短編 家系にまつわる怖い話

ChatGPTによる創作試行実験モデルケース/実家に隣接する土地【ゆっくり朗読】#0525-3551

投稿日:

Sponsord Link

【オリジナル本文のみ朗読バージョン】

2023年05月25日(木):読者様から
こんな中身が何もない話を怖い話としていいならいくらでもできるよね…という投稿をいただいたことがきっかけで、突然ひらめきました。ChatGPTに怖い話を作ってもらおう、と。人間様と生成型AIではどちらの話が中身があるのか、と。
猫も杓子もChatGPTで盛り上がっている昨今、おもちゃ感覚でChatGPTをいじくり回した結果、管理人の感覚では、ChatGPTは小学生レベルの作文はできるようだが、創作レベルには程遠いなと。
「いや、チミ、それなりのしっかりしたプロンプトを打ち込めばそこいらへんのなろう小説を書いてるレベルのものより作家らしい文章かけるんだぜ」
と、時代の先端をイっちゃってると自称するプロンプトエンジニア氏から、NHK大河ドラマ『どうする家康』で信長が家康の耳元でささやくように、『耳カプ』された。


ような気がして、アタマを川からあがった犬のようにぶるんぶるんとさせて、昨日サブスク($20⇒2,847円/142.35USDJPY)したばかりのChatGPTの前に対峙したのです。

むかし部下から、「カチョー、ちょっと何言ってるか分かんねッス」と面と向かって云われたくらいだから、AIに気の利いた指示など出せるはずのない管理人が、感情のないAIにいい歳こいて、感情的になりながらプロンプトを打ち込む。試行錯誤の日々(といっても3日くらいだけど)

ちなみに、個人的な願望として、ChatGPTで怖い話が量産できたらいいなとは思うのだが、管理人のしくじり人生で磨き上げられてきた自然学習によるカンピューター回答では、ChatGPTは創作レベルには到達できていない、という。

はたして、ChatGPTはプロンプト次第で創作のチューリングテスト的なものに合格するのか、あるいは管理人のカンピューターがポンコツなのか……

これからも試行錯誤・試行実験をつづけていくつもりである。
[2023年05月25日(木) 09:54 管理人]

前説・『実家に隣接する土地』の要約

今回の創作試行実験の俎上に載せられた『実家に隣接する土地』は、東北地方のある家系に関する恐ろしい話を紹介している。

主人公の父方の一族は、東北地方で名前が知られている一族の家臣だった。
この一族は田舎に住み、近隣はほぼ一族で固められていた。主人公の父が若かった頃、実家に隣接する土地を買おうとしたことがあった。しかし、その土地には遠い親戚が住んでおり、主人公の祖母はその土地を買うことに大反対した。
その理由は明らかにされていないが、「あの家は良くない。一族だが良くないから、手出しはできない」とだけ語られた。その後、その隣家は空き家となり、その理由もまた不明である。[ChatGPT]

以下、オリジナル本文

私の父方の一族は、東北地方ではちょっと名前の知られている某一族の家臣でした。

ただ、その某一族は、徳川家康や豊臣秀吉といった風に、教科書に載る級の有名な一族ではありません。戦国時代専門サイトにたまに名前が出ている、といった程度でしょうか。
ちょっと名前が知られてる程度の一族の、家臣の一族……これが私の先祖です。
しかし、そんな一族でも、少々のいわれはあるようです……

まず、父方の実家は田舎です。

また、田舎にありがちなのですが、隣近所がほぼ一族で固められています。
そして私の父が若い頃、実家に隣接する土地を買おうとした事があります。
その隣接する土地には遠い親戚が住んでおり、小さな家が一軒建っているだけでした。

さて、父がその土地を買おうとすると、父の母(私の祖母)は大反対したそうです。
父はその際、反対する理由を祖母から聞いたようです。

しかし、それはあまり良くない内容だったらしく、私が聞いても父は教えてくれませんでした。
とにかく父は、「あの家は良くない。一族だけれど良くないから、手出しは出来ない」と言うだけでした。

