ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

ついてきた影|大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談14

更新日:

第14話:ついてきた影

ワタシが大学時代に住んでた学生寮っていうのは、かなりへんぴな所に建っててね。

都心部から30分以上も電車に乗って、それからまたバスに乗り換えて、それで10分位の場所にあった。

最寄りの駅から学生寮までの途中に、でっかい橋が一つある。

長さは100メートル以上もあったかなぁ。

片側一車線だけど、かなり幅は広いんだよ。

ところが実はこの橋、自殺の名所として結構有名でね、少なくとも学生達はそういうふうに信じてた。

その大半が、首吊り。

橋の上からは手摺に括りつけた縄しか見えないわけだし、要するに川原に下りても、背の高い雑草がガーッと生えててさ……

で、結局遺体が何週間も放置されたままになったり……

ってそういうこともあったらしい。あくまで、らしいという話だけどね。

で、そういう噂の全てが真実であるとは限らない、けれど……

でも、学生達がそんな噂をする程、その橋で奇妙な体験をした学生っていうのは結構多かった。

で、ある深夜のことだ。

ワタシが住んでた学生寮のドアを叩いて回る奴がいるんだよ。

でも誰かの家を訪ねてきたみたいな、そんな感じじゃないんだよ。

何故かっていうと、廊下に並んでるドアを端から

『ダンダンダンダンッ! ダンダンダンダンッ! ダンダンダンダンッ!』

って叩いて回ってるんだよ。

誰だぁ!?って思ってね。

起きてる連中もいるんだよ。でも、寝込んでた、もう寝ちゃってた連中もいるからね。

で、「何事だろう?」と思って飛び出したんだよ。

ドア叩いてたのは同期の学生だったんだよ。

で廊下へ飛び出して行ってさ、ワタシもいたんだよ。

で、取り囲んで「おいっ何だよ!?どうしたんだよ?」って言ったら、

そいつ、俺達が囲んでるその真ん中に座り込んで、オイオイ泣き出しちゃったの。

で、何を言うかっていったら

「助かったぁ、助かったぁ」って言うんだよ。

「あ~助かったぁ、これで助かったぁ」って……

おかしいなと思って、落ち着かして「一体どうしたんだよ?」って聞いたら、ようやく今自分が見てきた事っていうのを話し始めたんだよ。

彼はその日、町に遊びに行ってたんだよ。

で、終電で駅に帰ってきて、自転車で学生寮に戻るとこだったの。

まぁバスない時間だからね。

古い住宅地を抜けて……

で、橋に差し掛かったの。問題のあの橋だよ。

車道の横を走ってる歩道を、走ってたんだって、自転車で。

で、真ん中辺りを過ぎた頃かな、何か見慣れないものがあるなっていうのに気がついたの。

橋の向こう岸に電柱が建ってるんだけどね、その電柱の上の方で何かが揺れてるんだよ。

かなりデカかったって言ってたけどね。背丈くらいあるんだって、人間の。

でそれが、何か知らないけど電柱の横でフワ~ン、フワ~ンって

ゴミ袋か何かが風に飛ばされたのかな?

って思ったんだけど、そんな物があんな高い所まで上がるっていうのは、よっぽど強い風が吹かないと、そこまで上がらないからね。

「な~んだろう~?」と思って……だんだん近づいてくる……

そうすると、その輪郭っていうのが分かってきたんだって。ゾ~っとしたってさ。

だって、人の背丈くらいっていうのはドンピシャだったのよ。人間だったんだよ!それ!

で、しかも首がガクって横に倒れてて、「首吊りだ!」って思ったんだって。

でも、どうも普通の首吊りじゃない。何故かって腕の格好が変なんだよ。

両腕が水平になってて、でも肘から下はダラっと真下に垂れてんの。

要するに、横の棒が折れた十字架みたいな形になってるんだよ。

で、そんな姿勢で、そいつが電柱の天辺からぶら下がってるんだよ。

怖っ!

って思ったんだけど、流石に止まれなかったんだって、パニックだよね。

で、ブレーキも握れないし、ペダル踏む足を止めることもできないで、ドンドンドンドン近付いて行っちゃう。

で、真下を通過する辺りで、もっと恐ろしい事に気がついちゃったの。

ぶら下がってるんじゃないんだよ!浮いてるんだよ!

電柱から、ちょっと離れた空間に、そいつがその格好で浮かんでたんだよ!

「うわぁぁぁ!!」って声上げて、ペダル踏みこんで、川を背にしてダーっと走ったんだよ。

学生寮までは、ずうっと田んぼが続くの。

人の家なんてほとんどない、街灯も少ないの、ほとんど真っ暗だよ。

で、その中を必死になってペダル漕いだ。

振り返れなかったって言うの。

そりゃそうだよね、後ろから追っかけて来るかもしれないんだもん。

で、あんまり怖くって、前だけ見てダーっと走ってたんだけど……

周囲に家が見えてきて、学生寮の灯りも見えてきた。

「助かったぁぁ~」と思って、ようやくホッとしてペダル踏んでる足が、ちょっと緩くなったの。

で速度が落ちてくるでしょ?

で前だけを必死に見てたその視線ていうのを、ちょっと前に落としちゃったんだって。

そしたらさ、自分の乗ってる自転車のライト、そのライトが落とす光が、路面にあるじゃない?

その中に、影がある……

その影っていうのは、何て言うのかな。

人型に切り抜いた紙をライトにベタっと貼り付けたみたいにして、影があるの。

その影は、さっき見た、首を折って、横に伸ばした腕の肘から先を垂らした、その姿だったの。

で、彼は、自転車を放り出して、寮のドアを叩いて回ってたんだって……

[出典:大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談~]

大幽霊屋敷 ~浜村淳の実話怪談~ 一覧はこちら

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.