ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 ほんのり怖い話

イタデン遊び【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link

小学生の頃、ランダムに電話番号押して、繋がった相手にイタ電する遊びを思いついたんだ。

954名前:本当にあった怖い名無し:2005/11/01(火)20:10:32ID:VomXfRko0

最初は一人でやってたんだけど、ある日、友達呼んで3人でやることに。

で、あたしが電話番号を適当に押したら繋がって、機械じゃなくて、自分の声で吹き込んだらしい女の人の留守電メッセージが流れた。

それはいたって普通の女性の声で、メッセージもありきたりだった。

でも、子供だし馬鹿だから、「これはおもしろい!」って、なんか盛り上がっちゃって、バーカ!死ね!とか叫んで切ったんだけど、ちょっと物足りない気がして、ディスプレイに表示されてた番号を控えて、また今度ここにかけてやろう!

みたいな約束をして、その日は終わった。

それから一週間くらいして、また同じ3人で集まって、例の遊びをすることに。

メモしてた番号にかけると、前と同じ女性の声で留守メッセージが流れたんだけど、今度は、一緒に居た友達の男の子にイタズラボイスを入れてもらうことにした。

彼は小6のわりに声変わりが早くて、すでに成人男性のような声をしてたから、こりゃいいな!って、あたしもまた馬鹿みたいに一人で盛り上がっちゃって、その電話はいったん切って、喋る内容を考えることにした。

おもいっきり低い声で、不気味にやってな!

あたしのその注文に、彼は見事に答えたくれた。

「お前を殺す・・・・絶対にな・・・・フフフ・・・・
覚悟しとけよ・・・・絶対に殺してやるからな!!!!」

横で聞いてても怖くなるくらいドスが効いてて、あたしはそれが面白くもあり、ちょっとやり過ぎたかなっていう感もあった。

でも、留守電の声の女は、帰宅してこのメッセージを聴いたらさぞ怖がるだろうなぁ~って、そのことを考えたらワクワクしちゃってね・・・今考えれば、あんなこと喋らせるなんてほんとに馬鹿だったなって後悔してる。

当時、ちょっと後悔してたこともあって、それ以来あたしはこのイタズラをやめてた。

でも、ある日家で夕飯を食べてたら、電話が鳴って、お母さんがでたのね。

しばらくして食卓に戻ると、お母さんが何とも言えない表情をしてるわけ。

気になったから「どうしたの?」ってきいたら、
「何かねぇ~・・・たぶんイタズラと思うけど・・・
女の人が何かよく分からないことをブツブツ言っててね・・・」

あたしはすぐあの事を思い出した。

子供だったし、どうにかしてあの女が家の番号しらべて、仕返ししてるんじゃないかって。

イタズラのことをお母さん言おうかとも思ったけど、怒られるんじゃないか、そして何よりも、仕返しっていう行為自体が恐ろしくて言えなかった。

結局その時は何も言わず、お母さんも不気味がってはいたけど、すぐにケロっともとに戻ってたから、あたしもすっかり忘れて夜を迎えた。

その日の夜、また電話が鳴った。

家は母子家庭で2人家族、部屋も狭いし、当時お母さんと同じ部屋に寝てて、電話(固定)は枕元のすぐ傍にあった。

着信音のボリュームを最高にしてたから、まずその音に驚いてあたしが目を覚ました。

とにかく怖かった・・・家には普段からあまり電話がかかってこなかったし、部屋の時計を見ると午前3時を過ぎてて、そんな時間に電話がかかってきたのなんて初めてだった。

絶対にあいつしかいないって思ったよ。

電話の着信ベルの音はかなり大きいのに、お母さんは目を覚まさないし、自分が出るなんてありえなかったから、あたしはこのまま無視してれば相手も諦めるかと思って、布団にもぐって耳を手でふさいで丸くなってた。