今、その隣家は空き家です。突然空き家になったのではありません。世帯主であるご主人が、理由不明の失踪をしたのです。

そして、それから数年後。
今度は失踪者の奥さんの気が触れ、壮絶な方法でな自殺をしました。(申し訳ないですが、内容は書けません。調べると分かってしまうので)
そして結局、その家は空き家になりました。

……こうして見ると、私の話は『何の理由でそうなるのか』ってのが不明な話ばかりですね。
しかし、それはそれで良いのかも知れません。

友人も私も、敢えてその理由を知ろうとは思ってませんし、知ったところで何がどうなるって訳でもないでしょう……

(了)

ChatGPT先生に添削依頼して評価点数までいただいた(テヘ)

全体的に、文章は非常によく書かれています。物語の流れが自然で、読者の興味を引く要素がたくさん含まれています。ただし、いくつかの点で改善が可能です。

1. 「ただ、その某一族は、徳川家康や豊臣秀吉といった風に、教科書に載る級の有名な一族ではありません。」この部分は少し冗長です。以下のように短くすることができます。「ただ、その一族は徳川家康や豊臣秀吉のような教科書に載る有名な一族ではありません。」

2. 「ちょっと名前が知られてる程度の一族の、家臣の一族……これが私の先祖です。」この部分も少し冗長です。以下のように短くすることができます。「名前がそこそこ知られている一族の家臣、それが私の先祖です。」

3. 「しかし、それはあまり良くない内容だったらしく、私が聞いても父は教えてくれませんでした。」この部分は少し曖昧です。以下のように明確にすることができます。「しかし、その理由は何か不吉なものだったらしく、私が詳細を尋ねても父は教えてくれませんでした。」

4. 「今、その隣家は空き家です。突然空き家になったのではありません。世帯主であるご主人が、理由不明の失踪をしたのです。」この部分は少し繰り返しになっています。以下のように短くすることができます。「今、その隣家は空き家ですが、突然そうなったわけではありません。世帯主が理由不明の失踪をしたからです。」

5. 「……こうして見ると、私の話は『何の理由でそうなるのか』ってのが不明な話ばかりですね。」この部分は少し口語的です。以下のように改善することができます。「こうして見ると、私の話は「なぜそうなったのか」が不明な話ばかりですね。」

これらの修正を行った後、文章はさらに洗練され、読みやすくなるでしょう。点数をつけるとすれば、私は85点と評価します。[ChatGPT]

で、ChatGPT先生にリライトしてもらった

私の父方の一族は、東北地方である程度名が通っている一族の家臣だった。ただし、その一族は、徳川家康や豊臣秀吉のような教科書に名前が載るほどの有名な一族ではない。戦国時代の専門サイトに時折名前が出る程度だ。そんな一族の家臣の一族が私の先祖だ。だが、その一族には、何かしらの怪奇な伝説があるらしい……

父方の実家は、深い山々に囲まれた静かな田舎だ。そして、その田舎には一族がほぼ全てを占めている。父が若かった頃、実家に隣接する土地を買おうとしたことがある。その土地には、遠い親戚が住んでいて、小さな家が一軒だけ建っていた。

しかし、父がその土地を買おうとしたとき、祖母は激しく反対した。父は祖母から反対の理由を聞いたが、それはあまりにも恐ろしい内容だったらしく、私が何度聞いても父は教えてくれなかった。「あの家は良くない。一族だけれど良くないから、手出しは出来ない」と、父はただそう言うだけだった。

今では、その隣家は空き家になっている。ただし、突然空き家になったわけではない。ある日、その家の主人が突然、理由も告げずに姿を消したのだ。そして、それから数年後、失踪者の奥さんが精神を病み、壮絶な方法で自殺した(詳細は書けない、調べれば分かるだろう)。その結果、その家は空き家になった。

