ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

長編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

ヤコブの梯子

更新日:

昨日、とても不思議で不可解な体験をしたのでここに書きます。

74 :1/3:2008/09/22(月) 07:56:57 ID:wCo+KKJD0

僕は東京のS区に住んでいます。26歳、元会社員で、今は恥ずかしながらフリーターです。

昨日は友人四人と駅近くの居酒屋で久々に飲み、ほろ酔いで自宅まで帰っていました。

駅から自宅までは歩いて10分ほどです。

その途中にコンビニがあるんですが、お酒のせいで喉も渇いていたし、煙草も切れていたので、寄ることにしました。

スポーツドリンクと煙草を二箱買って店を出ると、とても雨が強くなっていて、その中を出て行くのが億劫なこともあり、雨宿りがてら煙草に火をつけ、コンビニの軒下で雨足が弱くなるのを待っていました。

スポーツドリンクを飲みつつ、二本目の煙草に火をつけたときでした。

隣にいつの間にか中年の上品なおじさんが立っていて、僕のほうをじっとみています。

カーキ色のスーツにノータイ。岡田真澄をもうちょっと線を細くしたような感じの、ロマンスグレーです。

なんだろうと思いつつも気にしないようにしていましたが、一度意識してしまうと、どうしても視線が気になってしまいます。

知っている人かな?とも思いましたが、顔や雰囲気に見覚えは全くありません。

こちらもちらちらと見ていると、その男性が会釈をしたので、思わず会釈し返しました。

「雨が強いですね」

「台風のせいでしょうね」

最初は二言三言こんな会話をしていましたが、気がつくと結構しゃべりこんでいました。

その人の話し方がまた上手いんです。

なんていうんだろう……警戒心を和らげるような口調と声質っていうのかな。

大体の身の上というか近況なんかを、知らず知らずのうち世間話的に話してました。

両親とは中学生の頃に死別したこと、大学卒業して上京してきたこと、就職先でトラブルがあり退職したこと、今はフリーターをしながら、大学院に入りなおすために勉強していること。

ほとんど僕が話していた気がします。

男性は相槌を打ったり、「それで?」と、興味深く聞いてくれたりしてたのがとても嬉しくて優しくて、何故か話しながら僕は胸が熱くなり、最後の方は鼻声になってしまいました。

僕はいつも自分のことを孤独だと思うことがあって、たとえば親友と会っている時も、彼女がいた時も、根本的な心の奥底では、自分は結局独りなんだ、という気持ちを完全に拭い去ることが出来ませんでした。

それを相談しようとすると、喉がつっかえて話せなくなろうとするんです。

両親に置いていかれたんだと、心のどこかでまだ思っていたのかもしれません。

そんなことを、初めて出会った見知らぬ人間に話している自分にも驚きますが、黙って聞いていてくれた男性も、今思えば本当に不思議です。

気がつけば一時間くらい、コンビニの軒下で僕たちは話していました。

ふと携帯のバイブが鳴り、見ると、さっきまで一緒に飲んでいた友人からの着信音でした。

「ちょっと失礼します」と言って電話に出ると、かなり酔っ払った様子で何を言っているかわかりません。

まださっきの店の近くにいることだけはわかったので、タクシーで迎えにいくからと言って切りました。

男性に挨拶し、友人の件を話して、「話を聞いてくださって有難うございました」とお礼を言いました。

男性は「いえいえこちらこそ」と、親切にもタクシーを、コンビニのお兄ちゃんに言って呼んでくれました。

前置きが長くなって申し訳ないのですが、実は本題はここからなのです。

タクシーを待っている間(と言っても三分ほどだったのですが)、男性は奇妙なことを僕に言い出しました。

「君はどんなに勉強して試験をパスしても、大学院には戻らないだろう。今アルバイトで働いている会社は二年後に無くなる。リラ(人名?それとも通貨?)はダメだ。西暦2009年1月2日13時43分に、S区Aの某神社境内で、ある女性と必ず出会いなさい。茶髪の癖っ毛長めのショートヘアーで、ファー付きのベージュのロングコートに、茶色のヒールが高いブーツを履いている」

その話の途中でタクシーが着ました。

僕はいきなり言われた色々なことを、整理もできないまま乗り込んだのですが、ドアが閉まる直前、男性は僕の手に紙切れと何かを握らせました。

そして早口で何かを言いましたが、僕には聞き取れませんでした。

紙切れには、西暦2009年1月2日~(以下略)の件と、英語と日本語の混じった殴り書き_

『ネメア』
『Jacob's Ladder was developed by Causal closure of physics』
『Maryはpaper moonを歌わない』
『主観から始まったものは全ては客観に終わる』

そしてサンプルケースのようなものの中に、ピアスが一対入っていて、『Her diva』と書かれた付箋が付いていました。

紙切れの裏側には……

『彼女に会ったら、ピアスを自然な形で渡す。その際に、彼女に自分のことを不審に思われてはいけない。難しいだろうが頑張る必要がある。

Qualeは物質に干渉する。

1月2日に某神社で、誰よりも早く彼女に会わなければいけない。
彼女がその日話す初めての人物が、君でなくてはいけない。
であるから、13時43分に遅れてはならない。

妹さんは、おじさんとおばさんとうまくやっているが、おばさんは一年後に、精密な検診をうけなければならない。その時には、妹さんと共に必ず実家(僕のおじの家です)にいるように。

2009年のお盆に帰省してはいけない。ただし、彼女ときちんと縁を触れ合わせることに成功した場合のみ。万が一にも失敗したならば好きにしてよい。君の他に二人いるが、補欠である』

_そんなことが書いてありました。

驚いたのは、僕が話していないこと(妹のこと、おじとおばのこと)までメモに書いてあったことです。

友人を自分の家に連れ帰り、吐かせて寝かせた後で、じっくりと出来事を思い返し、何度も紙とピアスを見ましたが、どうも納得というか合点がいきません。

僕だって小説やマンガ、アニメや映画は人並みに見てきました。

しかし、中二病になるには歳を食いすぎています。

からかわれたのか……

しかし、妹やおじおばのことは一切話していないにも関わらず、メモに載っている事実。

また、そもそもそのメモを、彼は初めから持っていたとしか考えられない……書く暇などなかったのだから。

ここで未来人だ!未来から来た自分だ!子孫だ!などと妄想するのは簡単ですが、本当に普通の生身の人でしたし、変わったところもどこもありませんでした。

自分に顔が似ているかというと全く似ていませんでしたし、今まで出会ったどんな人にも関わりがない、と断言して言えます。

一体なんだったんでしょうか。

今の時代に、狐にでも化かされたんでしょうか。

それとも友人たちがグルになって、イタズラでもしているんでしょうか。

一切創作はありません。

信じてもらえなくても当たり前でしょうが、リアルではこんな馬鹿げたことを相談しても、とうとう頭がおかしくなった、と思われるのが関の山だろうと思ったので、このスレに吐き出させてもらいました。

メモの紙もピアスも、どこにでもあるような普通の物です。

ピアスはシンプルなもので、金色の台座に緑の宝石が付いています。

エメラルドっぽいですが、多分イミテーションだと思います。

サンプルケースは、透明のパッキン(?)が付いた、小さなビニール袋みたいなものです。

メモはボールペンと鉛筆で書かれていました。

字体は丁寧だったり殴り書きだったり、アルファベットが筆記体だったりそうじゃなかったり、混沌としています。

僕はどうしたらいいんでしょうか……

怪しすぎますよね?

 

Sponsored Link

88 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 08:35:12 ID:1XkB9Tg9O
ピアスと紙アップ。
その男性がずっと話をしていたなら紙を書く隙はなかったはずだから、74と会うことも知ってたってことか。

89 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 08:36:20 ID:RC40rA420
単なる好奇心なんだけれど、メモの紙とピアスの写真アップしてくれない?

