言うので門前まで行ったことがありますが、かなりの立地の場所なのに、家の奥に蔵が並んでいたのを覚えています。

「蔵あるね」と言うと、古い商家だからと言っていました。
T母は気さくで優しい方ですが、どこかお嬢様の匂いがする理由が分かりました。
有名な武将や神様が積極的にTを守るのは、血統の影響も強いのではないかと。

次に、隠しフォルダを開き、PASSにTの名前を入力し、M美たんに『ビデオの中の友人1~3作』を見せると、Tの現状に納得したらしく、語ってくれました。
Tのお祖母さん?からの情報も含めると、Eを殺し、T含めTの守護霊までこんな状態にしたモノは、おそらく日本人が神を崇拝する以前のモノだそうです。
人に創造されたモノでは無いため、無へ返す力が強かったが、多勢に無勢でそのモノを滅したようで、その際にTの原動力でもある守護霊が力を使いすぎたのではないかとのこと。
Tは本当にEの復讐を果たしていたらしい。
復讐編で、Tが寝ている時、顔に違和感と書いてある件を聞いたら、赤面しながらキスしまくってたと白状しました。
本当にキスだけだったのかは聞けませんでした。
オレの守護霊はアル中の農民ぽいそうです。居ても居なくても一緒で、ほぼ守れて無いのではないかと言っていました。
Aの守護霊はハムスターらしいです。特徴を聞くと、オレが幼稚園の頃にAが飼ってたハムスターです。
Tすら知らないハムスターをM美たんが知っているはずがありません。
これを聞いてオレもM美たんの守護霊の話を信じようと思いました。

TとCについて

TはオレがCの事を好きと言ったので気を使ってくれますが、それを言ったのは小学生の頃です。
Tは中学生の頃と思い違いをしています。
確かにCは昔から明るく、楽しく、優しく、可愛い。
しかし、皆思っている事ですが、Cを見ていると付け入る隙がないというか、Cの相手はT以外ありえないと思っています。
昔Tが「知り合いがCに告白する前に必ずオレに許可を取りに来る。何なんだ?」
とボヤいていたことから、誰の目にもオレ達と同じように見えていたのでしょう。
特にTが『茶番』と書いてるライブの時は、男のオレでも惚れてしまいそうになる程ドラマチックでした。
Tが歌いながら(マイク無しのアカペラで超上手い)近づいていくと、距離が縮まると共にCの怯えた表情が和らぎ、手にキスをした瞬間Cの顔から自信が溢れ出るように変化したのを、客側からもハッキリ見えました。
アラジンの曲が終わる頃には、客で来ていた女性もほぼ全員泣いていました。
それを見て改めてTには勝てない。TとCの間には入れないと実感しました。
Tが中学生の頃、みかんや枝豆の皮をC+他数名の女子に剥かせていた事があります。
最初は女子にやらせているのかと思ったら、Tが少し食べて「美味しいけど皮剥くの面倒だからいらない」
と言い、女子が自主的にやっていたそうで、普通なら愛情表現と受け取る行動も、Tが言う「女性は優しい」
に含まれ愛情表現と捉えないのだと思います。
そのためTは本気でCを特段仲の良い『友達』としか見ていないのが残念ですが。

Tの記憶が完全に戻らないうちにと、秘密裏にT家とC家で縁談を進めています。式の招待状が届きました。
Cに招待状が届いた事を告げると、「やったった!(やってやった!)」
とガッツポーズをしました。黒幕はCです。
話を聞くと、テント内の会話をスマホで録音していたらしく、「35才過ぎてもダメだったら。お前が嫌じゃなければオレが貰ってやる」
の「オレが貰ってやる」
だけを抜粋し、親に聞かせたそうです。
CとTはまだ35才に達していません。約束とだいぶ違います。
まだ35才じゃ無いじゃんと言うと、「待っても結果は一緒でしょ!運命なの!」
と浮かれています。
結婚という人生の節目に、T本人の気持ちが置いてけぼりを喰らっています。
まったく女は怖いです。
当のTは招待者を決定する時に聞かされたらしく、すっかり騙され、「記憶に無いが、倒れる前に約束していたようなのでけじめを付けないと…Cに恥をかかせる訳にはいかない」

