ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖いお話.net【厳選まとめ】

短編 ほんとにあった怖い話

鳴り釜【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link

今から20年ほど前、兵庫県東部を流れる武庫川が集中豪雨の影響で大増水した。

12 :あなたのうしろに名無しさんが……:03/05/27 19:10

この豪雨はあちこちで路面冠水や民家の浸水を引き起こし、かなりの被害を出した。

中でも最悪の悲劇は、西宮市塩瀬町生瀬で発生した土石流による被害であった。

国道176号線を宝塚駅から3キロほど北上すると、太多田橋という交差点がある。

そこを左折すると、名勝"蓬莱峡”を経て有馬温泉へ抜ける峠道となる。

その途中にいくつかの採石場があり、そこの作業員数名が件の集中豪雨による土砂崩れに飲み込まれ、帰らぬ人となったのだ。

土石流に飲み込まれた彼らは、武庫川の支流である太多田川に流され、そのまま増水した本流に巻き込まれた。

轟々と流れる濁流が、行方不明者の捜索を大変困難なものにした。

そして、犠牲者の全員が発見されたのは、事故から数日後のことだった。

ある者は延々と武庫川の河口まで流され、最後に発見された遺体は神戸港湾内まで押し流されていた。

事故からどれくらい後のことだったか定かではないが、私はとあるテレビ番組を観ていた。
いわゆる昼間のワイドショーだが、内容は心霊モノの特集のようだ。

生放送でスタジオと中継地を結び、レポーターがなにやら神妙な顔をしてしゃべっている。

中継地は西宮・仁川の熊野神社である。

自分の地元がとりあげられていると知って、私はがぜん興味をそそられた。

しかし私にとって、それは非常に後味の悪い経験となってしまった。

神妙な面持ちのレポーターが企画の趣旨を説明している。

「……さて、こちらの熊野神社には不思議なものが祭られています。
『鳴り釜』というこの神器は、この世に未練を残して亡くなった、浮かばれない霊魂を鎮める力があると言うのです」

レポーターの後方へカメラがズームする。

神官が大きな釜の前で祝詞をあげている。

すると、不思議なことにその釜が、かすかに音を発している。

おお――ん……おおーーんん……

中継はクライマックスを迎えつつあった。

祝詞もその調子をいっそう高めてゆく。

レポーターが続ける。

「……今回は特に、先頃土砂崩れに巻き込まれて亡くなった方々の霊を慰めるために、
鳴り釜の神事を行って頂いております。
犠牲者の方々の無念な思いは……」

しかしこの後、思いもよらない結末に、この放送に携わった者、いや、神官までもが驚愕することとなったのだ。

うおおおおーーーーーんん!! ぐおおおおおーーーーーーんん!!!
ぐうぅおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉーーーーーーーんんん!!!!

戸惑うレポーター。スタジオも騒然としている。

神官の顔に、明らかに焦りの色が浮かんでいる。

鎮魂がなされると鳴り止むはずの釜。その後も一向に鳴り止む気配がない。

それどころか、ますます轟音で響き続ける。

予期せぬ事態に中継はカットされ、気まずい空気のスタジオがその場を取り繕っていた。
人の思いとは、そんなに簡単なものではないのだ。

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, ほんとにあった怖い話
-

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2022 All Rights Reserved.