でも、全然音がやまない。

はっきりした時間まではわからないけど、たぶん5分くらい・・・とにかくずっと鳴り続けてた。

すごく怖かったけど、ようやくお母さんが目を覚まして電話を取った。

あたしも布団から出て、お母さんの持ってる受話器の横に耳を当てて、聴こえてくる音に耳をすました。

最初は何も聴こえなかったんだけど、しばらくすると、鈴虫かコオロギみたいな、虫の鳴き声が聞こえてきたの。

その間、お母さんは「もしもし?」って何回か言ったんだけど、返事はなかった。

しびれを切らしてお母さんが電話を切ろうとしたとき、ちょうど受話器から音が……

「ふぅ~」って感じの、鼻息っぽい音。

お母さんがもう一回「もしもし?」っていうと、またあの「ふぅ~」っていう、耳障りな音がする。

しかも、それはこっちの言葉を無視するように断続的に続いて、しばらくすると、何か興奮した人間の荒い呼吸音みたいになってきてね。

さすがにお母さんも不気味に思ったのか、「いい加減にして!」って怒鳴って、電話を切ったんだけど……

何分も経たないうちに、また電話が鳴った……

「ちょっと何なん・・・」

そう言ったお母さんの顔も不安そうだったけど、あたしは死ぬかと思うほど怖かった。

そして、また母さんが受話器を取ると、今度はいきなり女の甲高い笑い声が聴こえてきた。

受話器に耳をつける必要もないくらい、ものすごく大きな声だった。

狂った人間の笑い方って表現が一番しっくりくるような感じ。

あたしは悲鳴を上げて後ろにのけぞって、お母さんも受話器を落とすほど驚いてた。

畳の上に落ちた受話器から女の不気味な、まるで奇声みたいな笑い声が響いてたけど、お母さんがそれを拾い上げて何か言おうとしたそのとき、受話器の向こうから聴こえた……

「殺してやる!!!!」

今度はお母さんも悲鳴をあげた。

殺してやる。そういった直後、電話の向こうで何かを叩きつけるような音がして、その電話は切れた。

あたし達二人で、唖然としてしばらく言葉がでなかった。

だって、最後に殺してやるって叫んだ声は、女の声じゃなかったんだもの。

間違いなく男で、すごく低くて、割れた声。悪魔のような声だった……

しばらくして、気を取り直したお母さんが警察へ通報して、あたしも言わなきゃ何か起こりそうで怖かったから、正直にイタズラのことも話した。

すっごく怒られたけど、あの電話の恐ろしさに比べればどうってことなかった。

それ以来、何も起こることなく平和な毎日を過ごしてるけど、あれは強烈に怖かった~

以上です。

962名前:本当にあった怖い名無し:2005/11/01(火)21:10:13ID:h7jHbzzW0
>>957
これまでの内容だとナンバーディスプレイの既にあった時代かどうか分からないので
ほんのり加減が不明だ

966名前:954:2005/11/01(火)21:42:23ID:VomXfRko0
>>962

7年前の話です。ちなみに、夜にかかってきた電話は公衆電話からのもので、隣の市からかけられたものだったようです。そして、イタズラ電話をした時の、留守電の声の女性の所にも、お母さんと一緒に謝罪に行きました。まったく普通の女性だったけど、その人の住んでる家から、家にかかってきた公衆電話のある位置は、かなり近かったです……

 

 

 

 

※註:管理人コメント
ナンバーデスプレイは1998年2月1日より日本全国でサービスを開始しています。
投稿者によれば、1998年頃のお話だというのですから、被害のあった女性がナンバーディスプレイを利用していた可能性はありえます。
あるいは、最後にかかってきた相手の電話番号を音声で知らせるサービス『ナンバーお知らせ136』を利用すれば可能です。(136をダイヤルすれば自動音声で教えてくれる)

被害者女性はいずれかの方法でいたずら電話の発信番号を突き止めたと思われますが、警察に通報しなかったことから、子供のいたずら電話だと気づいていたのではないでしょうか。それでこのクソガキを懲らしめるために、仕返しをしたと思われます。

開始早々のナンバーデスプレイサービスを利用していたかまたは『ナンバーお知らせ136』のサービスを知っていたことから、性格的に進取の気性がありかつまた粘着的で、イタ電と見抜くところ頭もキレ、攻撃的でやられたらやり返す執拗さがある女性だったのだと思います。

身元を特定できないように公衆電話から……というのも相当気合が入っています。
現代でいえばネット人格というやつでしょうか、実際はごく普通の女の人なのに、子供相手に仕返しをするというあたりよく考えると怖いものがあります。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, ほんのり怖い話
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2021 All Rights Reserved.