ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 山にまつわる怖い話

Kさんの夢【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link

1998年10月、台風10号が中国地方を直撃しました。

156 :04/01/23 15:32

事の起こりは、台風通過の翌日18日の夜。私が見た夢。

夢の中に、かつて私が『師匠』と呼んで慕っていた恩人で、2年前に亡くなったKさんが出て来た。

全身ずぶ濡れになって、生前私には見せた事の無いような困り切った顔で、
「頼むから何とかしてくれへんかな?」
と言って、フッと消えたのです。

何の事かさっぱり判らず、翌日仕事中、夢の意味を考えていたのですが、結局判らないまま次の晩を迎え、ベッドに入りました。

すると、またKさんが夢に出て来ました。

今度は顔を真っ赤にして、
「あんたも相変わらずニブイ奴やな!人がなんとかしてって言うてんねんから、何とかしたらどないやねんな!」
と1人で勝手に怒鳴り散らして、フッと消えてしまいました。

流石に二晩連続で同じ夢を見ると(しかも相手の怒りはエスカレートしそう)気になるという以上に、超常的なコトではないかとさえ思ってしまいます。

悩んだ末、同じく大阪に在住するKさんの妹Yさんに電話した。

すると驚いた事に、Yさんも二日続けてKさんの夢を見たと言う。

二日目の夢の中で「何ボンヤリしてんねんな!」と殴られたとか。

「多分、台風のせいで何かが起きている」という事で意見は一致しました。

更に、大阪では被害は無かったのだから、
『これはKさん姉妹と私の実家がある岡山で何かあったんだろう』という結論に達し、
Yさんに、実家の状況を電話で聞いてもらう事にした。

すると、
『台風の被害は甚大。幸い家そのものには大した影響は無かったが、近くの川(旭川という川がある)は数十年ぶりに洪水を起こし、裏山は鉄砲水や土砂崩れの被害があって、未だに入る事が出来ない』
との事。

Kさんのお墓は裏山の中腹にある。

幸いと言うべきか、その週の土曜に実家の岡山に帰る用事があったので、Yさんとも相談の上で、とにかくKさんの墓参りをする事になりました。

土曜日、Kさんの実家に向かい、Yさんと合流後、Kさんのお墓がある裏山に登りました。

洪水の跡があちこちに見受けられ、墓地への細い道も所々で寸断されています。

時折前触れ無く踏み締めた地面が崩れたりと、スリル満点な登山になってしまいました。

Kさんのお墓の前に立った時、私もYさんも言葉を失いました。

墓石だけが、完全に吹き飛ばされていたのです。

土台の方は問題無かったのですが、墓を開いて石室の中を確認すると、石室の底から10センチ程水が溜まっていたので、すくって出しておきました。

墓石は2人で持ち上げるのが精一杯。とても元通りにする事は出来ません。

仕方なく一旦山を降り、Yさんのご両親に相談する事にしました。

近所の方も集まってくれて、総勢10名程で再び山に戻り、墓石を元通りに直す事が出来ました。

私は仕事の都合で、その日のうちに大阪に戻ったのですが、Yさんによれば、「翌日、お坊さんを呼んで供養してもらった」との事です。

以来、Kさんは夢には出てきて居ません。

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 山にまつわる怖い話
-,

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2021 All Rights Reserved.