ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 山にまつわる怖い話

クタクタクタ

更新日:

Sponsord Link

今から三年位前かな?怖い思いをしました。

244 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] :04/06/28 16:01 ID:WWgN1yuu

当時高校三年生だった私(男)はGW中に一人でキャンプに行きました。

マウンテンバイクに装備一式を積んで、さあ出かけよう!と思った瞬間に、タイヤがものすごい音をたててパンク。

出鼻をくじかれて半泣きになりながら、修理をして出かけました。

今でもパンクした時、あきらめときゃよかったと思います。

私は海沿いの道まで出ると、海沿いに北上しました。

しかし十キロほど走ったところで、またパンク。

私の修理の仕方が悪かったのか?

と思い、三キロほど歩いてやっと見つけた自転車屋でなおしてもらうと、私が修理したところとは別にもう一箇所パンクしていたようです。

気を取り直してまた走り出し十五キロほどいったところで、山道に入る分かれ道にきたので海に背を向け山を目指しました。

二時間ほど山道を登ると某公園があり中にキャンプ場を発見。

しかしGWはシーズンではないため閉まっていました。

仕方なくもう少し進み小川を見つけたのでそこに泊ることにしました。

その小川は杉林の中にあり熊笹が近くに茂っていました。

そこで熊笹と川辺の境にテントを組み立てシチューを作り、その日は早めに寝ました。

その夜私は突然ガサガサという変な物音で目が覚めました。

だいたい深夜一時半ぐらいだったと思います。

その夜は満月ではありませんでしたが、月明かりでテントに熊笹の影がしっかりと映っていました。

その熊笹の影が音と共に揺れています。

私は「狸でもきたのかな?」と思ったのですが違いました。

その音はテントのまわりを犬が走るぐらいのスピード?で回っているんです。

熊笹を揺らすガサガサという音と川原の石を蹴る音が、交互に聞こえてきます。

しかもそれは段々テントに近づくように回っています。

そしてそれはまた別の音を出し始めました。

その音は

クタクタクタクタクタ

っという変な鳴き声?でした 。

私は恐怖でどうする事も出来ず、テントの外の熊笹が揺れるのを見ていました。

その音がテントにさらに近づいたとき、音の主らしき影がテントに映りました。

小さな人のような二本足の動物で、全身に毛が生えているらしいことが影から確認できました。

そしてその影はまさに、テントに触る直前の距離で突然 、バシュッと音をたてて消えてしまいました。

私はその後大声で歌い怖さを紛らわせて、明るくなると同時に荷物を片付けて山を下りようとしました。

鍋に半分残しておいたシチューが洗ったかのように無くなり、マウンテンバイクはまたパンクしていました。

ちなみに自転車はパンク修理せず、簡易ボンベで空気だけ入れて何とか走るようにしました。

シチューの鍋は何故か近くの杉の木の、四メートルぐらい上の枝に引っかかっていました。

どうやって家に帰ったかは覚えていませんが、やっとこさ家に帰りテントを洗うためにもう一度広げると、テントの天井にペットボトルの蓋ほどの小さな赤茶色の手形がびっしりとついていました。

あれは何だったのでしょうか?

今でも思い出すと怖いです・・・・

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 山にまつわる怖い話

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.