ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 ミステリー

殺人光線Z!! 殺人兵器の秘密基地 島田研究所とは!? 太平洋戦争日本海軍の秘密

投稿日:

Sponsord Link

知られざる旧日本軍の最終兵器

[
出典:blogs.yahoo.co.jp/kakuchan1964]

1945年7月、静岡県島田市に爆弾が投下されました。

この爆弾は、2週間後に長崎に投下された原爆と、ほぼ同じ形、同じ重さの模擬爆弾でした。

なぜ、静岡県島田市が狙われたのでしょうか?

一説によると、「海軍の秘密研究所があったから」だと言われています。

のちに、ノーベル物理学賞を受賞する朝永 振一郎(ともなが しんいちろう)など、そうそうたるメンバーが集まっていました。

ここで何が研究されていたのでしょうか?

プロジェクトの名前は「Z」でした。

「Z」は、アルファベットの一番最後です。

「最終兵器」という意味があったというのです。

その「最終兵器」とはどんなものだったかというと、

「殺人光線」を作ろうとしていたのです。

「マグネトロン」という真空管で、強力な電波を発生させて、人を殺傷するというもの。


[出典:matome.naver.jp]


[出典:home.catv.ne.jp]

Sponsored Link

将来的には、「空を飛ぶ爆撃機に当てて撃ち落とす」ということも考えていたのですが、当時の技術で既に、数メートル離れた小動物を殺すことが出来たそうです。

結局、「殺人光線」が開発されることはなかったのですが、

戦後やってきたアメリカの調査団が研究所を訪れ、「マグネトロン」を発見し、大変驚いたそうです。

「日本には、こんな技術があるのか!」

「こんな恐ろしいものを作ろうとしていたのか!」

そこにあった研究資料をすべて本国に持ち帰り、その2年後、

アメリカのあるメーカーが、画期的な電化製品を発表しました。

一説には、それが「電子レンジ」だったと。

「電子レンジ」……マイクロ波で調理するもの

この特許を取ったのが、軍事製品メーカーでした。

このように、軍事目的で作られて、我々の生活が豊かになるものは結構あります。

カーナビについている「GPS機能」は、そもそも、ミサイルの命中精度をあげるために開発されたものです。

1980年代のアメリカ軍は普通に使っていたそうです。

そして、「ルンバ」というお掃除ロボットも、もともとは「地雷撤去」のために開発されたもの。

Fetch(フェッチ)という地雷探査ロボットの人工知能を活用しているのです。

これからも発表され続ける、我々の生活を豊かにするもの、もしかしたらその裏には、

もっと恐ろしい殺人兵器の開発があるのかも知れません。

[出典:central.or.jp]

ガンが動いてもレーザーが追いかける、癌治療の「サイバーナイフ」

もともとは、爆弾迎撃のノウハウからきているのです。

逃げる爆弾を追うという技術の応用から、サイバーナイフは完成しているのです。

ノーベル賞の創設者、アルフレッド・ノーベルは、ダイナマイトを発明して、巨万の富を得ましたが、

「殺戮兵器」を発明したことを悔いて、財産の大部分を寄与して「ノーベル賞」の賞金に充てるよう遺言を残しました。

(了)

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, ミステリー

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.