n+

白い影の守護霊:見える人が語る真実

更新日:

Sponsord Link

高校の時に、クラスに「見える」人がいたんだ。

彼女は時々、「守護霊を見てあげるよ」なんて言って、みんなの興味を引いてた。ある日、俺もその話に乗ってみた。

彼女はまず、他の三人に守護霊のことを語った。最初の子は「守護霊はおばあちゃん」って言われて、二人目は「幽霊を撥ね退けるタイプ」とのこと。三人目には「蛇が絡みついてる」って言われたんだ。後で分かったんだけど、その子は本当に蛇のタルパを作ってたらしい。

俺の番が来た時、彼女は驚いた顔をして、「お前、霊が列を作ってるぞ!守護霊なんて、最後尾でプラカード持ってるみたいだし。右には白い狐、左には白い人がいる」と笑いながら言った。白い人の身長は180~190センチで、幽霊を食べるほど強い存在だと言われた。

さらに、彼女は「お祓いをした方がいい。怖い話には関わるな。白い人はたまに狐に怒られている」とアドバイスしてきた。でも急に、「この話はもうしない。白い人に睨まれた。気付かれたくなかったみたい」と言って話を切り上げた。

内心、「ラノベみたいだな」と思いつつ、「幽霊か分からないけど、行くべき所に行ってくれるならいいか」と考えた。その時、彼女が驚いた顔で、「お前、何を思った?白い人が笑顔でお前の首に手を回してる」と言ったんだ。それで話は無理やり終わった。

それ以来、彼女とは疎遠になっちゃった。まあ、そんなに怖くない話だけどね。

さて、実はこの話の前にもう一つ不思議な体験があるんだ。ある夜、金縛りにあったんだけど、澄んだ声で「人を怨んではいけないよ」って言われたんだ。声の主は真っ白な服を着ているようで、至近距離から息遣いが感じられた。でも、目を開けていないのに白い服だと分かったんだよな。そして、頭を撫でられた瞬間、金縛りは解けた。

もし、この白い服の人物が「見える人」が言ってた白い人と同じなら、悪い存在じゃないのかもしれないな。

Sponsored Link

Sponsored Link

-n+

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2024 All Rights Reserved.