とエンゲージリングを買いに行きました。
招待状が届いた週末、運転手代わりに付いて行きましたが、何かあった時に生活費になるようにと、店頭価格400万円分の指輪を300万円で購入してます。律儀なヤツです。
Tは指輪に付く10個分くらいのダイヤのカットや重さ、色合い、透明度、内部の傷無しなど細かく指定していました。

オレはリング代と石代が別という事を初めて知り、リング形状を決めた後、石のカットや付ける位置に合わせ台座の形状や高さも変更できる事に驚きました。
店から帰ってからは、Cにとって一生の思い出になるようにと、渡す時のシチュエーションやプロポーズの言葉を何十通りも考え悩んでいる姿を見て、改めて良い奴だなっと思いましたが、『Cを好きだ』と自己暗示を掛けているようにも見えます。
そもそも結婚式の招待状を出してからプロポーズというのもおかしな話です。
マリッジリングはCとT二人で選びに行き、RUGI○DAというメーカーのプラチナリングが一番指馴染みが良いと購入済です。
指輪内側にブルーダイヤが埋め込んであったため理由を聞くと、サムシングブルーという、花嫁の幸運を願うまじないとして入れたそうです。
Cのリングは外側にも小さめのダイヤが幾つか在り、真中にピンクダイヤが付いていて可愛いデザインでした。
元々のデザインで付いてる透明なダイヤを、『Fancy Vivid Purplish Pink』と鑑定書に書かれた、色も濃く非常に綺麗なピンクダイヤを持ち込んで付けてもらったそうです。
マリッジリングの形状とサイズを決めた後、T1人で来店し、かなり無理を言って持ち込みのピンクダイヤへ変更してもらったそうで、Cへのサプライズだそうです。
石言葉と華やかな見た目がCに似合うと、ピンクダイヤはエンゲージリングを買いに行った時に注文していたそうです。
オレは気づきませんでした。石言葉なんてあるんですね。
Tは大した物じゃないと言っていましたが、詳しく聞くとピンクダイヤは、もっと大きかった物の一番綺麗な部分だけを更に削りだして貰った物らしく、その一粒でオレのボーナス以上と知り更に驚きました。
Cの気持ちに一所懸命答えようとするTに、S○Xしたのか聞いてみたら、「

え!Cと?考えたことも無かった。有り得ないだろ。いい女なのは間違いないけど無理だなぁ。
結婚を約束する位だし好きなんだろうなぁたぶん。でも違うんだよなぁ。兄妹に近いというか…何とかしないとなぁ」と頭を抱えました。

ここまでしておいて「好きなんだろうなぁ『たぶん』」です。暫くこのネタで遊べそうです。((´∀`))ケラケラ
異性として欲していないのに、何故こんなに(合わせてオレの年収以上です)金を使ったのか聞いたら、
「普段は割り勘だけど、プレゼントくらい喜んでもらいたい。Cの笑顔は場の空気を明るくするから好き。
金は使わなければ入ってこない。貯めていてもただの紙切れ。在り過ぎて困ることはあっても、無くて困ることはあまりない。
生活できる最低限あればそれでいい」
らしいです。