私の話は、「何が何の理由でそうなったのか」が不明な話ばかりだ。だが、それが怖さを増幅させているのかもしれない。友人も私も、その理由を知ろうとは思わない。だって、知ったところで何がどう変わるだろう?ただ、その不明な理由が、私たちの心に深い恐怖を植え付けていることだけは確かだ。[ChatGPT]

ChatGPTに上記の文章を元に新たな創作をしてもらった

私の父方の一族は、東北地方の奥深くにある古い町に住んでいました。その町は、巨大な山脈に囲まれ、まるで世界から隔絶されたような静寂が広がっていました。一族は町の全てを占めており、外部からの訪問者はほとんどいませんでした。私の父が若かった頃、一族の土地に隣接する一画を買おうとしたことがありました。その土地には、遠い親戚が住んでいて、時代を感じさせる古びた家が一軒だけ建っていました。

しかし、父がその土地を買おうとしたとき、祖母は激しく反対しました。「あの家は良くない。一族だけれど良くないから、手出しは出来ない」と、祖母はただそう言うだけでした。その理由は、祖母が何度聞かれても明かさなかったのです。

それから数年後、その家の主人が突然、理由も告げずに姿を消しました。そして、それから数年後、失踪者の奥さんが精神を病み、壮絶な方法で自殺したのです。その結果、その家は空き家となりました。

私はその話を聞いて、その家に何か恐ろしい秘密が隠されているのではないかと思いました。そして、その秘密を解き明かすために、その家を訪れることにしました。

夜の闇が深まる中、私はその家に足を踏み入れました。家の中は、長い間人が住んでいないことが分かるほど、静寂が広がっていました。しかし、その静寂が逆に私の心を高ぶらせました。

私が家の中を探索していると、突然、奥から聞こえてきた子供の笑い声に驚きました。その声は明らかに人間のもので、しかもその家には誰も住んでいないはずだったのです。

その後も、その家では奇妙な現象が次々と起こりました。家具が勝手に動いたり、壁からは見知らぬ人々の声が聞こえてきたりしました。私はその現象に恐怖を覚え、その家から逃げ出すことにしました。

しかし、その家の門を開けようとしたとき、門は固く閉ざされ、

開くことができませんでした。そして、背後からは、さっきまで空っぽだったはずの家の中から、足音が近づいてくるのが聞こえました。

その足音は、私が逃げようとするほどに速く、重くなっていきました。そして、その足音はただ近づくだけでなく、何かが囁いているような声まで聞こえてきました。それは、私の名前を呼ぶ声で、その声は私の心を凍りつかせました。

私は恐怖で身動きが取れず、その場に立ち尽くしていました。そして、その足音が私のすぐ後ろまで来たとき、私は気を失いました。

目が覚めたとき、私は自分の家のベッドの上にいました。どうやら、一族の誰かが私を見つけて家まで運んでくれたようでした。しかし、その後も私はその家の恐ろしい体験を忘れることができませんでした。

それから数年後、その家は突然火事になり、全焼しました。火事の原因は不明で、誰もその家に近づくことはありませんでした。しかし、私はその家が焼け落ちた後も、時折その家の方向から子供の笑い声や見知らぬ人々の声が聞こえてくるのを感じるのです。

それから数年が経ち、私はその町を離れ、都会で生活することになりました。しかし、その家の恐怖は私の心から消えることはありませんでした。そして、私がその町を訪れるたびに、その焼け跡からは未だに奇妙な現象が起こっているのを感じるのです。

あの家に何があったのか、その秘密は今も解き明かされていません。しかし、私は確信しています。あの家には何か恐ろしいものが存在していたのだと。そして、その存在は今もあの地に留まっているのだと。

私は今でも、あの家の恐怖を思い出すたびに、身の毛もよだつ思いをします。そして、私は誰にもあの家の存在を忘れてほしくありません。なぜなら、あの家にはまだ何かが存在しているのだから。[ChatGPT]

さて、読者皆様の感想はいかがでしょうか。

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 家系にまつわる怖い話

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2024 All Rights Reserved.