ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖いお話.net【厳選まとめ】

短編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

縁結びの観光スポット【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link

5年くらい前の話。夏の事だった。

959 :本当にあった怖い名無し:2021/07/26(月) 09:33:45.07 ID:RjoJUKr10.net

その日は学校も休みで母親と二人、ひまわりがキレイに咲いてる観光スポットに行こうって話になって数時間掛けて行った。

ひまわりのスポットに着く前、縁結びというか、まぁそういう目的でカップルが多く訪れるような観光スポットもあるってことで、道中だし行ってみようって話でそこに入った。

海沿いにあるスポットで、記念撮影するような場所もあった。カップルの名前が書いた南京錠とか付ける所も。

駐車場からしばらく歩いてると、下に降りる階段があって、そこを下ると崖下に建てられた足場と境内のような建物があった。

まぁ縁結びの神とか祀ってんのかと思って、特に違和感は覚えなかった。

足場から海の方を見ると、くぼんだ岩なんかに小銭を投げ入れて、入ったら願いが叶うー!みたいな感じでカップルが盛り上がってた。

俺と母親も、縁はともかく小銭を投げ入れるのは面白そうだったから10円投げては、
「波のせいで入ったかわかんねぇなww」とか言ってその場を後にしようとして振り返った。

すると母親が「何アレ...?」と少し小声で話しかけてきた。

母の見つめる先を見ると、境内と階段の間、大きさは住宅街のゴミ捨て場くらいのスペースの場所に、薄汚れて髪がボサボサの日本人形が一体だけ立っていた。

明らかにその場の雰囲気に馴染んでいないが、周りの人はあまり気にしていない。

祀られているだとか、お供え物とかそんなんじゃなく、ただ荒削りの石の台の上に日本人形が立っているだけ。

明らかに異様で、自分たちが来る数時間前に誰かが置いていったような状態だった。

オカルト好きなのもあってか俺は「Twitter行きだな...いいネタだ」と思ってズボンからスマホを取り出そうとしたその時、
母が「そんな物撮っちゃいかんよ」と階段を登りながら言ってきた。

俺はその声でハッとした。まるで撮ることが当然かのようにレンズを向けようとしていた。

俺は「確かにそうだ...いつもの俺なら祟りとか恐れて何もしないのに...」と少し冷や汗をかきながら階段を登った。

その後帰り道では特に何もなかったが、あの時母が止めてくれていなければ、何が起こっていたのか...

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2022 All Rights Reserved.