91 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 08:38:16 ID:wCo+KKJD0
>>88-89
家に帰ってからになりますが、それでいいですか?
イメピタでよければ、夕方にUPできると思います。

148 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 16:34:49 ID:wCo+KKJD0
すみません、今仕事終わりました。
家に着くのが18時くらいになります。
お待たせしてしまって申し訳ないです。

151 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 16:53:39 ID:kP2RjJbB0
>>148
仕事場から書き込んでたのか。
ID変わる前にコテ付けてもう一度書き込んでくれ。

154 : ◆RTFTcRbdaA:2008/09/22(月) 17:00:19 ID:wCo+KKJD0
>>151
ノートパソコンなんですがID変わりますか?
すみません普段ロムばっかりなんで……
そろそろ会社でようかと思ってます。
一応トリップつけました。

277 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 08:08:46 ID:LOdcIuBjO
誰か専スレを立ててくれまいか。
ここだと話を聞く事よりも、釣りと決めつけたりそれをあばこうとする流れになってしまう。

278 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 08:54:50 ID:UHPvJGfP0
>>277
【岡田真澄】◆RTFTcRbdaAを助ける1【ブーツの女】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/occult/1222127366/
あとは◆RTFTcRbdaAのレスを抽出するくらいか。
いめぴたの写真どうする?誰か保存しておいてくんないかな。

imepita-01

imepita-02

imepita-03

imepita-04

 

 忠告

153 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/09/22(月) 16:59:11 ID:ivv+oLRGO [Mobile]
>>74 氏
これ以上はやめて頂けないでしょうか。

あなたが体験した話は、あなた自身で結果を確かめてください。

ここでその他一般の方々に話をしても何の解決にもなりませんよ。

また、ネメアは少しでもズレると修正が効きません。

今はまだ特に影響が出ることはないでしょうから、この段階で収めてください。

人にはそれぞれ役割というものがあります。

あなたはあなたの役割を果たすことだけを考えてください。

156 名前: ◆RTFTcRbdaA [age] 投稿日:2008/09/22(月) 17:04:02 ID:wCo+KKJD0 [PC]
>>153
すみません、おっしゃってることがよくわかりません。

ネメアって何か知ってるんですか??流れも止めてしまうし、もしこういう話題の該当スレがほかにあったら誘導していただきたいです。

ここのスレの方に迷惑かけてたらイヤですし。

158 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/09/22(月) 17:11:53 ID:ivv+oLRGO [Mobile]
>>156
お気持ちはお察しします。

混乱されて当然だとは思いますが、今は従って下さい。

必ず、必ず全てを理解出来る時が来ますから。

そんなに遠い話ではありません。彼女と出会ってさえくれれば。

私もあくまで役割を果たしているに過ぎず、全体の一部でしかない。

しかし、一部が不良を起こしてしまえば全体がダメになる。

あなたが彼と出会ったのは偶然です。

が、役割を与えられたのは必然なのです。

とにかく、今は「その時」を待ってください

159 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日:2008/09/22(月) 17:18:58 ID:TAMnUpulO [Mobile]
>>157
だとしても僕はリアルの友人にこんなことを相談できないです…。

運命ったって別に誰かが死んだりするわけじゃないしいいかなと。

でもちょっと怖いですね今は。

>>158
何か知っているんですか?
教えて下さい。

僕は別に役割とか要らないです。

150 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 22:12:05 ID:Jj18UkHd0
ちょっとまとめてみた。

「Jacob's Ladder was developed by Causal closure of physics」

Jacob's Ladder は旧約聖書に出てくる話。

相続権争いが元で兄に追われる身となったヤコブは、逃避行の途中に「天へと続く梯子を、天使が昇ったり下りたりしている」という不思議な夢を見る。

そして上の方から「お前が横になっているこの土地をお前に与え、お前を守ろう」という神の声が聞こえた。宇宙エレベーター?

Maurice Jacob という物理学者がおり、CERNに関係している。

Causal closure of physicsは 『どんな物理現象も物理現象のほかには一切の原因を持たない』という経験的な原理。

「主観から始まったものは全ては客観に終わる」
「Qualeは物質へ干渉し因果律を支える」
精神は肉体と別のものではない? 思考は現実化する?
Quale はクオリア Qualia か?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A2

152 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 22:13:06 ID:Jj18UkHd0
「Certa amittim dum incerta petimus」
不確かなものを求める僕らは、だから確かなものを取り落とす。ラテン語の格言。

「Veri amici rari」
真実の友人はまれである。ラテン語の格言。

「ネメアのlion」
ギリシア神話に出てくる話で、ネメアの獅子はヘラクレスに退治された。「第一の試練」の意味か?

「Maryはpaper moonを歌わない」
『It's Only a Paper Moon』は、ジャズのスタンダード・ナンバー。

愛さえあれば紙の月も本物になる。信じていれば本物になる。

Maryは聖母マリア? マグダラのマリア?
マリア(マグダラの?)は、紙の月を本物だなんて信じない。

教会の伝統的な教義なんか信じない、という意味か?

153 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 22:14:02 ID:Jj18UkHd0
『It's Only a Paper Moon』

Say, its only a paper moon
Sailing over a cardboard sea
But it wouldn't be make-believe
If you believed in me

Yes, it's only a canvas sky
Hanging over a muslin tree
But it wouldn't be make-believe
If you believed in me

Without your love
It's a honky-tonk parade
Without your love
It's a melody played in a penny arcade

It's a Barnum and Bailey world
Just as phony as it can be
But it wouldn't be make-believe
If you believed in me

156 : ◆RTFTcRbdaA :2008/09/23(火) 22:32:08 ID:F48t0nzv0
>>150
となると日本語訳は
ジェイコブの梯子は「『どんな物理現象も物理現象のほかには一切の原因を持たない』という経験的な原理 」によって開発された。
となるんですかね?意味不明だ……

因果律を支えるってのがちょっと気になります。

URL見る限りクオリアっぽいですね。

159 : ◆RTFTcRbdaA :2008/09/23(火) 22:38:24 ID:F48t0nzv0
>>152
英語で書いている部分とラテン語で書いている部分はななんだろう。

どうして違いを持たせたかがはっきりしないですね。

ネメアの獅子でググったら結構色々と出てきました。

ヘラクレスに退治されたのか。

第一の試練??これのこと?

Maryをマリアって読むのは知りませんでした。

普通にメアリーかマリーだと思ってました。

>>153
ペーパームーンの歌の日本語訳を探してみます。

168 : ◆RTFTcRbdaA :2008/09/23(火) 22:59:26 ID:F48t0nzv0
ペーパームーンの日本語訳が見つかりました。

ボール紙の海の上に浮かぶ紙の月でも
あなたが私を信じてくれるなら本物になる

作り物の木と絵に描いた空でも
あなたが私を信じてくれるなら本物になる

あなたの愛がなければ
この世は騒がしいだけのパレード

あなたの愛がなければ
人生は安っぽいメロディー

まるでサーカスのように
うつろで はかない世界

でもあなたが信じてくれるなら
それは本物になる

メモの書き起こし

238 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日:2008/09/24(水) 20:42:46 ID:0xRrNjDc0

imepita-04

----------(表面)----------
Qualeは物質へ干渉し因果律を支える(←ノート上部に殴り書き)
ネメアのlion(←ノート上部に殴り書き)

☆西暦2009.1.2 13:43 (S区Aの某神社)
ショート、茶髪(←二重線で消して訂正※1)、茶ぱつ、ファーロングコート、(挿入※2→)茶ブーツ
ピアスを渡すこと。怪しまれないよう。困難である
が君自身を不審に思われてはいけない。努力が
大いに必要である。誰よりも早く彼女に会い、彼
女がその日話す初めての人物でなければならない。
13:43に他の者にこれを取られてはいけない。遅刻
してはならない。(小さな字で→)彼女との周りのそれらに求めてはいけない。
出会いを (それらに、の部分の下に二重線)

