短編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚 n+

夢の中の警告

更新日:

Sponsord Link

私が見た夢の話だ。

それは幼い頃、5~6才の頃に見た夢で、小学校に入る前だったことを覚えている。夢の内容は、どこか知らない道を見知らぬ女性と延々と歩き続けるというものだった。右手には車の走っていない道路があり、左手には3~40メートルの切り立った岩山がそびえ立っていた。その岩山の頂上には建物が建っていた。

その女性は学生服を着ており、年齢は10代後半だと思われる。彼女はずっと笑顔で何か話しかけてくれていたが、その会話の内容は覚えていない。ただ、彼女が「右足には気を付けてね」と言ったことだけは鮮明に覚えている。

夢の中で私たちは真っ直ぐ歩いて行き、左手に工事現場が見えてきたところで目が覚めた。当時は子供だったが、その夢はなぜか印象的で記憶に深く刻まれた。

その後、山での暮らしが始まり、様々な体験をしたが大きな怪我などはなかった。しかし、数年前に右足に違和感を覚え、整形外科でレントゲンを撮ったところ、通常の人よりも小さな骨が一本多くあることが分かった。それが違和感の原因だった。医師は「もっと遅れて来ていたら手術が必要だったが、今の状態ではギプスで固定するだけで大丈夫だ」と言った。私はギプスの面倒さからそれを断った。

それからしばらく経ち、再び例の夢を見た。今回は前回目が覚めた工事現場の横から歩き始めた。女性は相変わらず笑顔で話しかけてきたが、今回は「何があっても味方だから」という主旨の言葉をかけてくれた。その言葉に、不本意でも誰かに迷惑をかけるのではないかと心配になり、この話を書き込むことにした。余談だが、女性の服装は学生服から白いワンピースに変わっていた。

夢と現実の間には、不思議なつながりがあることを感じることがある。

その一つが、古代ギリシャの神殿、デルフォイの神託所だ。神託所では、予言者たちが神からのメッセージを受け取り、人々に伝えていた。彼らの予言は、時に夢の中で訪れることもあり、その内容が現実に影響を与えると信じられていた。

私が見た夢も、どこか神託のようなものだったのかもしれない。右足に気を付けるようにという警告が、現実の怪我を予見していたとは。夢の中の女性が話しかけてきた言葉は、まるで古代の予言者のように感じられる。彼女の存在が私にとってどれほど重要であったかは、夢の再現によってさらに明確になった。

古代の知恵から学ぶことがあるように、私の夢も何か重要なメッセージを伝えているのだろうか。それを解き明かすことが、これからの私の課題となるだろう。

その夢を見た後、私は再び右足の違和感を感じ始めた。

今回は以前よりも強く、日常生活に支障をきたすほどだった。再度整形外科を訪れると、医師は驚いた様子で「骨の状態が悪化しています。すぐに手術が必要です」と言った。夢の警告が現実となり、私は手術を受けることになった。

手術は無事に終わり、リハビリ期間を経て、再び普通に歩けるようになった。しかし、その後も夢は続いた。夢の中の女性は、今度は私を古びた図書館へと案内した。そこには古代の書物が並び、夢の中でしか読めない不思議な言葉が書かれていた。

ある日、その図書館で一冊の古い本を見つけた。

その本には、私の右足と同じ症状を持つ人々の記録が綴られていた。彼らは皆、夢の中で同じ女性と出会い、同じ警告を受けていた。さらに驚くべきことに、その本には、私と同じように手術を受けた人々が、その後異常な能力を身につけるという記述があった。

私はその能力を試すために、日常生活で意識的に右足を使うようにした。すると、驚くべきことに、右足に触れるものが一瞬で修復されるようになった。壊れた時計や割れた花瓶が、右足で触れるだけで元通りになるのだ。

この能力を持つ人々は、古代から続く秘密の集団「レギオン」と呼ばれており、世界中に散らばって活動しているという。本に書かれていた連絡先に手紙を送ると、数日後に返信が来た。レギオンの一員であると認められ、私は彼らの秘密の会合に招待された。

会合で出会った仲間たちは、私と同じように特別な能力を持ち、世界の裏で様々な活動を行っていた。彼らの話を聞くうちに、私の能力がどれほど重要であるかを理解した。これからは、レギオンの一員として、私の能力を活かして人々を助けることが私の使命となったのだ。

この一連の出来事は、まるで夢の中の出来事のようだが、すべて現実の出来事である。夢と現実が交錯する中で、私は新たな人生の章を歩み始めた。この物語が、誰かの心に響き、新たな道を開くきっかけとなることを願っている。

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚, n+

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2024 All Rights Reserved.