ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

「怪談」 一覧

七夕怪談

2020/07/07   -短編, 怪談

小学校のクラスメイトに慎一郎というのがいて、父親は地元の名士で、有名な産婦人科医でした。 外壁に蔦がはっているような、かなり古い二階建ての洋館を病院にしていて、近所の子供たちの間では、お化け屋敷などと ...

外国語指導助手ALTは見た!

2020/07/06   -短編, 怪談

  俺の通ってた高校には外国人のALT(外国語指導助手)がいた。 642 :2012/08/03(金) 18:07:40.63 ID:5S0tLFKR0 その人が前の学校で体験した話。 その ...

温泉で……

2020/07/05   -短編, 怪談

母と娘が旅行に行った。 35 : あなたのうしろに名無しさんが…… 2002/05/24 14:06 娘はもうすぐ嫁ぐ身、最後の母子水入らず。 ありきたりの温泉宿で特徴は海に面した…… それだけ。 部 ...

おくりぼっこ

2020/07/03   -短編, 怪談

今は昔。頃は夏。二度目の田舎への一人旅での事。 2005/07/13(水) 07:10:27 ID:f5HaGqoH0 弟がまた熱を出した。 本当はこの春も、母と弟と俺と三人で千葉の祖父ちゃんの所を訪 ...

後ろ向きのヒト

2020/06/30   -短編, 怪談

資格試験の為に図書館で勉強していて、閉館前午後七時半になったので帰宅することにした。 382 本当にあった怖い名無し 2008/10/18(土) 01:08:25 ID:TNiIq0E40 その最中に ...

赤いドラム缶

2020/06/30   -短編, 怪談

昔通ってた小学校の七不思議のひとつに、《ヤマカネスーパーの横の赤いドラム缶》っていうのがあった。 145 :本当にあった怖い名無し:2012/05/02(水) 02:13:13.47 ID:cR/+z ...

【厳選名作】山祭り【ゆっくり朗読】

【ゆっくり怪談】山祭り【厳選名作】 久しぶりに休みが取れた。たった二日だけど、携帯で探される事もたぶんないだろう。 ボーナスも出た事だし、母に何か旨いものでも食わせてやろう。 そう思って、京都・貴船の ...

祖父の葬式

2020/06/30   -短編, 怪談

自分が一番不思議だなって思う体験したのは、十二の時の祖父の葬式の後。 12 :本当にあった怖い名無し:2015/08/20(木) 23:53:12.99 ID:EcKJL+n30.net 火葬とか一通 ...

廊下の亡霊

俺の姉の友人、美津子の話。 468 :本当にあった怖い名無し:2006/04/26(水) 21:12:01 ID:65ntgzN+0 東京で一人暮らしを始めた美津子はマンションを借りた。 部屋も三つあ ...

ホテルのアンケート

2020/06/28   -短編, 怪談

私が某会員制リゾートホテルに勤めていた時 ある老夫婦に書いていただいたアンケート用紙の内容です。 表面は通常のよくある普通のアンケートの回答でした。 ホテルの従業員の対応や施設の使用感、ホテル内の清掃 ...

老人病院の夜勤

2020/06/27   -短編, 怪談
 

私の兄の話。 私の兄は神奈川県の某老人病院で看護士をしている。 その病院では、夜中に誰も乗ってないエレベーターが突然動き出したりなど、いかにも病院らしい芳ばしい話がよくあるとの事。 その兄が今迄で一番 ...

赤ちゃんマンといっしょ

2020/06/26   -短編, 怪談

俺の息子;タケ。今はもう成人してるんだけど、今年の正月に帰省してきた時に珍しく一緒に酒を飲んで、その時に聞いた話。 735 :本当にあった怖い名無し:2016/01/24(日) 02:44:39.15 ...

稲生物怪録(いのうぶっかいろく)

2020/06/25   -短編, 怪談

稲生物怪録とは   江戸時代中期の寛延2年(西暦1749年)に、備後三次藩(現在の広島県三次市)藩士の稲生武太夫(幼名・平太郎)が体験したという、妖怪にまつわる怪異をとりまとめた物語。 著者 ...

鼠の天麩羅

2020/06/24   -短編, 怪談

ねずみの天ぷら 元号がいくつか前の時代のお話。 木樵と炭焼きと猟師を兼業で生活している老人とその弟子の少年が、二人で細々と暮らしていた。 ほんの童子の頃から手伝いを続けていた少年も、もう一人前と認めら ...

飛頭蛮(ひとうばん)【ゆっくり朗読】

2020/06/23   -短編, 怪談

【ゆっくり怪談】飛頭蛮(ひとうばん) 中学生の時の体験。 私の部屋と父の部屋はフスマで仕切られている。 私はいつものように、いつもの時間に寝た。 深夜、ふと目が覚めた。フスマから漏れる光がまぶしかった ...

あの夏の無人駅で【ゆっくり朗読】

2020/06/22   -短編, 怪談

【ゆっくり怪談】あの夏の無人駅で 高校三年の夏、仲の良かった友人と意味もなく自転車で100kmほど離れた海まで、旅行と称して出かけた時のこと。 114 本当にあった怖い名無し 2005/08/30(火 ...

牛の首の怪談【ゆっくり朗読】

【ゆっくり怪談】『牛の首』の怪談(東北地方)【集落にまつわる不思議な話・怖い話】 牛の首の怪談とは、この世の中で一番怖く、また有名な怪談である。 19 名前:π 投稿日:02/05/21 12:03 ...

607号室の女

2020/06/21   -短編, 怪談

以前、地元警察署にお世話になってしまったことがありまして…… 「貴方はお酒を飲み過ぎて酷く酔っ払っていた。最後に飲食店から出たのは深夜四時過ぎ。 その後近くのコンビニに立ち寄り、自宅マンションに着いた ...

手招く少女

2020/06/20   -短編, 怪談

ある夏の日の出来事。 612: 本当にあった怖い名無し:02/01/15(火) 01:34 後輩の清助は友人の翔太・喜美男・喜美男の彼女の洋子・洋子の友人の真由美の五人でドライブをしていた。 洋子の運 ...

ヒダル神【ゆっくり朗読】

【ゆっくり怪談】ヒダル神 昔、ゲゲゲの鬼太郎の実写版みたいので見た…… 山を歩いてるとき急に腹が減って、動けなくなることがあって、妖怪の仕業なんだけど、何か少し食べるとすぐ治るのね。 目に見えない餓鬼 ...

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.