Jacob’s Ladder was developed by
Causal closure of physics.
The noise of ”Good-bye”

主観より始まりしものは ついには客観に全て終わる
MaryはPaperMoonを歌わないし
月を踏む者は己を信じない

Ψ(x1、x2)=Φ(x1)φ(x2)-Φ(x2)φ(x1)=0

※1 長めのくせが強い
※2 ヒール高めの革製

222 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/09/24(水) 16:32:42 ID:hABiYh130
----------(裏面)----------

imepita-01

君の他の二人は
補欠でしかない(←ノート上部に殴り書き)

2009年1月2日 13:43
(S区Aの某神社)境内で彼女と接触すること。
服装→彼女はファーのついたベージュロングコートカシミア
に茶色がかった赤のヒールが高いロングブーツを履いている。
ピアスを渡し、縁を絡ませなければならない。確立した
場合には2009年、日本人のお盆に君は帰省してはいけ
ない。失敗したならば好きにしてよい。妹さんはうまく
やっているだろうが、一年後の今日までに叔母さんを精密
検査へ連れていく必要がある。その時に妹さんと君は必
ず帰省していなければならない。

Certa amittim dum incerta
pctimus.

Veriamici rari.

信じなさい。君の友と君自身を。
未来も過去も現在も全て同じ板の上にある。
彼女のために君が存在しているのであって、
本来ならば彼女にとっては誰でもいいのだから。
しかし君と出会うことがよりよい方向への第一歩だろう。

それからしばらく経って……

288 : ◆RTFTcRbdaA :2008/11/15(土) 16:09:28 ID:IZgCkVq30
釣りだネタだと言われるのはおそらく僕のせいもあるんでしょう。

小出しに情報を出していれば当然なのかもしれません。

みなさんにはご迷惑をおかけします。

まずは11月の初めに起こったことを書ける範囲内で書きます。

今の時点で分かっていることも範囲内でお書きします。

身バレしそうなことについては申し訳ないのですが書けません。

混乱していることや自分の中で整理できないことも沢山あって正直どうしていいかわかりません。

妹を東京に引き取ることを決めてから引越しの準備に追われました。

仕事も休みをもらって物件探しと業者の手配などです。

10月末くらいまでに物件は決まり、引越しの手配も済ませました。

11月の1日には妹が来ることになっていたので大急ぎではありましたが……

事故からハイスピードだと思われるかもしれませんがここらへんも事情があるんです。

業者さんは5日くらいに来ることになっていたのでそれまでは不便を我慢してもらう方向でした。

見積もりはその時点で済んでいます。

ちなみに引越しをしたのは以前の所からは駅一つくらい違います。

荷物も解き、久しぶりに仕事に出ました。

休んでいた間にたまっていた仕事を終わらせて帰途についたのは定時よりもかなり遅い時間でした。

もう独り暮らしでははいですし、なるべく早く家には帰りたかったので急いでいました。
家に着くまで後数百メートルくらいになった時です。

道に小学校低学年くらいの男の子がいるのがみえました。

22時くらいにそんな小さい子が一人でいるのは明らかに不自然です。

ちょっと怖いなとも思ったのですが無視して通り過ぎるのも社会人としてどうかと思いましたので「一人なの?お父さんかお母さんは?」と聞きました。

わかんない、というので困ったのですが、おまわりさんのところへ行こうか?というと頷いてくれました。

交番は近くにあるのはわかっていました。

人攫いに間違われないだろうかとびくびくしながら一緒に交番へ行きました。

後で知ったのですが、本当はその場に警官を呼ばなくてはいけなかったそうです。

交番へ行って警察官の人に事情を話し、男の子が一人でいたので保護してほしいと伝えました。

その際に僕も身分証や連絡先を聞かれたのでもちろん答えました。

男の子はしっかりしていて、僕は家出かな?都会の子はませてるななんてことを考えてました。

それで家に帰ったんです。

翌日も仕事で早く起きました。

昨日の子大丈夫だったかな?なんて考えながら準備をして家を出ました。

午後から業者さんが来ることになっていたので会社にいたのは昼ちょっと過ぎです。

携帯に電話がかかってきて警察からでした。

無事に迎えが来たことと、その男の子が僕のものだと言って置いていったものがあるという電話でした。

夜大分冷え込んでいたので男の子にマフラー貸したのを忘れていたんです。

交番と家は近いので取りに行くことを伝えて切りました。

家に帰り、業者さんが来た後に妹と少し話してから交番へ行きました。

受け取りはマフラーだけのはずでした。

でもそうじゃありませんでした。

よく社員証みたいなものが入っている首からぶら下げるのがあるじゃないですか。

あれも一緒に渡されたんです。

これは僕のじゃないんですけど、と言って返そうとすると警察官の人は変な顔をして、

「でもそこに写ってるのあなたですよね?」と言われて裏返して良く見た時に僕は凍りつきました。

写真が入っていてそこに写っているのは確かに僕でした。妹も写っていました。

それだけならまだいいんです。撮った記憶の無い写真だってある可能性もありますよね。
でもありえない写真だったんです。

何故なら写っていたのは4人……いるはずのない僕たちの両親も笑ってそこにいました。

膝が震えてどうしていいかわかりませんでした。

大丈夫ですか?と聞かれて大丈夫ですと答えて家に帰ったのですがご飯も喉に通りませんでした。

見覚えの無い景色と服、成人した僕と妹と一緒に写っている両親。

おかしいじゃないですか。合成だと何回も疑いました。

でも不自然な部分は全くありませんでした。旅行とかした時に写るようなごく普通の家族写真です。

両親も記憶の中よりもちゃんと歳を取っているようにみえました。

頭が混乱してどうしていいかわからなくなって何をどう考えればいいのか……

こんなのこういう掲示板に書いたってネタだって釣りだって言われるに決まってます。

写真を上げてみろとか言われると思います。

でも事実なのはどうしようもないです。

写真の裏側には『諏訪で』と書いてありました。

いうまでもないですが僕は諏訪に行ったことはありません。

無い頭をフル回転させました。でも全く覚えが無いんです。

合成とかだったとしてもそういう服やポーズで写ったこともありません。

もう何がなんだかわからなくて発狂しそうでした。

妹に何度も見せようと思いました。

でも事故まもない彼女のことを考えると僕には出来ませんでした。

男の子を迎えに来たのは母親だったそうです。

その男の子に関してはそれいらい僕が警察に聞けるわけも無くそれっきりです。

すみません書いていてまたこんがらかってきました。

わかりやすく読めますか?

