ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 山にまつわる怖い話

ヒヒサル

更新日:

知り合いの話。

随分と前のこと、山間の集落にある親戚の家に泊めてもらったのだという。

その親戚は猟師をしていたが、その時は物忌みをして山に入っていなかった。

ヒヒサルを殺してしまったからだそうだ。

日本に狒々がいるのかと驚いて尋ねると、ヒヒサルというのは狒々のことではなく、歳経た古猿が化けた妖怪を指す言葉で、その谷独特の呼び名だという。

ただのヒヒとも、またオニサルとも呼ぶそうだ。

ヒヒは鉄砲で射抜いても死なず、山の獣を食い尽くして最後には自ら滅ぶという。

一種の猿神ともいえるので手を出せずにいたが、集落の赤子をさらったことがきっかけとなり、ヒヒが現れると速やかに滅ぼすことになったらしい。

武器ではヒヒを傷つけることはできないので、滅ぼす時は火を使う。

追い詰めたヒヒに、油を掛けて火をつけたのが彼だった。

山の神を殺したための物忌みと言う訳だ。

ヒヒが死ぬと、山荒れといって獲物がしばらく取れなくなるのだそうだ。

山菜だけの味噌汁をよそいながら、そう教えてくれたという。

狒々の伝承は、「猿聟入」の類話同様、全国にあるようです。

この話、聟殺しの話の類型になっているところも面白いですね。

これは、内容的に『キヒサル』の話と重なるところが多々ありますね。

  • 鉄砲でも死なない
  • 山の獣を食い尽くす
  • 火で殺す
  • 忌みごとが降り掛かる。

以前から『ヒサルキ』というモノは山との関わりが深いのではないか?
という風に考えていたので、一連の話には好奇心を刺激されます。

あと、異人伝承を連想させる点も興味深いですね。

先に述べた婿殺しの話は、異人殺しという風に読み解くことができるので、これらの話から、山に棲む異人の存在が浮かび上がってきそうです。

聟入のお話って、余所者(山から下りてきた者)を利用するだけ利用すると殺しちゃうって流れがほとんどですね。

当時の価値観が如実に現れているようで興味深いです。

よっぽど身分差別が酷かったんでしょうね。

そう考えると、ヒサルのヒの字は、エタ・ヒニンのヒに連なる可能性もあるのではないかと思えます。

これ以上言うと言葉狩りに遭いそうですな。(--;)

まあ、実際は『六部殺し』のお話の単なる変形バージョンなのかもしれませんが。

(了)

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 山にまつわる怖い話

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.