ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

中編 未解決事件

【未解決事件】群馬・荻原功明ちゃん誘拐殺人事件【映画64ロクヨンのモデル】

更新日:

Sponsord Link

功明ちゃん誘拐殺人事件は1987年(昭和62年)に発生した誘拐殺人事件。

戦後日本の身代金目的誘拐殺人では捜査機関が犯人を特定できなかった唯一の未解決事件である。

事件の経緯

1987年9月14日午後4時50分頃
群馬県高崎市築縄町の高崎中央消防署員の長男である幼稚園児の荻原功明(おぎわら・こうめい)ちゃん(当時5歳)が「近くの神社に遊びに行く」と言って出かけたまま行方不明になった。

午後6時40分
功明ちゃんの家に男の声で「子供を預かっている。2,000万円よこさなければ子供は殺す」と身代金要求電話があった。

両親は直ちに警察に通報。捜査班が家で逆探知の準備を整え、次の身代金要求電話に備えた。

午後7時47分
逆探知の準備後、2回目の脅迫電話あり。1回目同様2,000万円の身代金を要求する内容だった。

午後08時03分
3回目の電話。功明ちゃん自ら電話に出て、父親の問いかけに「元気。これから帰るよ。おまわりさんと一緒」と言った。

しかし2回目と3回目の脅迫電話は、いずれも通話時間が短かったために逆探知ができなかった。

2日後の9月16日午前7時50分
4回目の脅迫電話があった。
男の声で「今日夕方6時までに1,000万円用意しろ」と要求金額を下げてきた。

通話時間は27秒で逆探知はある程度可能な時間であったが、捜査班は逆探知体制を前日の15日に解除しており、犯人の居場所は特定できなかった。

当時の逆探知には回線制限が必要であり、長期間の逆探知シフトは出来なかった。

捜査班は犯人の要求通り身代金の用意を始めた。その矢先……

午後12時35分
功明ちゃんの遺体が家から数キロ離れた高崎市鼻高町の入の谷津橋下の寺沢川で発見された。

司法解剖の結果、死因は砂や水を飲み込んだことによる窒息死であった。

顎は骨折しており、胃の中はからっぽで食事を与えられた形跡はなかった。

首を絞められた跡や薬物を飲まされた形跡はなかったが、腹には殴った跡があった。

このことから、気絶させてから生きたまま橋の上から投げ落としたものと推定された。

死亡推定時刻は9月15日午前10時以前と見られ、4回目の脅迫電話は殺害してから身代金を要求する電話をかけていたことになる。

捜査班は、電話の声から中年男と推定、身代金の額の変更などが場当たり的であること、身代金受け渡し場所や方法を指定しなかったこと、翌日が敬老の日で金融機関が休みであることなどを考慮せず身代金を要求していることなどから、金銭目的ではなく荻原家に対する怨恨や、計画性が薄く社会性のない異常性格者による犯行として捜査にあたった。

また、功明ちゃんが「おまわりさんと一緒」と言ったことから当日に非番だった警察官も対象に捜査を行った。

しかし、懸命の捜査にもかかわらず犯人の行方は掴めなかった。

かろうじて逆探知で特定できたのは群馬県高崎市北西部地域で、該当回線は1万本以上ということだけだった。

2002年(平成14年)9月14日に公訴時効が成立した。

公訴時効成立直前の2002年9月13日、被害者の父親は事件当時と変わらぬ自宅で取材に応じ、「自首してほしい」と犯人に呼びかけ、残り1日にかける思いを語った。

時効が成立した2002年9月14日にも、インタビューに応じ「犯人はどこで何をしているのか。自分としては犯人を捜し続けるつもりでいる」とやりきれぬ思いを吐露した。

県警特捜本部は15年間で捜査員26万4千人を投入。聞き込みは2万2000世帯に上り、捜査対象は不審者など約4200人、車両も約4万2千台に及んだ。

大勢を任意で取り調べた際にはポリグラフにかけることまでしたため、「俺がやったんだよ。そういえばいいんだろ」と吐き捨てる無辜の民までいたという。

当時の県警捜査一課の指導官は後に「疑った人たちには本当に失礼なことをした。だが、人の命を虫けらのようにひねりつぶせる男を野放しにしておくわけにいかなかった」と述懐している。

犯人の肉声音声

「もしもし おぎわらか? 今日夕方 6時までに 1000万用意しとけ また電話かける」

(了)

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-中編, 未解決事件

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.