488 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日:2008/11/16(日) 20:05:46 ID:fOp4ofbY0
わけがわからないまま、妹に話すことも出来ずに数日。

僕はとうとう精神的に参ってしまって仕事を早退してしまいました。

院のために貯めていた定期を解約した際にもう一度銀行へいかないといけない用事があったのでそのまま会社近くの銀行へと足を運びました。

えっと蛇足ではありますが大きな金銭的なことで親戚に頼ったことはないです。

今までの自分の学費も妹のも全て奨学金やバイト・仕事でやってきました。

話が逸れました。

とにかく銀行へ向かい、用事を済ませて出てきたときです。

時間は15:20分くらいだったと思います。

受付をしたのが遅かったもので。

銀行から最寄の駅までは徒歩で5分くらいあるのですが歩いていると声をかけられました。

僕の本名を名指しでです。

え?と思って振り向くと一人の女性がいました。

はっきり言って、僕が今まで生きてきた中で見たことが無いくらいのすごい美人でした。
でも顔に覚えはありません。全く知らない人です。

名前を呼ばれたことで何だか心臓がバクバクして、なんですか?としか言えませんでした。

女性は笑って、そんなに警戒しなくてもいい。でも無理ないか。というようなことを言いました。

女性は歳は僕より上にも見えましたし、妹と同じくらいにも見えました。

銀色のジュラルミンケースに近い形のバッグを持っていて、服装はスーツでした。

スタイルもすごく良くて僕も男ですからこんな知り合いいたっけなと必死で頭を回転させていました。

すみませんが、僕とお知り合いですか?と僕はとんちんかんな質問をしました。

申し訳ないんですが僕は知らないんですけど、と言うと女性はあなたは私に会うのは初めてだけれど私はあなたのことをよく知っています。

と言って少し悲しそうな顔をしました。

意味が分かりませんよねそう言われても。

僕は精神的に疲れていたこともあって、このわけのわからない状況の前に怒りが爆発しそうでした。

その女性に、なんなんですか?メモの人の仲間ですか?宗教なんですか?
僕は無神論者だし勧誘とかで付きまとわれるのはもう本当にごめんです。
この悪趣味な写真もあなた達の仕業ですか?警察に言って訴えることも出来るんですよ!
と声を荒げて言ってしまいました。

女性はびっくりして目を丸くしてました。

その次の瞬間、ありえないとかここまでとか呟いた顔がひどく真剣だったのが印象的です。

女性は、あなたに起きていることを話しますから喫茶店に入りましょうと言いました。

気がつくとスーツと言っても彼女のは生地が薄いように見えました。

すごく寒そうです。この時期になんでこんな服装なんだろうと思いながら見てると、彼女はちょっと笑って、寒いってすごいですね、というニュアンスのことを言いました。

見も知らない人間と(しかもわけのわからないことを言う)喫茶店に入るのはためらわれました。

でも今起きていることを話してくれるという……たとえ彼らがぐるで僕を勧誘しかけているのだとしてもこの誘惑には勝てませんでした。

そうこの時点で僕はスレで散々話されていたように宗教的なものだとほぼ考えていたんです。

本当はそれを否定したかったんですけれど現実的には一番可能性があったので。

ここからのことはかなり緻密かつ詳細に書きます。

が、もちろん個人的な情報が含まれているところは割愛させていただきます。

人通りの多い道沿いのドトールに僕らは入りました。

彼女はスタスタと席のほうに歩いていきます。

最初に席をとるのかなと思っていたんですが座って落ち着きました。

奢れってことなのか!?と思っていると不安げな顔をしてこっちへ戻ってきました。

何故座らないんですか?と言われて注文しないんですかと言うとえ?という顔をしているので僕は(やっぱりこういう宗教の人達って常識ないんだ)とため息をついて、僕が買っていきますから座ってていいです。と言いました。

ブレンドコーヒーを二つ持って席に行くと彼女は有難うと言いました。

何回も言いますが本当に美人で洗練された感じの人で、すっかり宗教勧誘のハニートラップだと決め付けていた僕は勿体無いなあなんて思っていました。

女性はコーヒーに口をつけると、写真見せてもらえますか?と言いました。

僕は写真を持ち歩いていましたが見せるのは嫌だったんです。

何故ならもういない両親のことはおいておいて、妹の顔も載っているんですから。

そのことは口に出さずに、先に事情を教えてくださいと言いました。

出るところに出てもいいんですよとまで言いました。

何からお話しましょうか、と女性は言って、僕についてを話し始めました。

今日会社を早退して銀行へ行ったことを時間も交えてことこまかに。

興信所や探偵の類ですか?というと違うと彼女は答えました。

可能性の問題なんです。と一言付け加えて。

そしてジュラルミンもどきのバッグの中からA4くらいの紙の束を取り出しました。

一枚を僕の前に出して、これが何だかわかりますか?と聞かれました。

紙にはなんかの設計図みたいなものが描かれていて正直なんだかわからなかったのであなた方が信仰しているものとか僕はどうでもいいんですけどと憮然と答えると彼女は、真剣な顔をして、宗教ではありません。
が、今まであなたに接触してきた人物は思想・狂信的な観点から言えばそれに似たような人達です。

といいました。そして自分はその仲間ではないと。

彼女は言いました。

僕に接触してきた人間をはっきりと特定することは出来ないが、彼らから言われたように行動してはいけない。

入手した写真にはありえない光景が写っていたでしょう?と言われたので頷きました。

そしてそれは合成ではないけれども彼らの手口なんですと言われました。

また、ネットで相談していることも示唆されました。

自分にはアクセスすることは出来ないが僕のことを考えれば十分考えられることだとも。
岡田のおじさんの呼び名も彼女は教えてきました。

純粋に言えば名前ではありませんでしたけれども。

この時点で僕の脳みそはパンク寸前でした。

写真が合成でないのならば一体これはどういうことなんですか?と聞きました。

僕は全く彼女を信用していませんでしたし、自分からメモのことなどは話しませんでした。

ですが彼女は言ったんです。

日時までは特定できないが、とある人物とどこかで会うように指定されませんでしたか?と。

また物質的なものも渡されたはずですと言われました。

僕は、仮にそうだとして、だからなんだっていうんですと言いました。

道で話したように、僕の周りで何が起きているのかを具体的に話して下さいと。

急がないで下さい。と彼女は言いました。

物事には道筋があって、それを飛ばしてしまうととんでもない誤解を生むこともあるからと。

端的に言ってしまえばあなたは未来人のような概念を持っていますか?ときかれました。
僕は、ほらねやっぱりそうきたかと思いました。

神秘的で突拍子もないことをいう手はよくありますよね。

映画やSFの世界では常套手段です。

僕は笑って、じゃあターミネーターの主人公が僕なわけですねと茶化しました。

女性はいいえと答えました。

厳密に言えば、未来も過去もそして現在という概念すら間違った認識ですと彼女は言いました。

ほらほら宗教じみてきたぞと僕は心の中でほくそえんでました。

しかしその後に彼女が話したこと、僕に見せたものは驚くべきものだったんです。

未来・現在・過去というのは、自分という意識を座標として置いたときのベクトルの向きに利便性を以って名前を付けただけで実際は存在しないのだと彼女は言いました。

本当に存在しているのは数え切れないほどの同時多発的な可能性だけだと。

今この瞬間にも、例えば15歳の僕は存在しているし、もっと先の僕も存在しているのだそうです。

そしてそれはパラレルワールドとか異次元とか異世界とかではないと。

可能性が一つの方向にうねって集まり、大きな流れを生み出していること、それが人間が歴史と呼んでいるものであったり時間の流れというものであるのだそうです。

だから厳密に言えば過去を変えることは出来ないし未来を変えることも出来ないと。

自分と僕がこうやって話をすることも、驚いたり悲しんだり苦しんだりすることも全てだそうです。

そこまで聞いて、僕は問い返しました。

あなたの言うことを肯定したとして、じゃあ流れに組み込まれなかった可能性はどうなるんですか?と素朴な疑問です。

彼女は言いました。可能性とは停点ですと。

映画やアニメーションにおけるフィルムやセル画のようなものなんだと言いました。

一枚一枚の静止画を組み合わせることによって人物が動きますよね。

ですがそれ一枚では動かない。

そして可能性というものは選択されずとも停点としてあり続けると言うんです。

理解して欲しいのはそれは只のたとえですとも彼女は言いました。

気が遠くなるような複雑なことを省いて簡単に説明したらそうなると。

だから、写真は合成ではないんです、停点として存在している可能性から引っ張ってくればいいんですからと彼女は言いました。

しかし停点が物質として存在するためには、これもまた気が遠くなるような過程が必要になると。

写真のほかに渡されたものがありますよね、と言われて僕は頷きました。

写真もそれもちゃんと物質として存在する……これがどういうことかわかりますかと。

停点のままでは物質として存在できないならばそれが停点ではなくなったということですか?

