ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

飛頭蛮(ひとうばん)

更新日:

Sponsord Link

中学生の時の体験。

私の部屋と父の部屋はフスマで仕切られている。

私はいつものように、いつもの時間に寝た。

深夜、ふと目が覚めた。フスマから漏れる光がまぶしかったせいだ。

また父親がTV付けっぱなしで寝てるのか、と思いTVを消しに父の部屋に入ろうとフスマをそっと開けた。

すると……

父親の頭だけが空中に浮き高速で回転しながら部屋をぐるぐる回っていた。

光はその頭全体から放たれていた。

顔は笑っていた。

胴体は布団に横になったままだった。

あまりの驚愕に声すらでず、なぜか、父と目があったら殺されると思いフスマを閉めた。

午前三時。当然眠れない。隣の部屋からはまだ光が漏れている。

父が起きる6時まで、布団をかぶって『稲中卓球部』を見つつ気を紛らわす事にした。

外が明るくなり、六時になった。

父は起き抜けに一本タバコを吸う。その臭いがフスマから漏れて来た。

恐る恐るフスマを開けた。

父は私を見て「おはよ」と言った。

頭は胴体にくっついていつもの父親だった。

安堵と共に涙がでてきた。

深夜に起こった出来事を話すと、急に嫌悪感まるだしの表情に。

「そんなデタラメあるわけないだろう。朝から馬鹿なこと言ってんじゃない」

と怒り始めた。

私は泣きながら何度も「首、痛く無い?」と聞いたが、怒るだけ。

その後、父親は特に病気になるでもなく、今も生きている。

……あれはなんだったのだろうか。

細かく言うと、頭は光りっぱなしではなくすごい勢いで点滅してました。

暗闇でTVを見る時、チカチカするでしょ?あんな感じでした。

つけっぱなしかと思っていたTVは消えてました。

Sponsored Link

飛頭蛮とは

140819_004

「ぬけくび」とも呼ばれ、ろくろ首の原型とも言われる中国の妖怪。

昼は普通の人間であり、夜になると突然意識を失い、首が胴体から離れ、飛び去る。

そして蚯蚓、百足などを食し、朝になると胴体に戻り、人として目覚めるという。
本人には自覚するところはないという。

(了)

 

恐怖通信鳥肌ゾーン(4)図書館版 [ 東雅夫 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.