ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

凶悪殺人事件

犬鳴峠リンチ焼殺事件

更新日:

Sponsord Link

1988年12月7日の昼、犬鳴峠で福岡県田川郡方城町伊方の工員・Uさん(20)が焼死体で発見されました。

警察は田川地区の少年グループ5人(16~19歳)がUさんにガソリンをかけて焼き殺したと断定、殺人と監禁容疑で逮捕しました。

Uさんは親孝行な青年だったそうです。

事件発生時、Uさんは仕事を終えて帰路についたところでした……

事の発端は、たまたま信号で停まっていた車に乗っていたUさんにヤンキーたちが

「女を送るのにカッコつかんから車貸せ」

と言い出したことでした。

それを断ったUさんを、ヤンキーたちは暴行、拉致して連れ回し、更に暴行しました。

見張りのヤンキーの隙を見て逃げ出したUさんは、傷ついた体で歩いて家を目指しました。

しかし、通りすがりの車に助けを求めなかったUさんは、追ってきたヤンキーたちに再び拉致されてしまいます。

激怒したヤンキーたちは、Uさんを苅田港へ突き落とそうとしましたが、Uさんは死にたくない一心でフェンスにしがみつき、必死に暴行を耐えました。

その姿を見てさすがに憐憫の情が湧いたのか、それとも恐ろしくなったのか、

「もうよそう」と一人が言い出しましたが、主犯の男は犯行が発覚することを恐れ、

「俺たちは共犯だからな」

と仲間を脅してUさんを殺すことを決意します。

Uさんは車のトランクに押し込められ、クランクやレンチなどの工具で暴行を受けました。

ヤンキーたちは、最初は力丸ダムにUさんを沈めようとしましたが、死体が浮いたらばれるので、焼き殺して身元をわからなくしようと、ひと気のない廃道の旧犬鳴トンネルへと向かいました。

旧トンネルに着き、ガソリン(バイクがガス欠になったと嘘を言ってガソリンスタンドからペットボトルに入れて調達)を頭からかけられてUさんは恐怖で悲鳴をあげ、それは不気味な旧トンネルに大きく響き渡りました。

この事件が起こるよりもずっと以前から、この旧トンネルには怨霊にまつわる多くの話があります。

それもあってか、ヤンキーたちが一瞬ひるんだ隙にUさんは旧トンネルを走り抜け、雑木林に逃げ込みました。

ヤンキーらは「何もしないから出てこい。嘘じゃないから」と呼びかけます。

普通なら、ここまで暴行されて信じるはずがありません。

しかし、Uさんはそれを信じて姿を現してしまいました……

ヤンキーたちは、三度Uさんを捕まえ、口に破った服をねじ込み、手足を縛って石で頭を何度も殴りつけました。

その血しぶきはガードレールにまで飛び散ったと言われています。

それでも死ねず命乞いするUさんに、ヤンキーたちは更にガソリンをかけ、火を放ちます。

Uさんは助けを求めてもがき、激しくのたうちまわりました。

ガードレールには焼けこげた衣服などがこびりついていたと言います。

Uさんは苦しみに狂乱してトンネルの入り口まで走って逃げ出しますが、そこで力尽きて倒れてしまいました。

ヤンキーらは一旦そこを立ち去りますがUさんが死んだかどうかを確かめに戻っており、三回目でようやく動かなくなったのを見届けて福岡市内へ戻ったのだそうです。

その後、ヤンキーたちは飲み屋で

「さっき人ば焼き殺した!」と、ご機嫌に言い放ったのだとか。

Uさんの死因は頭からの出血ということでした。

失血死するまで生きたまま体を焼かれるという想像を絶する痛みと苦しみを受け続けたのです。

翌日昼、Uさんの遺体は発見され、その後ヤンキーたちは逮捕されました。

1991年3月8日、福岡地裁で行われた控訴審判決において、主犯(21、犯行当時19。福岡県田川郡の露天商手伝い)の男は一審で無期懲役を言い渡され、「確定的な殺意はなく、量刑は重過ぎる」と減刑を求めて控訴しましたが、前田一昭裁判長は「犯行は他に類例を見ないほど残虐。被告はその中心的な役割を果たしており、責任は重い」としてそれを棄却、他のメンバーも有罪となりました。

(了)

 



怖すぎる話 真夜中の都市伝説/松山ひろし

Sponsored Link

Sponsored Link

-凶悪殺人事件

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.