と言うと彼女は、飲み込みが早くて嬉しいですと笑いました。

実際は僕はこの説明を何度も何度も言われるまで彼女が言うことを理解できませんでした。

じゃああなたはその可能性の、今の僕を座標として見たときに先のベクトルから来たんですか?
と聞くと曖昧に笑っていました。

ここで僕は疑問を持ちました。

セル画やフィルムのようなものならば未来は変えられないというのはおかしいのではと。
編集する可能性……停点を変えればいいだけなんですからと。

すると彼女は言いました。

自分達の科学でもまだ解明できてないことはあるけれどこの宇宙と呼ばれる作品が出来たときに編集は既に全て完了しているというのがほぼ決定だと。

それを聞いてなお僕の頭はこんがらかってきました。

じゃあピアスは?写真は?メモは?会えといわれた女性は?

それを見透かすように彼女は言いました。

停点が停点で無くなる。

この時に生まれるのは莫大なエネルギーです、と。

そして例えを使うと簡単に聞こえますが、江戸時代の人にテレビや携帯の話をしてもわからないようにあなたも理解することはたぶん無理でしょうと言われました。

539 : ◆RTFTcRbdaA :2008/11/16(日) 22:07:39 ID:fOp4ofbY0
途中まで書いていたんですが、会社からデータが来たんですみませんがちょっと明日のために仕事をします。

どんなに煽られてもネタ扱い釣り扱いされても僕は放置はしません。

今度はワードで書いてまとめて書き込みます。

無駄に長くなってしまい申し訳ありませんでした。

209 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/11/24(月) 16:39:37 ID:vDxr1TkUO
やっと書き込めます。

妹が熱出したりなんやらかんやらで遅れて申し訳ありませんでした。

お約束通り続きを書きます。

あまり時間がとれずに、かなりの早打ち乱文で見苦しいところもあるとは思います。

すみません。

途中までしかワードに収め切れなかったので途中からはリアルタイムで打っていきます。

無限にある停点の中を繋いだ一本の線を時間の流れと考えたとき、その線がずれたらどうなりますか?と女性が言いました。

僕はちんぷんかんぷんだったので正直にわかりませんといいました。

選ばれなかった停点でも時間の流れを作ることは可能ですが、それは途切れ途切れの紛い物でしかありません。

余ったフィルムで映画を編集することは可能ですが、起承転結も何も無いものです。それは物語やストーリーになりますか?と彼女は真剣な顔をして言いました。

ならないでしょうねと僕は答えました。

彼女は図を書いて僕に説明してくれました。

ずっと先まで真っ直ぐに伸びた線があって、それが便宜上の呼び名で過去・現在・未来とある現状の世界の成り立ちだとします。

ここで、女性が何回も念を押して言ったのは、過去も現在も未来も同時に存在してているという部分です。

その同時に存在しているものに対する時の流れというものは解明されていないそうです。
理論だけは確立しているらしいのですが証明されていないのだと言っていました。

それを物理学者や科学者は「クロノスの不在」と呼んでいるそうです。

話を戻します。

始まりも終わりもわからない長く途切れることの無い線、その横に平行して短い線があります。

それが余りもののフィルムを繋いで作ったものとします。

短い線には生まれたところも無くなるところもはっきりしています。

ですが永遠に完成されることの無い世界なんです、という説明でした。

よく創作の物語でパラレルワールドや異世界、異次元の話がありますが、彼女の説明によればそんなものは存在しないということでした。

世界は常に一つで、完結した平行世界など存在しないのだそうです。

そう説明されても、ごくごく一般人の僕がすぐに理解できるはずもないです。

僕らはしばらく黙っていました。

沈黙を破ったのは女性でした。

彼女は、本当はこういうことがバレたらクビなんですけど、といってスーツのポケットに手を突っ込みました。

彼女が取り出したのは実験用のプレパラートを少し大きくしたくらいの透明な板でした。ガラスみたいに見えました。

同時に針のような物を取り出して、彼女はそれで板をつつきました。

すると板は二枚に分かれました。

ちょっと調子が悪いんです、と彼女は言いましたが、僕にはなんのことだか彼女が何をしようとしているのかもわかりませんでした。

その時です。キーンという激しい耳鳴りがしました。

頭がぐわんと一回おおきく揺すぶられたようになって周りが何十にも重なっていてそれがぶれた気がしました。次の瞬間、しんと静まった店内には彼女と僕だけしかいませんでした。

頭が真っ白になって、僕は何が起きたのか把握できませんでした。

あまりのことに僕は席を立ちかけました。

その次の瞬間にはざわめきは元に戻っていました。

彼女は笑って、おわかりになられましたか?と僕に言いました。

僕は喉がカラカラに渇いていて、声を出すのもやっとでした。何したんですか?と聞くと、彼女は、あれも選ばれなかった一つの可能性ですと言いました。

このコーヒーショップに誰もいない可能性もあります。

そして、移動した私やあなたがいる可能性だってあります。

お話したように無限に停点はあるんです。文字が一字違う、床のチリが一粒違う、もっと言えば粒子(分子?よく覚えてません)レベルで違っている停点もあります。

キリがないのですと彼女は言いました。

生命が存在し、有機物が意識を持つことと植物や動物などの比較的高度な意識を持たないもの
それらがある停点というのは気が遠くなるほどの数になりますとも言われました。

だからシンプルな所は探しやすいのだとも。

僕が落ち着くのをしばらく待って、彼女は色んなことを話してくれました。

ここでは書ききれないくらいのことです。

先ほども述べた、中途半端に繋がった未完成の不完全な世界に人が迷い込むこともあるとか行方不明者も何人も出ているとか(これはきっと彼女たちの問題なんでしょう)

そういう世間話(といってもとてもそうは思えないでしょうが)から、話はあのことになりました。

この停点の研究(なにやら難しい横文字を言われたのですがすみません、覚えていません)に際して重要なポイントがあると彼女は言いました。

それが2009年1月2日の例の時間・場所なんだそうです。

228 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/11/24(月) 21:15:15 ID:iVloBKGt0
すみません、ここからは書きながらの書き込みになります。

彼女の話によれば、彼女は、僕には協力して欲しいから出来る限り全てのことを話すと約束してくれました。

その日、その時間、例の女性はちゃんと会う人がいるのだそうです。

もちろんその決まっている会う人というのは僕のことではありません。

どんなに前のポイントに遡って時間の流れを変えようとしても変えられないのだと彼女は言いました。

僕を座標としたときに先のベクトルは既に定まっているし、少しのブレがあっても大きな出来事は何一つ変わらないのだと。

けれど例外があるといいました。

人の手による、ピンポイントのポイントを狙っての停点の移動と改変です。

そもそもこの論理を見つけたのは(見つけることになるのは?)ドイツの青年だそうです。

彼は他にもコンドームやピルに代わる避妊の方法を発明したりするそうですが、何の繋がりがあるかは知りません。

そして、彼女があの日あの時間あの場所でとある人と出会わなければ、停点の論理は発見されないことになるのだと言っていました。

その女性はドイツ人なんですか?と聞くと、いいえと彼女は言いました。

長い一本の線は途中で切られ、違うように編集された線と繋げられるのだそうです。

飛躍的に進んだ時間や世界の仕組み、それによって防がれた様々なこと全てが無くなると。

未来が変わるということですか?と僕が聞くと彼女は今まで何を聞いてたんですか
とあきれたように言いました。

何回も言いますが未来なんて存在しないし、私もいなくなりはしません。

ただ世界が変わるだけです。

これから先、何十億人も死ぬような大きな戦争などは無いそうです。

第三次世界大戦も起きないし、核も対人にむけて使われることはないと言っていました。
もっと恐ろしい武器は作られるけれど、抑止の力が働いてむしろ平和のために役に立っていると。

234 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/11/24(月) 21:32:06 ID:iVloBKGt0
ここまで書いてきて僕も頭が混乱してきました。

一旦切ります(ネットから落ちはしません)

ここまでで何かわからないこととか聞きたいことありますか?

