ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

前ぶれ|大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談33

更新日:

Sponsord Link

第33話:前ぶれ

これは私の友人の体験だ。

現在は音信不通になっちゃってるんだけどね……

彼が、実家へ帰省した時に体験した話だそうだ。

彼の実家はかなり大きな、古い日本家屋で。

ところが、彼がその時、本郷に返った時には実家を離れてずいぶん経ってたんで、結局彼の部屋は物置になっちゃってたんだってよ。

で、彼は来客用の寝室に寝ることになった。

客間に接して仏間がある。

で、彼がその部屋に入った時には布団が既に敷かれてた。

枕元は襖を隔てて廊下、それから足元は襖を隔ててその向こうが仏間……

要するに仏間に脚向けてたんだよな。

そのせいか知らないけど深夜、真夜中に何故か目が覚めちゃったんだよ。

部屋には時計がないの。時間が分からないから枕元に置いた腕時計を見ようとして……

で、その時に気が付いた……

身体が動かない……

金縛りだねぇ。

彼、金縛りっていうのは初めての経験だったんで、かなり怖かったと。

そしたら

チーン……

ていう音が聞こえる。

足元の方から、要するに襖を隔てた隣の部屋から聞こえるんだよ。

仏壇の鐘の音なんだよこれがね。

エエッ!?と思った次の瞬間に、金縛りの状態のまんまで上半身がガバッと起きちゃったの。

誰かに引っ張り起こされたみたいに、意思とは関係なく、起きちゃったんだって……

それだけじゃないんだよ。

目の前に襖があるだろ?その襖がスパーンと左右に開いたら仏間……

その奥の仏壇の前に、お婆さんが正座してる。見たことないお婆さんだよ。

で、そのお婆さんがいきなり膝立ちになって

ガガガガガガって彼に向かって走ってくるんだよ。

激突寸前まで老婆が近づいてきて、その瞬間に彼、気失っちゃったの……

気がついたら次の朝だよ。

足元の襖っていうのは閉じてるしね……

「なぁんだ、夢かー」って思ってフッと気がついたら……

布団がめくれてるんだよ、腰の辺りまで。

丁度さ、上半身を起こすと布団がずり落ちるじゃない?

そのずり落ちた布団を、そのまま戻さないで寝ちゃったみたいな形だったの。

ところが話はこれだけじゃ終わらなかった。

帰省から帰って、街へ戻ってまた通勤の毎日になる……

問題はその初日だ。

エレベーターで自分の勤めるオフィスに向かうんだけどね、エレベーターに乗ったのは彼一人だったんだよ。

ずーっとエレベーターが上昇していって……

4階に行きたいんだけど、誰かが乗り込んでくるんだろうねぇ、誰かが呼んでるみたいで3階辺りまできた時にエレベーターがずーっと速度を落としたの。

チーン……

て鳴って目の前のドアがガーッと左右に開いたら目の前の廊下にお婆さんが座ってて、そのお婆さんが膝立ちでガガガガガガ!!

……気が付いた時にはエレベーターの中に座り込んで気を失ってたの。

でも彼はそのお婆さんが誰なのか全く知らないんだって……

[出典:大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談~]

大幽霊屋敷 ~浜村淳の実話怪談~ 一覧はこちら

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.