ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

中編 凶悪殺人事件

10歳の殺人鬼 メアリー・ベル事件

更新日:

Sponsord Link

Mary Flora Bell  マリー・ベル事件とは

1968年5月から7月にかけてイギリスで発生した殺人事件。11歳(初犯は10歳)の少女が3歳と4歳の男児を殺害した。

1968年5月、4歳の男児が薬物中毒死しているのが発見され、事故死として処理された。少女はこれに反発し、保育所を荒らし警察に対し挑発的なメモを残した。

7月31日3歳の男児の絞殺死体が発見され、少女が疑われた。警察の尋問を受けた少女が犯人しか知り得ないことを語ったことから逮捕された。

サディズムの傾向や、劣悪な家庭環境などが動機とされたが詳細は不明。故殺の罪で有罪判決を受け服役。

1977年に刑務所から脱走するが3日後に捕らえられる。1980年に出所。名前を変えて生活していたが、子供の成人を機に実名に戻り、自伝を出版した。

[出典:Wikipedia]

事件の詳細

1968年5月、空き家で4才になる幼児マーティン・ブラウンの遺体が発見された。

遺体の近くには、薬の空き瓶が転がっており、遺体の状態は口から血の混じった唾液が付着している以外、服も綺麗で、争った形跡も外傷もなかった為、警察はマーティンが誤って大量の薬を飲んでしまった事故死として処理された。

マーティンの事故死から数週間後、託児所が荒らされ備品や壊された掃除道具散乱している中に何枚かのメモ見つかった。

メモの内容は、マーティンが事故ではなく殺人であった事をほのめかすもの。

I Murder So That I May Come Back

 

We did murder martin brown

 

We murder watch out

警察はこれを悪質なイタズラとして処理する。

マーティンの事故死から二ヶ月以上経ったある日、3才の幼児ブライアン・ハウの遺体が発見された。

ブライアンの遺体はコンクリートブロックに横たわっており、長い葉と、周辺に生えていた紫の花で覆われ、鼻にひっかき傷、口には血の混じった唾液が付着し、首には絞められた痕があった。

さらに腹部には小さく『M』という字が刻まれた傷があった。

側の草にはハサミが置いてあり、片方の刃は折れ、もう片方の刃は曲がっていた。足にはいくつかの刺し傷も見つかった。

首を絞める力が弱く、刺し傷が極端に浅かった事など、この事件には、通常の殺人とは明らかに違う特徴があった。

これらの状況証拠から、警察は犯人は子供である可能性があると推測した。

これにより、周辺の子供たちに一斉に聞き込みが行われた。

警察は、10歳のメアリー・ベルから事情聴取を行った歳、歯の折れたハサミの話など犯人しか到底知り得ない事を話したことが決め手となり、殺人容疑で逮捕された。

逮捕されたメアリーは、自分が犯した殺人の詳細を恐ろしいほど饒舌に詳しく語り、取り調べを行った警察官が戦慄するほどであった。

メアリーは尋問を受けている間も、終始ニヤニヤと不敵な笑みを浮かべていたのである。

「メアリーには感情というものがありませんでした」

取り調べに付き添った看護婦は、当時を振り返り語った。

2件の殺人で有罪判決を受けたメアリーは矯正施設に送られた。

売春婦をしていたメアリーの母親は、17歳のときに父親不詳でにメアリーを産んだ。

幼いメアリーは母親の常用するドラッグを口に入れ、何度も生死をさまよっていた。

メアリーは母親に愛された経験がまったくなかった。

その後、メアリーは1980年に出所している。


Mary Bell インタビュー

関連書籍

裁判記録

 

出所後に書かれた伝記

Sponsored Link

Sponsored Link

-中編, 凶悪殺人事件

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.