僕も頭の整理をしたいです。

僕らの常識から考えて未来から来た人なんでしょう。

そう僕は思っています。

というよりそう思わないと話の辻褄が合わないんです。

彼女の話を全て信じるのももしかしたら怖いことなのかもしれませんが……

237 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/11/24(月) 21:36:19 ID:DliPcVjA0

クロノスについて。
⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8E%E3%82%B9
⇒ http://www.cc.rim.or.jp/~deltelta/nakai.html

249 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/11/24(月) 21:45:34 ID:iVloBKGt0

僕は混乱しました。

いえ、ずっと混乱していました。

ただ、ずっと聞きたかったことをとうとうスーツの女性に聞きました。

あの写真のように進んだ世界の可能性もあるということですか?と。

女性は、可能性は無限にある以上、それはイエスです。

でも正しいものではありません。

あれも決められていた流れのうちの一つだったんですと。

岡田のおじさん(彼女はずっとコードネーム??でよんでいましたが)達はそういう不遇な環境かつ、神社で出会う女性にもっとも自分達の望む影響を与えそうなそんな人物にコンタクトを取って、あるべき編集を捻じ曲げようとしているのだそうです。

自分達が都合のいいように。

けれど、僕はこれまでにないくらい怒っていました。

女性が言った、仕方の無いこと、選ばれなかった可能性なんだからという言葉に。

じゃあ、僕の望む世界があるわけなんですねと言うと女性は声を荒げて

「だから世界は一つなんです、パラレルワールドや平行世界なんて存在しないんです!」
と言いました。

だから僕は、「じゃあおじさんの言うとおりにすればあの写真のようなことが望めるんでしょう?しかも世界は幾つもないんだったらそれが正しいことになるわけだ、と」

すると彼女はありえない……と呟きました。

あなたはわかっていません。と彼女は言いました。

過去とあなた方が呼んでいるものは変えられないんです、と彼女は言いました。

編集を捻じ曲げてもそれは選ばれなかった可能性を繋ぎ合わせた偽物にしか過ぎない嘘の世界なんですと。

線を切り離して新しい世界を始めても、その世界には不安と恐怖と暴力しか待っていないんですよと彼女はキレながら僕に言ってきました。

それでも、僕は妹を、何より自分自身の幸せが欲しい。

僕はともかく妹に両親の顔を見せてやりたい。

惨めな思いを全部無かったことにしてあげたい。

僕の作った下手な料理なんかじゃなく母さんの美味しいご飯を食べさせてあげたい。

兄が行って恥ずかしい思いをしたであろう授業参観とかも、他所の家を横目に見ながらの運動会も、飼って上げられなった子犬とかも事情で参加できなかった遠足や修学旅行、全部あの子は我慢して、不甲斐ないこの僕のために笑顔でいてくれたんです。

妹に渡していた月々のお金は必要なものに使う以外は何にも使わずに、いつか話してた旅行に行くために貯めている、そんな子なんです。

その彼女の不遇を仕方の無いで済ませるスーツの女性が僕は許せなかった。

あらゆる可能性があって、しかもあの写真を僕に渡したのが岡田のおじさんだったとしてなら変えられる可能性があるのなら僕は世界の平和とか知りません。

僕は席を立って女性に言いました。

お話は有難うございました、でもこれが本当のことかもわからないし、自分でよく考えて自分で行動しますと。

女性は慌てて僕を追いかけてきて、あなたは犯罪者の加担をしようとしているんですとか、どうして現実をうけいれられないんですかとか言ってきました。

僕は本当に冷ややかな気持ちででも過去も未来も現実もないと言ったのはあなたですよ、と女性に吐き捨ててドトールを出ました。

彼女はまだ追いかけてきて、聞いてくれそうだったから説得という手段を出したんですとそうでなければもっと違う手段を用いてあなたを正月に行かせないように妨害してました。と僕に言いました。

ならすればいいじゃないですかと僕は彼女に言いました。

むしろ忘れさせることが出来るのなら今すぐにしてくださいと言いました。

僕は泣いてしまいました。

だって、自分がずっと望んでいた幸せな風景、それが手に入るかもしれない、そんな希望を目の前にして彼女はそれを捨てろと僕に言っているんですよ。

こんな酷なことってあるでしょうか。

個人のエゴかもしれません。

でも僕は普通の人間です。

しばらく歩いて着いてきながら女性は僕に色々と説得をし続けていました。

しかし、もういいです、と聞こえた次の瞬間、その場から忽然といなくなりました。

僕は背筋に寒いものを感じて急いで電車に乗って帰りました。

これがドトールで起きた大体の出来事のあらましです。

長文に付き合ってくださって有難うございました。

262 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/11/24(月) 22:17:11 ID:iVloBKGt0
今、現在僕の記憶は消えていません。

彼女が説得以外で妨害する方法はあるといったのはウソだったんだと思ってます。

でも不安はあります。

そして、この後にあった出来事はまだ書けません。

引っ張っているとか焦らしているとではなく本当に書けないのです。

みなさんからの叱責も覚悟しています。

本当にごめんなさい。

209 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/12/17(水) 22:15:16 ID:h/+cwZKG0
ネットに書くなと言ったのは岡田氏のグループです。

それを言われたのは妹に全てを話す前です。

彼らは妹への自分達の影響を僕にちらつかせてきました。

端的にいえば脅迫です。

僕はスーツ女性とのことをあらいざらい彼らに話しました。

妹のことだけは勘弁してくれと助けを請いました。

彼らは神社へ必ず行くという約束を履行するならばという条件をつけてきました。

頭を冷やしてみて思ったのですが、もし本当に岡田氏のグループが僕の味方ならばそんな風に僕たちに危害を加えるようなことは絶対にしないはずです。

僕は警察にも相談しました。

もちろん詳細を話しても頭のおかしい人間だと思われるのが関の山なので、妹にストーカーのような人物がいるらしいというような方法で相談しました。

僕はひたすら後悔していました。

スーツ女性の話をもっと聞いておくんだった。

妹の幸せとかを勝手に自分で決めるのではなくちゃんと話すべきだったと。

前者はともかく後者は自分の意思で出来ます。

それで妹に全てを話したんです。

スーツ女性が再び僕の目の前に現れたのはその後でした。

217 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/12/17(水) 22:27:17 ID:h/+cwZKG0
詳細は今は省きます。

書き込み方を変えます。

何か僕の書き方がもったい付けてるようなので全て結論から書きます。

状況は質問に答えることで回答していきます。

スーツの女性はまたスーツでした。

彼女は僕の話を聞いた後に少し黙り込んで何か考えていました。

それで神社には行くのですか?と聞かれたので、僕は正直にどうしていいかわかりませんと答えました。

神社に行かなければ妹の身に何かあるかもしれない。

でも行けば、全てを話した後に妹がそんなのは要らないと言った世界になってしまう可能性がある。

僕は精神的にも肉体的にも限界でした。

スーツの女性は言いました。

行かないのならば妹も僕も全力で彼女たちが守ってくれると。

行くのならばピアスは所持しない。

女性を見かけても声をかけない。

ただ、行くだけにとどめることと。

彼女は続けて言いました。

岡田氏達のグループはすでに次の候補に接触している可能性がある。

スーツ女性達のグループはそれも阻止しなければならないらしいです。

自分達も協力するけれど妹も僕も最終的には自分で自分を守ってくれといわれました。

223 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/12/17(水) 22:35:25 ID:h/+cwZKG0
この書き込みも見ていますよね?スーツの女性に、岡田のおじさんのグループの人達。

