ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 都市伝説

エレベーターで出会った男

更新日:

松本君から聞いた話

松本君は当時マンションに住んでいました。

十三階建てのマンションで、松本君は九階に住んでいたそうです。

蒸し暑い土曜の夜、酒でも飲もうと冷蔵庫を見ましたが、つまみがありません。

松本君はどうしてもつまみがほしくなり、近くのコンビにまで買いに行くことにしました。

いちいち着替えるのが面倒な松本君は、深夜だったのをいいことにパジャマで、出かけました。

自分の部屋を出て、エレベーターのボタンを押しました。

そのとき、エレベーターは、ひとつ上の十階で停止していました。

にもかかわらず、なかなかエレベーターが下りてきません。

これは誰か乗り込んでいるな……

松本君はそう思いました。

しばらく松本君は無人のエレベーターホールで、虫の声に耳を傾けていました。

松本君の想像は正しく、上から降りてきたエレベーターには、誰かが乗っていました。

おそらく、男だと見受けられましたが、詳しくは分からなかったそうです。

なぜなら、真っ黒のコートを着て、帽子を深くかぶって目も見えません。

明らかな不審人物に松本君は怖くなりましたが、止めた以上、乗らないわけにも行きません。

「こんばんわ」と挨拶をして、バツが悪そうに乗り込んだそうです。

その男は、挨拶をまったく無視でエレベーターの壁に腕組みをしてもたれ掛かっていました。

ドアの前にいた松本君と男は少し距離があったのですが、男は妙に息が荒くまるで、すぐ後ろにピッタリとくっついているような錯覚を覚えます。

松本君もこれ以上関わらないでおこうと、男と目を合わさないようにしました。

8…7…6…5…4…3…2……

背中に鋭い寒さを感じながらも、順番にエレベーターが下りていきます。

エレベーターの中は、恐ろしいくらい静かで、張り詰めた空気が流れていました。

一階に到着すると、男は走ってドアから出ようとしました。

そのとき、松本君に肩が思いきりぶつかりました。

「アっ!すいません」

松本君は言いました。

しかし、その男はこれも無視して、マンションから出て闇の中に消えていきました。

あまりに無礼な男の態度に、内心苛立ちながらも松本君は、さっさとコンビニへと向かいました。

暗い夜道を歩いて五分くらい行くと、いき付けのコンビニが見えてきました。

コンビニの光りをみるとさっきまでの緊張がほぐれたそうです。

手早くつまみをチョイスして、商品を店員に渡したとき、店員は松本君のほうを見て、ぎょっとしたそうです。

松本君は「どうかしましたか?」と聞きますが店員は目を逸らして「何でもありません」と言いました。

もやもやとした気持ちで、家に戻った松本君は玄関でとんでもない物を目にしました。

玄関を入ったところに鏡が掛かっているのですが、その鏡に自分の肩が映りました。

それも血がべったりと付いた真っ赤な肩が……

松本君は焦り急いでパジャマを脱ぎ、腕を見ましたがなんともありません。

そこで、男にぶつかられたことを思い出しました。

多分あの男の血だろう。店員もこれを見て驚いたのだ……

見たことのある人でないと分からないと思いますが、黒いコートに付着した血はほとんど見えません。

だから、松本君はエレベーター内で血のことは、まったく気がつきませんでした。

気分が悪くなった松本君は、その日せっかく買ったつまみを、冷蔵庫に入れて眠ってしまいました。

二日が過ぎ、リビングで松本君がくつろいでいるとインターホンが鳴りました。

松本君は覗き穴から相手を見ると、どうやら警官のようです。

松本君は風呂上りでパンツ一丁だったので、ドア越しに話しかけました。

「どうかしましたか?」

すると警官は話し出しました。

「二日前にこのマンションで殺人事件がありました。不審な人物を目撃されませんでしたか?」

松本君は震え上がりました。

一緒にエレベーターに乗り込んだあの男が殺したんだとすぐ分かりました。

しかし、松本君はこの頃多忙で、事情聴取などで時間を割かれたくありませんでした。

「いいえ、その日は家にいなかったので知りません」

そう聞いた警官は人懐っこそうに笑い一礼すると「ご協力ありがとうございます」

そう言うと、次の家に行ってしまいました。

松本君はこのとき生まれて二番目に驚いたと言っていました。

今更ながら足が震えたそうです。

もしかすると、殺されていたかもしれなかったのですから。

でも本当に怖かったのはそのあとでした。

さらに数日が経ったある日、何気なくテレビをつけると、ニュースでマンションでの殺人事件のことをやっていました。

そこでやっと本当にあったんだと、確信したそうです。

恐怖を感じた反面、あまりに非現実的すぎて信じ切れなかったようです。

アナウンサーがニュースを読み上げます。

どうやら犯人が捕まったというニュースのようです。

画面に犯人の顔写真が映りました。

松本君はこのとき、人生で一番驚いたといっていました。

なぜなら、その顔はあの尋ねてきた警官の顔だったそうです。

松本君はあのときドアを開けていたら、今ここにいないだろうと笑っていました。

これでまっちゃんの話は終わりです。

(了)

 

怪談社(壬の章) [ 伊計翼 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 都市伝説

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.