どうやらCの気持ちに答えようとしていたのではなく、純粋に仲良しのCを喜ばせるためのコーディネートとして選んでいたらしく、Cの顔より目立つようなケバい物では無く、ワンポイントでCの全体像を引き締めより良く見せるために作ったと言っていました。
金の事について納得がいかなかったので、少し突っ込んで聞いてみました。
Tによると、人間関係さえ大切にしていれば金が無くても助け合い何とかなるし、腹が満たされれば心が貧しくなる事もないが、金が在り過ぎると金目当ての悪い人が集まったり、友情が友情じゃ無くなったり、大切な者を失うリスクが増えるだけだそうです。
お前ら(幼馴染)にリスクが振りかかるなら要らない。足りないくらいが丁度いいと笑っていました。
(Tは黒柳徹子に影響を受け、株の配当金全額と給料の1%を貧困国の食糧支援団体に送金してるとCが言ってた)
写真を見てもEの記憶が戻らず、「誰だっけ?分からないけど大切な人」
とか昔話をしていても、「ABCDFの他にも誰か居たよね。凄く大切な人…」
と苦しんでるTの気持ちを思うと、我慢できずトイレに行って泣きました。(´;ω;`)ウッ…

M美たんについて

M美たんはTに関わる事はよく喋ります。
Tが実家に帰ってからは、T家にいるのをよく見ます。
(Tは自分が居る間鍵をかけないので勝手に入る。友達を締め出したく無いと言ってた)
警戒心が強く人見知りのTの猫がM美たんを無視しているので、かなりの回数来ている事が伺えます。
いつもベッドで寝てるTを愛しそうに眺めてます。(Tは大抵寝ています。たまに起きてリハビリや勉強をします)
一日の2/3は寝てるTの所に何故頻繁に来るのか聞いたところ、起きると「M美ちゃんおはよう」
って頭を撫でるんだそうです。
代わりに撫でてあげようとしたら「イヤッ!」
って拒否られました(´゚д゚`)エー
Cに教えて貰った事ですが、腕でも胸元でもどこでも良いので直接手を載せるだけで、死んだように眠るTの表情が和らぐ事を教えておきました。
(寝てるTは誰でも良いようで、オレでも可でした)

M美たんは中学3年生の4月、Tと目が合った瞬間からずっと憧れていたそうで、一度Tに声を掛けられた際に守護霊が気になり、無視した事をずっと悔やんでいたそうです。
1年間ストーカーのようにTを目で追っていたらしいです。
Tが助けたいじめられっ子が、Tと触れ合うごとにどんどん自信をつけ、最終的にいじめっ子とも仲良く遊べるようになったのを見て、M美たんも助けて欲しいと思っていたそうです。

TとEについて

1作でTはEを漫画に出る完璧人間と例えています。オレもそう思います。
昔からTはEに憧れ、仲間に引き込んだAを本当の兄のように慕っています。
ただ、当のEは昔からTの事を『人外』や『チート』と例え、こんな面白いヤツ世界に2人と居ないと言っていました。
また、EはTの人並み外れた能力に怯え、先輩としての威厳を保つため、それこそ人並み外れた努力をしていました。
Tに結果しか見せない事で憧れられる事に快感を覚えていました。

DとFについて

あの二人はキャンプ以降よりを戻し今年4月(2014年)に結婚しました。
金銭的な理由から式はオレたちの手作りで行いました。
出産予定もあるので、Dの現職が長く続く事を祈っています。
TがFの事を姉御肌でちょっと怖いと言っていたと伝えた所、昔から生き急いでいるようで心配だったんだそうです。

Aについて

Aは相変わらず派遣社員です。
リーマン・ショックの1年前にもTから、「これから世界経済で大変な事が起こる。今のうちに体力のある会社を探して正社員になれ」
と言われていたらしく、その時は何言ってんだ?程度に聞いていたそうです。
Tが一所懸命、「自分に合う会社を探すより、まず自分を会社に合わせ、職への理解を深めてから少しずつ周りを自分に合わせろ。
Aならやれる!」