僕は妹に全てを話しました。

妹は捻じ曲げられた未来なんか要らないといいました。

僕と過ごして自分が歩んできた日々は幸せだったと言ってくれました。

僕は結局独りよがりの自分が考えた幸せに妹をあてはめようとしていただけのエゴイストでしかなかったです。

普通の暮らしが何より一番幸せに近いと今はそう思えます。

僕は妹と一緒に神社へ行きます。

230 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/12/17(水) 22:43:43 ID:cVyFcBjJ0
質問に答えてくれてありがとう。

更に質問したいので、梯子氏のタイミングで回答をお願いします。

1.全てを話せる時期が近いとのことですが、今日話してもらうことはできますか?
2.スーツ女との2回目の接触は、どこで行われましたか?また、どのようにしてスーツ女を発見しましたか?
3.1/2の指定の時間・場所にはブーツ女1人しかいないので探すことは簡単とのことですがであれば、梯子氏が行かなくてもドトール女側で対処できると思うのですが、何故梯子氏が行かなければいけないのでしょうか?
4.酉割れについて払拭する目的もありますが、警察で書き込んだ被害届の写しをアップして下さい

234 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/12/17(水) 22:47:42 ID:h/+cwZKG0
>1.全てを話せる時期が近いとのことですが、今日話してもらうことはできますか?

今日は時間の問題で出来ません。
まだ仕事が終わってないんです……
持ち帰っても終わらないほどあるので。

>2.スーツ女との2回目の接触は、どこで行われましたか?また、どのようにしてスーツ女を発見しましたか?

駅の構内です。突然肩を叩かれました。

>3.1/2の指定の時間・場所にはブーツ女1人しかいないので探すことは簡単とのことですがであれば、梯子氏が行かなくてもドトール女側で対処できると思うのですが、何故梯子氏が行かなければいけないのでしょうか?

彼女達はブーツの女性に接触することはできないそうです。
理由は教えてもらえませんでした。
また、察してくださいという言葉はスーツ女性の口癖でもあります。

>4.酉割れについて払拭する目的もありますが、警察で書き込んだ被害届の写しをアップして下さい。

出来ません。
僕と妹の完全な身バレに繋がるようなことはしません。
その恐れがある場合もです。
日付、警察署、色んなことから情報は得られます。
信じていただけないのであれば、それは個人の自由ですので僕にはどうすることもできません。

※被害届けの写しということですが、被害はまだ出ていないので、警察署に行った証明書みたいなものという意味で受け取りました。

236 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/12/17(水) 22:50:55 ID:75N6hStE0
つか、付箋を筆跡鑑定に出したっていうけど筆跡鑑定って主に、2つ以上の文書が同じ人によって書かれたかどうかとかそういうことを分析するもんじゃないの?付箋でそれをやって何になる?書いた人間の心当たりでもあって比較してもらってるってこと?

あと、何人も書いてるけど、岡田と会ってないなら、誰に会って脅されたんだ?

237 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/12/17(水) 22:51:54 ID:h/+cwZKG0
被害はまだ出ていないというのは、実際は脅迫めいたことを言われているのですが、その詳細を僕は警察に言っていないので(頭がおかしいと思われる可能性があるため)あくまでもストーカーされているっぽいというような内容で話をしたためです。

何度も書き込みすみません。

曲解されるのは嫌だったので。

239 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2008/12/17(水) 22:55:14 ID:h/+cwZKG0
脅されたのは岡田氏の同志だと名乗る人達です。

二回ほど会いましたが顔ぶれは一人を除いて毎回違いました。

筆跡から、人物を想定できるプロファイリングみたいなものを出来るらしいです。

付箋との筆跡との照合も兼ねています。

そして運命の2009年1月2日

348 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2009/01/02(金) 23:49:35 ID:5fq5gnMoO
すみません。

僕は接触を止めれませんでした。

ブーツの女性はきっと本来出会うはずの人と出会ってない。

僕の取られたメモやピアス、全て阻止できなかった。

ドイツ青年は停点を発見できないしホロコーストは起こるということですよね。

もうダメだ……

すみません落ち着きます

神社には行きました。

気づいたら22時でした。

ネタで書くほど僕は馬鹿じゃない。

ホロコーストとジェノサイドの定義はわかりませんが、ともかくブーツの女性と本来彼女が出会うべきだった男性は会えなかったということです。

それは僕がメモや付箋を託した人物が暴走(?)したからであり、僕自身はそれを止めようと躍起になっていました。

連絡もつかない。

神社に着いたのは35分。

妹を友人に託し、走りました。

岡田のおじさんが言った時間前にはなんとしてでもつかないといけなかった。

ブーツの女性はいましたよ。

僕を見かけた人もいるでしょう。

走っていたのは僕です。間違いありません。

彼は彼女にピアスを渡し、僕が本来岡田のおじさんグループに言われた言葉を言いました。

彼女はピアスを受け取ったのは言われた時間前。

僕は40分に彼らを見つけて友人との間に割り込みました。

彼女はとても不審がっていてその場を立ち去ろうとしました。

友人はニヤニヤ笑い、これで自分の望みが叶うと僕に告げました。

彼は彼にとって取り戻したい過去があった。

僕は人間が多かれ少なかれそういう後悔や望みを抱えていることをもっと懸念すべきだったんです。

それを自分だけのもののようにおもっていた。

誰しも変えたい事はあるのに。

そして、妹と名乗る者が登場

56 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2009/01/14(水) 23:45:37 ID:TTYR9Dqh0
こんばんは皆さん。

パソコンを使うことの出来ない兄の代わりに私が書きます。

はじめまして。

兄は今具合が悪くここ何日かは高熱も出てうなされています。

もちろん病院にはいきました。

お医者様は過労と風邪だろうとおっしゃっていました。

私は兄に聞かされているだけで事情は本当はよくわかっていません。

でもちょっと具合が良くなった兄がしきりに2ちゃんねるのことを心配していました。

私は今は兄にパソコンをさわって欲しくはありません。

もう少し具合が良くなってからがいいと思っています。

兄はしきりに申し訳ないと申しておりました。

私自身はたまにDVDを見るくらいであまりネットも良く分かりませんので兄の友人で良くして下さる方に色々と教えていただきました。

それでも何か失礼なことを書いてしまっていたらごめんなさい。

それとネットや2ちゃんねるという所にとても偏見を持っていたこともあやまります。

兄を支えてくださってありがとうございました。

快方に向かってはいますので元気になれば兄から書き込みがあると思います。

そのときには私がここに書いたこともばれてしまいますが怒られるのは覚悟してます。

なんてほんとはちょっと怖いです(笑)お眼汚しを失礼いたしました。

えっと特に変わったことはありませんけれども私の体調が良くなった代わりに兄の体調が悪くなってしまってとても悲しいです。

兄が長い間書けなかったことでがっかりさせてしまったのは本当に申し訳ありません。

でも私もパソコンをすることには反対してましたので私にも責任はあります。

なので私も悪いんです。

本当にごめんなさい。

そして本人登場

677 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2009/03/29(日) 01:50:27 ID:Z/QEsygF0
こんばんは。

まだスレが残っていたことに驚きました。

しばらく静養していました。

命に別状とかはありません。

結果的に放置していたようになってしまい、本当に申し訳ない。

時間が経ちすぎて、もはや何から書いていいのかわかりません。

今まで夢の中にいたように思えます。

でも目が覚めて、布団から出るとそこは現実です。

万が一の時の為に残したノートやメモ。

お気に入りに入れておいたこのスレや、自分で検証していたときの情報サイト。

全てが僕に奇妙で恐ろしくて叫び出したくなるような現実を突きつけます。

僕の周囲の人間には、僕が狂ってしまったと思っている者もいるようです。

とりあえず久々に書き込んで言いたい事があります。

僕の妹と名乗るこの女性は誰なんですか?僕のトリップを知っていて、僕がいない間に「兄は~」と書いていたのは誰なんですか?本当に僕はおかしくなってしまったんでしょうか。

