短編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚 n+

須磨海岸の奇妙な出来事

更新日:

Sponsord Link


三日前の日曜日、俺と徳井と吉岡の三人で須磨海岸に行くことにしたんだ。家から近いし自転車で行ったんだけど、海岸に降りる道のバス停の近くで暴走族がバイクを止めててさ。避けると逆に絡まれそうだったから、無関心を装って「昨日のゲームさ」とか言いながら通り過ぎようとしたんだ。

そしたら俺の自転車の後ろがバイクの部品にゴリッと擦れちまってさ。やばいと思ったけど、気づかれてないかもと思ってそのまま行こうとしたら、「おい待てや!お前、人のバイクに何しとんねん!」って囲まれちまった。一人のヤンキーが「まあ、お前根性あるわ!俺らなんか怖くないんやろ!」って肩組んできて、俺は「いや、怖いっすよー、兄さん、めっちゃ強そうですし」ってお世辞言ったんだ。

そしたらいきなり一人がバイクに乗って徳井の腕を掴んで、「自転車速くしたるで」と引っ張って走り出した。徳井は「勘弁してください、僕関係ないやないですか」って言ってたけど、バイクは速くて徳井の自転車も速く走り出した。やがて徳井は自転車から落ちて、道路の段差に足をぶつけて、右足の指がめちゃめちゃになった。「痛いー痛いー、俺は関係ないのに」と泣いてたけど、ヤンキーたちは「バックトゥザフューチャーみたいやった」と笑ってた。

俺はヤンキーの機嫌を取るために、「うわー、兄さんらスタントマンみたいな遊びですやん、バイクあるとこんなんできんねんな、俺も免許欲しいっすわ」と必死に言った。ヤンキーはニヤニヤしながら「次あいつな」と吉岡を捕まえた。すると、俺は背中を蹴られて転んだ。

「お前さっきから調子乗ってんちゃうか!」とヤンキーが俺を倒して柔道技かけてきた。「いたいー」と泣きながら石を取ったけど放した。「須磨のワールドカップ開催や」と言って頭を蹴られた。吉岡は鉄柱に頭ぶつけられ、抵抗せず泣いてた。徳井は動けず、ヤンキーたちは「根性ないのー」と笑いながら俺を蹴り続けた。その時、一台の車が走ってきて止まった。

車から降りてきた男は30歳くらいで、ヤンキーたちは「○○さん、こんばんわ!」と挨拶した。「おうおう、須磨海岸の王様、○○兄さんのお出ましや」と言いながら、倒れてた徳井を本気で蹴った。「いたいー」と徳井は悲鳴を上げた。

「どうしたん?道路で寝てるの?ひき殺して欲しいの?」と○○は徳井を踏みつけた。すると徳井はいきなりビクッとして動かなくなった。「おいおい、こいつ、死んだで!」○○は車に戻りながら「お前ら、殺人やで~かなんの~」とヤンキーたちに言い残して走り去った。

ヤンキーたちは「うわっ」と言いながら徳井の方に行き、皆バイクに乗って去って行った。俺は顔が痛くてしばらく横になっていた。吉岡は草むらでしゃがんだまま、徳井は動かない。10分ほど過ぎた。

暗い中、俺たちはそのままじっとしていたが、怖くなって「おい、徳井!」と呼んだが動かない。すると海岸の方からゴツッという音が聞こえてきた。「アンーーーミョーーージーーー」っていうお経みたいなのが聞こえてきて、全身緑の子供が走ってきた。めちゃくちゃ怖くなって目を閉じた。本当に怖かった。めちゃ小さい全身緑の子供が走ってきたんだ。

その子供が大きな声で「ジョーーーーーミーーーーーシンーーーーーー」と叫んで吉岡が泣き出した。怖くて目を開けると道路の向こうの電灯の下に人間がいっぱいいた。顔は宇宙人の顔みたいだった。

宇宙人みたいなのが皆で「アーーーアーーーーアーーー!」と叫び、徳井の所に走り出して泣き出した。俺は怖くなって自転車に乗って逃げた。後で吉岡から電話が来て、二人で公園前のファミマで会った。

次の日、徳井は亡くなった。でも、宇宙人が「ゆうきーーーーーー!」と泣いてる声が怖かった。徳井は徳井裕樹って名前なんだが、名前を知ってるのが本当に怖かった。あれは何だったんだろう。


後日談もあったけど、現実とは思えない奇妙な体験だった。警察に話したけど、通じたのかどうか。夜になると、あの時の光景が思い出されて怖くなる。窓を新聞で塞ぎ、家から海岸が見えないようにしてるけど、それでも怖い。みんなはどう思う?

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚, n+

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2024 All Rights Reserved.