ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

夜明け前の手|大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談10

更新日:

Sponsord Link

第10話:夜明け前の手

いつのことだったか、あまりはっきりとは覚えていませんが、多分15~6歳の冬だったように思います。

その日とても疲れていた私は夕食を食べるとすぐ9時位に居間のこたつで眠ってしまいました。

そして明け方、充分に寝た私は目を覚ましました。

というか、正確には頭だけ起きた、という状態です。

もう少し寝起きの余韻を味わっていたかったので、体を動かさず、目も閉じたままでボーッとしていました。

そこへ手がやってきたのです……

といっても、目を閉じているわけですから見たわけではありません。

でも、手だと感じたんです。

それは南の方角から、右の手首一つだけ、すごい勢いで走ってきました。

そして私のところまで猛スピードで走ってくると、いきなり私の左腕をすごい力でガシッと掴むと、思いっきり揺さぶるんです。

私は何が何だか分からないうえに、恐怖のあまり目も開けられずに、声も出ませんでした。

それに身体は、本当に揺すられて、揺れていました。

その手首は、手の大きさや力の入れ具合から、かなり体の大きな男の人の手であるように感じました。

そのうえ、何故か手首から先がないことが分かるんです…分かりたくもないのに……

5秒程ガシガシと揺さぶられたとき、その手首が来た方から、またもう一つの手首がくるのを感じました。

すると、今私の腕を掴んでいた手は何故か私を放し、逃げるように北へと走り去ったのです。

次の手……

またこれも右の手首だけなんですが、その手首がやって来て驚きました。

その手は、もう何年も前に亡くなった、ひいお婆ちゃんの手だったんです。

さっきの手より一回り小さく、皺くちゃで温かい手でした。

私はまだ怖くて目を固く瞑っていたのですが、ひいお婆ちゃんの手はそんな私の腕を、さっきの手が掴んでいたところを、しばらく優しく撫でてくれました。

そして、また同じように北へと走り去ったのです。

私は夢でも見たのか、それとも家族が私を揺すったのだろうと思い、すぐ目を開けました。

でも、誰も居間に来た様子は全く無く、時計を見ると、まだ午前4時……

誰も起きてくるはずのない時間です。

「やっぱり夢か~」

と思ったそのとき、私は自分が無意識のうちに、左腕の掴まれた部分を摩っているのに、気が付きました。

腕を見てみると、男の人の爪の跡がクッキリと残っていたのです。

しばらくしてすぐに消えましたが、私はそれ以後、居間で眠れなくなったというのは言うまでもありません……

[出典:大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談~]

大幽霊屋敷 ~浜村淳の実話怪談~ 一覧はこちら

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.