それとも、医者が言うように、精神が磨耗して、一時期現実から逃避したいだけなんでしょうか。

しかし僕自身の記憶ははっきりしています。

過去のまとめも何度も読み返しました。

話はほぼ僕の頭の中の記憶通りです。ただ一点だけをのぞいて。

僕の姉はどこへ行ってしまったんでしょうか。

周囲の人間は、最初から兄妹だったと言います。

僕の妹?は僕が卒倒した後で僕の友人達の目の前で号泣したそうです。

彼女の顔も面影も姉に似ています。

ですが僕は姉弟だった。

スレにも、妹という言葉は抽出されても、一文字たりとも姉は出てこない。

どうにかなりそうです。

もうだめかもしれません。

僕はひたすらスーツの女性を待ち続けてました。

彼女が最後に僕に言った言葉が本当だとするのならば、これほどひどいことはない。

嬉しそうに妹との話を書き込んでいる僕の書き込みも信用できない。

変わったのは僕ですか?

記録として残していたはずの物が全て変化しています。

全てが僕の記憶と違います。

悩みながらも、僕は自分が狂ったとは思えません。

家にいるのが怖いです。

彼女は僕のことを本当に心配しているような顔をします。意を決して書き込みました。

彼女がスレを知っているのはわかっています。

ここ一ヶ月ほどは、彼女たちが言う正常に戻ったフリをしていました。

書き込もうと思えば書き込めたんです。

だけど書き込んでしまったら、この疑問をまだ僕が持っている事がバレてしまいます。

そうすると周りの人間はまだ僕がおかしいと騒ぐでしょう。でももう耐えられませんでした。

逆に、妹がいたなんてことを僕が書き込んだことになっています。

ひどいです。なんなんだこれは。

僕の人生が三文芝居にされている。怒ろうにも矛先はありません。

だめですね。文章も支離滅裂だ。考えがうまくまとまらない。

686 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2009/03/29(日) 02:17:45 ID:aaIVT8F3O
すみません、気づかれるのが怖かったのでパソコンきりました。

夜中が一番落ち着きます。仕事はやめました。院は遠いです。

姉と妹の部分が全て変化しているということです。

分かりにくくてすみません。また来ます。

なんだか憂鬱が抜けません。

日々、生きることへの気力が削がれていきます。

二ヶ月後……

147 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2009/05/21(木) 01:34:11 ID:0zgeuJOJO
話してはダメだと言われたスーツ女性の話の内容です。

アメリカの大きな財団が崩壊すること。

日本国内で宗教内紛があるが、そのきっかけは無血事件と呼ばれ、内紛自体も無血に終わること。

中国での政治家の台頭でモンゴルの件が解決すること。

不治の病がエイズではなくなること。

猿の細胞の研究で今までの遺伝子解析がほぼ徒労に終わること。

オーストラリアで羽の生えた人が見つかること。

書くなというか、誰にも言うなと笑顔で言われました。

彼女の名前や岡田のおじさんの通り名も聞いています。

実はドイツ青年の名前もしってるんです。

でも妄想なのか現実なのか……

名前とか書いても大丈夫かな。

スーツ女性の名前はハラマオユミ、です。

原って姓だと思います。

マオユミって変な名前だと思っていたら、男でも女でも通じるような名前が流行っているのだと聞きました。

顔立ちからおそらく外国の血は入ってます。

岡田のおじさん達のグループの通称はネクタールだと強烈に覚えてます。

なんか某桃のジュースみたいだと思ったので。

Nectarでしょうか。

過激派と穏健派二つに分かれてるそうです。

スーツ女性も岡田のおじさんも概念的に言うと未来からだと思います。

彼女は、そんなシンプルなものじゃないと言っていましたが。

彼女に言わせれば僕たちは標本であり、振り返る道であるそうです。

スーツ女性は僕にとって姉の存在はいずれ枷になると言ってました。

もう全部話します。

携帯はなくなります。

脳波と感情の測定が可能になるからだと彼女は言ってました。

そのかわり特定の感情にプロテクトをかける必要はあると。

そして犯罪者にはそのプロテクトが許されないシステムだそうです。

IDを剥奪されて終身刑が一般だそうです。

僕にはちんぷんかんぷんでした。

彼女が言う僕に岡田のおじさんグループが目をつけた理由は存在します。

ここだけごまかして嘘を言ってすみませんでした。

165 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/05/21(木) 02:29:45 ID:vDPah30DO
神社の女性とドイツの青年と停点発見者との関係は?

ドト子達は未来から来たんでしょ?岡田側が発見を阻止したなら岡田達も未来から来れない(移動方法も発見されなかった事になる)→いままでの事は無かった事になる、じゃないのかな。わからんけど。

どう思う?その辺ドト子は言及したんじゃないかと想像するんだが。

166 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2009/05/21(木) 02:30:19 ID:0zgeuJOJO
それは僕の血の連なりから最低最悪の犯罪者が出るからです。

だから彼らはブーツの女性に僕を出会わせたかったんだと思います。

僕は史上最悪の殺人鬼を生む遺伝子の可能性を持ってるんだそうです。

その話を聞いた時に激昂したのはもちろんです。

スーツ女性はビジネスの話をしましょうと言いました。

ドイツ青年が理論を発見できなくても誰かが違うタイミングで見つけます。

そういうものになっているそうです。

岡田のおじさんのグループはそれを自分達の都合のいいようにしたかったんでしょう。

決して口外してはならないとスーツ女性は何度も念を押しました。

僕は「姉に危害がないこと」を条件に全てを了承したんです。

彼女は僕にサンプルを提供して欲しいと言ってきました。

そのかわり民間の代行と政府機関を使って必ず守ってくれると。

だからどんなことがあっても信じて欲しいと。

民間企業の名前はエイチエムで、政府機関というのは今のEUみたいなのだそうです。

なんか話がおかしいなとは思いましたが保身でいっぱいでした。

172 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/05/21(木) 02:44:23 ID:TkdRM6XRO
殺人鬼が生まれる可能性は今もあるんだよね?また今後岡田かスーツ女は梯子に会いに来るんじゃない?

174 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2009/05/21(木) 02:58:10 ID:0zgeuJOJO
わかりません。

彼らの沈黙がなにを示すのかわからないんです。

口外してはいけないと言われたことを話すのは挑戦です。

あぶり出したいんです。

出てきてみろよって叫びたい。

だから約束を破りました。

出来の悪いゲームの中で自分が踊らされてるような感覚はもうごめんなんです。

あれから三年経ちました……

214 名前: ◆RTFTcRbdaA [sage] 投稿日: 2012/01/01(日) 18:32:28.30 ID:X/sH5Gr0O
お久しぶりです。
皆さん、長らく音沙汰なく申し訳ありませんでした。
僕は元気です。
やっと年が明けました。
しかしまだ詳しく書き込みできるタイミングではありません。
1月が終わるまで待たなければならないのです。
理由は話せません。

お叱りや煽り、荒れるのは覚悟しています。
なによりガッカリさせてしまってすみません。
ですが、生存報告だけはどうしてもしたくて我慢できませんでした。
もう少し、もう少しだけ口をつぐませて下さい。
本当に申し訳ないです。
けれど、僕自身も身をちぎられるほど辛いです。

※これ以降本人と思われる者からの書き込みなし。

(完)

恐怖箱怪談恐山 [ 高田公太 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-長編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.