ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 ほんとにあった怖い話

立入禁止の地下一階

更新日:

その日は仕事帰りに、自宅近くのショッピングモールに買い物のために寄りました。

213: 本当にあった怖い名無し 2009/09/28(月) 00:04:30 ID:VfB2AjCs0

時刻は二〇時すぎだったと思います。

そのショッピングモールは、デパートというには小さすぎる地方の商業施設なのですが、普段着などのちょっとした買い物にはとても便利なので、私はちょくちょく利用していました。

建物は六階建てで、五階と六階が駐車場、商業施設は地下一階から地上四階までの五フロアです。

そして地下一階は現在改装中で立ち入り禁止となっていました。

モールは二十一時に完全閉店なので、二十時半くらいだったその頃はフロアのほとんどの店が閉店準備をしていて、緑色のネットがかけられていました。

私は四階で買い物を済ませたあと、店の人にも悪いし急いで帰ろうと、フロアの端にあるエレベーターへと向かいました。(エスカレーターは既に止められていました。)

エレベーターに乗り込むと、私は一階のボタンを押しました。

そのエレベーターには何度か乗ったことがあるのですが、窓がなくて息苦しいし、照明は暗いし、動きは遅いし音は大きいし、後ろについている鏡がやたらと大きいしで、あまり居心地のいいものではありませんでした。

エレベーターが動き出してからふとボタンを見ると、押した筈の一階にランプがついておらず、そのひとつ下の地下一階にランプがついていました。

押し間違えたんだなと思ってもう一度一階のボタンを押してみましたが、ランプはつきません。

エレベーターは低く稼働音を響かせてどんどん下降していきます。

そしてそのまま工事中で立ち入り禁止である筈の地下一階に到着し、扉がゆっくりと開きました。

工事中のそこは照明が一切ついておらず真っ暗で、誘導灯の灯りだけが緑色に光っていました。

もちろんテナントは一切なく、がらんとした空間が広がっています。

なんだか気味が悪くなったのですぐに閉ボタンを押して一階に上がろうと思ったのですが、扉が閉まりかけたその時、視界に何かが映りました。

暗闇に慣れていない目で最初はなんだかよくわからなかったのですが、どうやら閉まりかけのエレベーターに乗ろうと走ってきている人のようでした。

そこで私は開ボタンを押して待つことにしたのですが、暗闇に慣れてきた目でもう一度その人影をよく見てみると、走ってくるその人影はゆうに二メートルはありそうなほど背丈が高く、異様に頭が小さくて、とても痩せていました。

そんな姿をした人が真暗なフロアを、両手を後ろで組んだような感じで、くねくねと身をよじらせて倒れそうなのをこらえる感じでこちらに向かって移動してきていました。

Sponsored Link

怖くなった私は急いで閉ボタンを押しました。

それを見て急いだのか、それはより一層身をよじらせながらこちらに向かってきました。

私は怖くて怖くて何度も閉ボタンを押しました。

ようやくゆっくりと扉が閉まり始め、その時誘導灯の光に照らされてその人影の姿が少し見えたのですが、頭に髪の毛はなく坊主頭のように見えました。

それとよく見てはいないのですが、裸足だったことを覚えています。

扉が閉まった後も馬鹿みたいに閉ボタンを連打していたのですが、エレベーターは中々動きだしません。

私は一階ボタンを押すのを忘れていました。

慌てて一階ボタンを押したのと同時に、エレベーターの扉からドン!とものすごい力で叩いたような音がしました。

私はまたしても一階ボタンを連打しながら、一階に着いたと同時に走って外に飛び出しました。

その後はすぐに友達に連絡して、迎えに来てもらいました。

この話は友達にはしませんでした。

(了)

 

怪談社 乙の章 (恐怖文庫) 伊計翼

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, ほんとにあった怖い話

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.