ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 都市伝説

サンチアゴ航空513便事件【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link


アメリカのタブロイド紙・ウィークリー・ワールド・ニューズは、1989年11月14日号の15ページにおいて、以下のような事件が発生したと報じた。

1989年10月12日、ブラジルのポルト・アレグレ空港に1機のロッキード・スーパーコンステレーションが、管制塔の許可を得ずに着陸した。機内を調べると、乗客乗員あわせて92名全員が白骨死体となっていた。

フライトレコーダーを調べてみると、同機は1954年9月4日、西ドイツのアーヘン空港からポルト・アレグレ空港に向かっている途中で行方不明になっていたサンチアゴ航空513便だと判明したと上記のマスコミが伝えた。

ムー1990年3月号、並びに2001年9月放送のTBS系列のバラエティ番組「USO!?ジャパン」においても紹介された。これらのマスコミは、バミューダトライアングルに消えた航空機が帰ってくる「逆バミューダ・トライアングル現象」と報道した。

事件概要

1989年10月12日、ブラジルのポルト・アレグレ空港に突然現れた一機の旅客機が、管制塔の指示を無視して強行着陸したことからはじまる。

一機の未確認機が、刻々とアレグレ空港に向かって飛来しているのがレーダーに映し出されると空港の管制室はパニックに陥った。

未確認航空機に管制官が必死に交信を試み何度も呼びかけを行ったがまったく応答がない。

やがて未確認機は勝手に滑走路コースへ侵入、ついに着陸。

緊急着陸の可能性もあるため、空港関係者がすぐさまこの旅客機乗員の救助と調査を開始。

機内に進入した隊員たちがそこで見たものは……

乗客乗員乗客92名全員が、既に完全に白骨化した遺体となっていたのである。
さらに驚くべきことは、パイロットまでもが骸骨となり、生存者は誰一人として発見されなかった。

フライト・レコーダーを調べてみると、更に驚くべき事実が判明する。

この旅客機は、35年前の1954年9月4日の早朝、ポルト・アレグレ空港へ向けて旧西ドイツのアーヘン国際空港を飛び立ったサンチアゴ航空の513便だった。

航路の途中大西洋上のいずれかで忽然と消失した失踪機だったのだ!

事件の顛末

この怪事件については、米国のタブロイド紙『ウィークリー・ワールド・ニュース』が、1989年11月14日号で15ページをさいて、「逆バミューダ・トライアングル現象」の一例として掲載して有名になった。また上記の事件のあらましも、『ウィークリー・ワールド・ニュース』紙がソースである。

ウィークリー・ワールド・ニューズは、記事中においてサンチアゴ航空(Santiago Airlines)は1956年に廃業したと述べているが、サンチアゴ航空という航空会社はICAOの記録に存在しない。従って、サンチアゴ航空が運行していたとされるアーヘン空港からポルト・アレグレ空港への直行便も実在しない。

ドイツにはアーヘン空港はないが、アーヘンの名を冠したアーヘン・メルツブリュック飛行場(ドイツ語版)という小規模な飛行場が存在する。

この飛行場には、定期旅客便は存在せず、ブラジルへの長距離国際便も当然存在しない。
このため、隣国のオランダにある、アーヘンの名を冠した「マーストリヒト・アーヘン空港」と混同して報じた可能性が存在するが、これだとオランダから出発したことになるため記事に矛盾が生じる。

また、ブラジルのポルト・アレグレにもポルト・アレグレ空港という空港は存在せず、ポルト・アレグレにあるのはサルガド・フィーリョ国際空港である。

アメリカのNPO法人『Flight Safety Foundation』の提供するウェブサイト、Aviation Safety Network の航空事故一覧には、1954年9月4日、ならびに1989年10月12日に該当する事故が発生したという記録は存在しない。

ウィークリー・ワールド・ニューズは、1992年5月26日号において、リオ・デ・ジャネイロ発ハバナ行のDC-3348便が1939年4月16日に行方不明になり、53年後の1992年に36名の白骨化した乗客を載せてコロンビアのボゴタの空港に着陸したという同様の事件を報じている。

更に1994年7月5日号にも、着陸日時が違うだけの全く同じ内容の事件を報じ、ボゴタに着陸したのが1994年、55年後の出来事であると改めて伝えている。

だが、リオ・デ・ジャネイロ発ハバナ行の直行便は1939年当時存在しなかったことが明らかになっている。Aviation Safety Networkの事故一覧にも、これらの事故の記録はない。

自動操縦による初の着陸成功は、1966年のことである。従って1954年当時の旅客機に、着陸が可能な自動操縦装置は存在せず装備され得ない。

また後に開発された空港の設備に適合するはずもない。

一般に、離陸後3分間と着陸前8分間は、航空機事故が集中する「クリティカル・イレブン・ミニッツ(Critical 11 Minutes)」と呼ばれ、通常は操縦士の制御が必要である。

よって、操縦士が白骨死体になっていた場合、通常の着陸を行うことは不可能である。

自動着陸装置を持った最初の旅客機はホーカー・シドレー トライデントで、これは1964年に路線就航している。

故に、それよりも前に路線就航しているスーパーコンステレーションは自動着陸出来ないはずである。またフライトレコーダーが搭載されはじめたのも同時期である。

更に、これだけの怪事件が発生したのであれば、当然、大々的に報道されているはずだが、ブラジルでのこの事件を報じているマスコミは、地元新聞の『Zero Hora』を含めて、ウィークリー・ワールド・ニュース以外は見当たらない。

結論

この事件に関する物証はなく、これに該当する事件もなかったことが明らかになった。

したがって、この事件自体がウィークリー・ワールド・ニューズのオリジナルフィクションである。

そもそも、ウィークリー・ワールド・ニューズの主な記事はジョークもしくは何らかのパロディであり、ウィークリー・ワールド・ニューズ自体が超自然現象や超常現象に関するフィクションならびにジョークを主に扱う風刺タブロイド紙なのだから……

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 都市伝説
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2021 All Rights Reserved.