と説得していたそうです。
現在は、Tの言うことを聞いていれば良かったと後悔しているらしい。
正に後悔先に立たずを地で行っています。

オレ(B)について

Tはオレのことを強いと書いていますが、Tに瞬殺された経験があります。
若いころに誰もが経験していると思いますが、可愛い子に意地悪をする行為で、オレは中学3年生のCにいたずらをして泣かせてしまいました。
そばに居たTがCの悲鳴を聞いた瞬間キレて殴りかかって来たため、体勢を整えガードしましたが、1発目のボディブローで足が浮き数十センチ飛んだのを覚えてます。
ガードした腕(上腕骨)にヒビが入った事から、ガードしていなければアバラが激しく折れていたと思うと((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルです。
Tは誰かの為にしか怒らないので、怒る姿を見たのはこの一度だけですが、今思い出しても鳥肌が立つほど怖かったです。
続けざまに2発目の顔への拳もガードしましたが、そこで意識が無くなりました。たぶん脳震盪を起こしたのだと思います。
こちらも洒落にならない程の腫れと両腕の尺骨にヒビが入っていました。
少林寺や空手をやっていましたが、試合や師範との稽古でもこんな経験ありません。
一応全国大会に出るくらいの実力は有りましたが、上には上というか、絶対に勝てない相手がいると思い知り辞めました。
昔話はさて置き、現在はTが入院していた病院の看護師さんとお付き合い中です。
やはりTが居るだけで女性関係が潤います。
彼女がいるのにM美たんにも夢中です。
「マジ止めろって!キモいんだよ!」
と言われる事もありますが、隠れてエロゲやっています。(魔女宅風♪)

投稿が遅れたため追記(;^ω^)

TとCの結婚式に行ってきました。
和装で、TはT家に受け継がれているという古い紋付きを着ていましたが、着慣れているのか、バスタオルをガンガン巻いて数分で着付けをし、ビシッと着た後も自然な感じで挨拶まわりをしていました。
顔がもう少し大きければ似合うのにとぼやいてました。
Cは「白無垢と色打ち掛けと礼服と他所行き春夏秋冬分を、T母が『気持ちよ』って仕立ててくれたの!自分で着れないけど!」

と喜んでいましたが、Tに「今後の課題は着付け。あと花、茶、日本舞踊くらいやって、和服の作法と立ち振舞を学べ」
と駄目出しされていました。
(T家側親族の女性は皆和装でしたが、全員自分で着ていたらしいです)
どうりで、会場でCが一番綺麗に見えるデザインだと納得しました。Cの顔を引き立てる色とデザインだったんですね。
あまりの美しさに惚れ直しました。
Tも「白無垢姿のCにドキッとした。Cにドキドキさせられる事がムカつく」
と笑っていました。
T父母は「やっと娘ができた」
「Cちゃん可愛い」
と大喜び。
C父母は「Cが小学生の頃から嫁ぎ先はT君と決めていた。やっとこの日が…」
と父が終始号泣。
神前では緊張してガクブルのCを堂々とリードしているTの紳士っぷりにちょっと惚れそうでした。
付け焼き刃ですが、ビデオを見直し立ち振舞の勉強をさせてもらいます。
老舗料亭で披露宴でしたが、新郎挨拶から普段のTに戻りニコニコと笑顔が絶えない非常に良い宴でした。
16でバイクの免許を取ってから「何か起こった時に動けないと後悔する」
と、宴会や打ち上げでも酒を口にしないTですが、この日だけは酒豪っぷりを発揮していました。
全員からお酌をされてましたが、升に注がれた日本酒を一気していたので、大丈夫か尋ねると、「祝い酒は注いでくれた人の気持だから飲み干す。皆が笑ってくれるなら何でもする」と楽しそうでした。

Cは慣れない和服が苦しく、カツラも重いため下を向けないと食事や飲み物に手を付けていませんでしたが、新婦の水分補給用に用意されていたフルーツを食べさせてもらっていました。
TがCの顔を見て一瞬照れた後、数種あるフルーツからコレっと選び、Cは毎回「当たり」
と口に運んでもらっていました。
見せつけやがってとの思いもあり、本当に食べたい時に食べたい物を選んでるのか聞いた所、Tは昔からピンポイントで食べたい物を当てるとCが言っていました。
TもCの食べたい物は離れていても何となく分かると言っていました。
これに関しては運命の赤い糸を信じずにはいられません。

M美たんもTの世話をしていたので披露宴に呼ばれましたが、「Cちゃん綺麗!T君素敵!」
とテンションUPした後、やけ酒に近い状態です。
彼女は今後どういうアプローチを展開するのでしょうか?

