ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談 ヒトコワ・ほんとに怖いのは人間

丑の刻参り

更新日:

Sponsord Link

この廃寺は丑の刻参りの現場としても人に噂されていました。

54 名前:濃い味@天然カテキン400mg :04/08/27 02:48 ID:2Jr+nUsO

丑の刻参りとは、恨みを持つ相手のつめ・髪などからだの一部をわらの人形に織り込み、

それをご神木に五寸釘で 打ち付けることで相手に災いをもたらす呪の方法です。

ただし、人を呪わば穴二つ、万が一 呪をかけているところを誰かに見られれば、呪返しといって、

相手にかけようとしていた呪いが自分に跳ね返ってくるのです。

だからこそ他人の目に触れない深夜にこの儀式は行われるわけですが、もし誰かに見られれば、

「見られなかったことにする」

…つまり見た者を殺すことでしか呪者は呪返しから逃れることができません

私の母は子供のとき、この廃寺で丑の刻参りにまつわる恐ろしい体験をしました。

その日母は、友達と少し離れた町での夏祭りに行きました。

祭りが終わった後も母と友達は

花火などをしてすごし、自転車をこいで村へ帰る頃には日付も変わっておりました。

真っ暗な林道を友達と一緒に黙々と進んでいた時です。

廃寺へ続く分かれ道に差し掛かったとき、友達が「何か音がする」といって立ち止まりました。

耳を澄ませると、かすかではありますが、カコン・・・カコン・・・、と、奇妙な音が聞こえてきます。

なにぶん怖いもの知らずの娘時分のこと、祭り後の覚めやらぬ興奮にまかせ、

母と友人は肝試しでもするつもりで音に導かれるままに分かれ道を廃寺の方へ向かって登って行ってしまったのです。

奇妙な音は寺の境内から聞こえてきました。

二十分ほどかけてようやく頂上に辿り着いた二人は石階段の影に身を隠してそっと境内をのぞき見ました。

すると、寺の前のひときわ古い大木に、白装束の女が何かを打ち付けています。

女が木づちを振るうたびに、

カコン・・・カコン・・・と、あの奇妙な音が真っ暗な山の中に響いているのです。

「(丑の刻参りだ!)」

二人はすぐさま自分たちが見てしまったものが何かを悟り、わき目も振らず引き返そうとしました。

しかし、そのとき母の下駄が砂砂利を踏む音を立ててしまいました。

女がその音に気づき、こちらを恐ろしい形相でにらみつけました。

母と女の目が合いました。

母も友達も、射すくめられたように身動きが取れませんでした。

「お前たち・・・見たのか!!」

女が低い声で怒鳴り、こちらへ向き直ってまっすぐ歩き始めたとき、

母は初めて悲鳴を上げて友達の振袖をつかむと一目散に石階段を駆け下り始めました。

女が追ってきているかは分かりません。

ただ無我夢中で階段をかけ続けました。

ようやく階段が終わりもとの分かれ道に辿り着き、そのまま村の方へ一目散に駆け出したときです。

「この自転車、きみたちのかい?」

後ろから男の声がしました。

振り返ると、村のただ一人の駐在がいました。

警邏中に林道の分かれ道でほったらかしにされていた自転車を見つけていぶかしんでいたところだそうです。

母と友達は駐在にしがみつくと

「おばけ、おばけ」

と泣き喚いたそうです。

駐在は笑いながら村までついてきてくれました。

すっかり遅くなって帰ったことで母は祖父母にこっぴどく怒られましたが、母自身はそれどころではなく、

そのまま布団にもぐりこむと恐怖のため翌三日間熱にうなされ続けたそうです。

今から五年ほど前に、この古木は、枯れて枝が落ちてくる危険があるために切り倒されました。

その幹を調べたところ、丑の刻参りに使われたと思しき五寸釘が百本以上出てきたそうです。

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談, ヒトコワ・ほんとに怖いのは人間

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.