短編 意味がわかると怖い話

【意味がわかると怖い話】地域応援限定サービス【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link

これまでの私の日々は、特別な楽しみに乏しいものだった。

しかし今日は、何かが違った。街を歩いていると、偶然目にした中華料理店に引き寄せられるように入ってみた。

店内に足を踏み入れると、元気なおばちゃんが迎えてくれ、特別なサービスがあることを教えてくれた。

「地域応援の限定サービスがあるのよ」とおばちゃん。

この店から徒歩20分以内に住んでいる一人暮らしのお客さんには、普段の半額以下で食事ができるという。こんな素敵なチャンスを逃す手はない。

私は全て正直におばちゃんに伝え、身分証明書で住所を確認してもらった。そして、中華丼と餃子を注文した。

しばらくして、私の注文した料理が運ばれてきた。

それだけでなく、春巻きと鳥の唐揚げまでついてきた。

驚く私に、おばちゃんは優しく微笑みながら

「サービスよ、他に客もいないし、ゆっくり食べていってね」と言ってくれた。

料理はどれも絶品で、私はあっという間に食べ終えてしまった。

食後、長居は無用だと思い、席を立とうとしたその時、おばちゃんが慌てた様子で

「あら、もう食べちゃったの?ちょっと待っててね、お土産を作るから」と言い、私にお酒を勧めてくれた。

私はおばちゃんと一緒にお酒を飲みながら、自分の愚痴や悩みを打ち明けた。

涙を流しながら、私は時を忘れて話し込んだ。

気が付けば、店の閉店時間はとうに過ぎていた。

厨房には誰もおらず、お土産はすでに用意されていたようだった。

申し訳なさを感じながら、私は破格の会計を済ませ、おばちゃんに感謝の言葉を述べた。

その時、おばちゃんは「実は今日で店仕舞いなの。最後にこんな嬉しいことがあってありがとう」と言ってくれた。

今日は本当に楽しい一日だった。

そう感じていた私だった。

家に帰り、鍵のかかっていない玄関のドアを開けるまでは……


解説

この物語の恐ろしさは、表面上の温かい接客と裏で行われる犯罪の計画にあります。

おばちゃんは身分証明書を確認し、住所を把握することで、客が家を空けている間に空き巣に入る計画を立てたのです。

店内での長居は、単なる時間稼ぎであり、厨房に誰もいないのは、店員が空き巣に入っているためです。

「店仕舞い」という言葉は、店が閉店することを意味すると同時に、犯罪計画の完結を暗示しています。

客が翌日店に怒鳴り込みに行っても、すでに店は閉店しており、証拠を残さない完璧な犯罪を遂行したのです。

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 意味がわかると怖い話

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2024 All Rights Reserved.