新婚旅行はハワイで両親と別れ、ドイツでレンタカーを借り、トルコ、ギリシャ、イタリア、スペインに行くらしいです。
宿はどうしても泊まりたいホテルだけ予約し、後は行き当たりばったりなので、最悪車中泊だそうです。恐らくTの好み。
無茶苦茶ハードそうですが楽しそうです。

新婚旅行から帰ってきたTとCが、お土産を持ってきた時のことです。
宝石の力というものに感心しました。
マリッジリングを付けたCは以前より存在感が有るというか、輝いて見えます。
Cが浮かれているだけなのか、本当に指輪に付けたダイヤの所為なのか確かめたくて脱着をお願いしましたが、外した状態と付けた後での存在感が違います。
ピンクダイヤは付けた人をより優しく輝かせるんですね。
Tは権力を見せつける物じゃなく、付けた人の魅力を最大限に引き出すためのツールだから、光具合(カットや爪で決まるらしい)とサイズや色、リングの色と形状も全て付ける人に合わせないと、指輪が下品に輝いて人が貧相に見えると言っていますが、全くその通りだと思いました。
特に最近は店員が商売根性だけでセンスが無く、木を見て森を見ずのタイプが多いから、女性と店員が話しながら決めると、自分より目立つ指輪を「かわいい~~」
って選んで陥るパターンだそうです。

浮かれるCは「良いでしょ」と指輪を見せてきますが、Tが「Cがもっといい女になるようおまじないをかけた」と言った瞬間、真赤になり大人しくなりました。
増々仲が良くなったというか、熱々というか、Tはいつも通りだが、Cが常に触れていようとしたり、たまに凄く色っぽい素振りをするようになった。
まぁ、初恋の人を思い続けて20年強、やっと手に入れた喜びなんだろう。
旅行の写真を見ながら惚気にも聞こえる土産話を聞いていると、Tが気になる事を言った。
「オレの硬貨だけ腐食が早い」

「新婚旅行で疲れたのか、たまに赤い靄みたいなのが視界の端に入る」

Cは「飛行機の気圧の所為かな?一応眼科と神経系の検査を受けてね」っと言っていましたが、オレは赤い靄にピンときました。
ビデオの中の友人シリーズを読んでくれている方も気づいたと思います。
Eが見ていた物です。
声?のようなものは聞こえていないようです。
オレはこれ以上親友を失いたくないです。
SDカードのEは沈黙しています。
CにTの生家近くの神社を聞き、出来るだけ多く参拝したいと思います。
M美たんにも相談しようと思います。
あとは、Cにビデオの中の友人を見せるか否か。
Tは隠そうとしていたみたいだけど、他人じゃ無くなったので見る権利があると思います。
でも倒れる前のTの意思も尊重したい。
それでもAやD、Fにも相談したい。
どうしたら最善なのかは分かりません。
今は祈る事しか出来ないのが現状です。
たぶん今Tと死別したらCは壊れます。
本当に神が居るなら、何度も何度も涙を流し、振り向いて欲しい一心でモデルも含め人生の全てを捧げ、やっと手に入れたCからTを奪うような事は無いと願います。

数日前の事なのでこれからTがどうなるのか分かりませんが、一先ず投稿はここまでとさせて頂きます。
今のTはビデオの中の友人シリーズの存在を知らないので、代わりに挨拶をさせて頂きます。
シリーズの著者Tを応援して下さる皆様、代理投稿(勝手にだがw)オレ(B)を応援して下さる皆様、Cを応援して下さる皆様、見苦しい文章を最後まで見ていただき本当にありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2022 All Rights Reserved.