ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

右腕と右足

更新日:

右腕と右足を無くした人の本がある。

リアル中学生だった数年前に、近所の古本屋でマンガの単行本を数冊買って帰ったんです。

その時はあるマンガのシリーズを5,6,7,8巻みたいに通しで買ったんで、家に帰って古いのから順番に読み始めました。

それで2冊を普通に読み終わって、3冊目を手にとってペラペラめくってるうちに段々と怖くなって来て、その本を持ってるのも嫌になり、中学生の時からしたら結構遅い時間(夜の12時ぐらい)だったにも関わらず家を出て、その本を近所の公園に即行で捨てに行きました。

何故、急にその本を持ってるのも嫌になるぐらい怖くなったのかというと、マンガでも小説でもああいうカバーがついてる単行本って、まず開くと目次とかの前に何も無いスペースがありますよね。右側にカバーが引っ掛かってて。

その何も無いスペースに、変な事が書いてあったんです。

初めの単行本を開いたところに、

「痛い嫌だ信じられない嘘だ信じられない、嘘だ痛いもう嫌だ嘘だ眠い嫌だ信じたくない、眠い嫌だ痛い眠い嫌だ眠い…」

って延々と。

その時点で「うわ、気持ちわる」とか思ったんですけど、まぁ前に持ってたやつのイタズラだろ、とか思って大して気にせずに読み始めたんですが、マンガの中身は中身で、マンガに出てくる登場人物というかマンガの中の全ての人間の「右腕と右足」が、黒のマジックで雑に真っ黒に、腕と足の元の絵が全然見えなくなるまで塗り潰されていたんです。

……という話を、高校生の時に友達の家に数人で泊まった時に友達が話してくれました。

俺は、「うわ、気持ち悪いなぁ。その人事故かなんかで右手と右足が無くなったんやろなぁ。だから痛いとか、嫌やとか書いてあって。…ほんで、ほんまにそんな本買うてしもたん?」ってそいつに聞いたら、

「いや、昨日自分で考えてきた話やで(笑)」って言ってました。

でも、その数日後、その友達は事故で……

(了)

実話怪談師の恐怖譚 庚の章 伊計翼

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.