ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

長編 定番・名作怖い話

危険な好奇心~中年女の呪い【定番・名作】

更新日:

Sponsord Link

秘密基地

801 本当にあった怖い名無し 2006/04/22(土) 03:48:18 ID:moTdWLP+O

……といっても結構本格的で、複数の板を釘で打ち付けて、雨風を防げる三畳ほどの広さの小屋。

放課後、そこでオヤツ食べたり、色本読んだり、まるで俺達だけの家のように使っていた。

俺と慎と淳と、野良犬二匹で、そこを使っていた。

小学校五年生の夏休み

秘密基地に泊まって遊ぼうと言うことになった。

各自、親には「だそれその家に泊まる」と嘘をつき、小遣いをかき集めてオヤツ、花火、ジュースを買って、修学旅行よりワクワクしていた。

夕方の五時頃に学校で集合し、裏山に向かった。

山に入ってから一時間ほど登ると俺達の秘密基地がある。

基地の周辺は二匹の野良犬(ハッピー♂タッチ♂)の縄張りでもある為、基地に近くなると、どこからともなく二匹が尻尾を振りながら迎えに来てくれる。

俺達は二匹に「出迎えご苦労!」と頭を撫でてやり、うまい棒を一本ずつあげた。

基地に着くと、荷物を小屋に入れ、まだ空が明るかったのでのすぐそばにある大きな池で釣りをした。

まぁ釣れるのはウシガエルばかりだが。

ちなみに釣ったカエルは犬の餌……

釣りをしていると、徐々に辺りが暗くなりだしたので、俺達は花火をやりだした。

俺達よりも二匹の野良の方がハシャいでいたが。

結構買い込んだつもりだったが、三十分もしないうちに花火も尽きて、俺達は一旦小屋に入った。

夜の秘密基地というのは皆はじめて。

山の奥地ということで、街灯もなく、月明りのみ。聞こえるのは虫の鳴き声だけ。

簡易ライト一本の薄明るい小屋に三人。

最初は皆で菓子を食べながら、好きな子の話、先生の悪口など喋っていたが、静まり返った小屋の周囲から、時折聞こえてくる

「ドボン!」(池に何かが落ちてる音)や

「ザザッ!」(何かの動物の足音?)に俺達は段々と恐くなって来た。

しだいに、

「今、なんか音したよな?」

「熊いたらどーしよ?!」

など、冗談ではなく、本気で恐くなりだしてきた。

時間は九時、小屋の中は蒸し暑く、蚊もいて、眠れるような状況では無かった。

それよりも山の持つ独特の雰囲気に俺達は飲まれてしまい、皆、来た事を後悔していた。

明日の朝までどう乗り切るか俺達は話し合った。

結果、小屋の中は蒸し暑く、周囲の状況も見えない(熊の接近等)為、山を下りる事になった。

もう内心、一時も早く家に帰りたい!と俺は思っていた。

懐中電灯の明かりを頼りに足元を照らし、少し早歩きで俺達は下山し始めた。

五分ほどはハッピーとタッチが俺達の周りを走り回っていたので心強かったが、少しすると二匹は小屋の方に戻っていった。

普段何度も通っている道でも、夜は全く別の空間にいるみたいだった。

幅三〇センチ程度の獣道を足を滑らさぬよう、皆無言で黙々と歩いていた。

そのとき、慎が俺の肩を後ろから掴み「誰かいるぞ!」と小さな声で言ってきた。

俺達は瞬間的にその場に伏せ、電灯を消した。

耳を澄ますと確かに足音が聞こえる。

「ザッ、ザッ、」

二本足で茂みを進む音。

その音の方を目を凝らして、その何者かを捜した。

俺達から二、三〇メートル程離れた所の茂みに、その何者かは居た。

懐中電灯片手に、もう一方の手には長い棒のようなものを持ち、その棒でしげみを掻き分け、山を登っているようだった。

俺たちは始め恐怖したが、その何かが人間であること。

また相手が一人であることから、それまでの恐怖心はなくなり、俺たちの心は幼い好奇心で満たされていた。

俺が「あいつ、何者だろ?尾行する?」と呟くと、二人は「もちろん」と言わんばかりの笑顔を見せた。

微かに見える何者かの懐中電灯の明かりと草を書き分ける音を頼りに、俺達は慎重に慎重に尾行した。

その何者かは、その後二十分ほど山を登り続け、立ち止まった。

俺達はその後方三〇メートル程の所に居たので、そいつの性別はもちろん、様子等は全くわからない。

かすかな人影を捕らえる程度。

ソイツは立ち止まってから背中に背負っていた荷物を下ろし、何かゴソゴソしていた。

「アイツ一人で何してるんだろ?クワガタでも獲りに来たんかなぁ」と俺は言った。

「もっと近づこうぜ!」と慎が言う。

俺達は枯れ葉や枝を踏まぬよう、擦り足で、身を屈ませながら、ゆーっくりと近づいた。

俺達はニヤニヤしながら近づいていった。

頭の中で、その何者かにどんな悪戯をしてやろうかと考えていた。

その時、

「コン!」

甲高い音が鳴り響いた。

心臓が止まるかと思った。

「コン!」

また鳴った。

一瞬何が起きたか解らず、淳と慎の方を振り返った。

すると淳が指をさし、「アイツや!アイツ、なんかしとる!」と。

俺はその何者かの様子を見た。

「コン!コン!コン!」

何かを木に打ち付けていた。

いや、手元は見えなかったが、それが【呪いの儀式】というのはすぐにわかった。

と、言うのも、この山は昔から【藁人形】にまつわる話があるからだ。

あくまで都市伝説的な噂だ…とその時までは思っていたが。

俺は恐くなり、「逃げよ」と言った。

しかし慎が「あれ、やっとるの女や。よー見てみ」と小声で言い出し、

さらに淳が「どんな顔か見たいやろ?もっと近くで見たいやろ?」と悪ノリしだし、

慎と淳はドンドンと先に進み出した。

俺はイヤだったが、ヘタレ扱いされるのも嫌なんで渋々二人の後を追った。

その女との距離が縮まるたびに「コン!コン!」という音以外に聞こえてくる音があった。

いや、音と言うか、女はお経のようなものを呟いていた。

少し迂回して、俺達はその女の斜め後方八メートル程の木の陰に身を隠した。

その女は肩に少し掛かるぐらいの髪の長さで、痩せ型、足元に背負って来たリュックと電灯を置き、写真のようなものに次々と釘を打ち込んでいた。

すでに六~七本打ち込まれていた。

その時!

「ワン!」

俺達はドキッとして振り返った。

そこにはハッピーとタッチが尻尾を振ってハァハァいいながら「なにしてるの?」と言わんばかりのな顔で俺たちをみつめていた。

と、次の瞬間!

慎が「わ゛ぁー!!」と変な大声を出しながら走り出した。

振り返ると、鬼の形相をした女が片手に金づちを持ち、

「ア゛ーッ!!」

みたいな奇声を上げ、こちらにむかって走って来ていた。

俺と淳もすぐさま立ち上がり慎の後を追い、走った。

が、俺の左肩を後ろから鷲づかみされ、すごい力で後ろに引っ張られ、俺は転んだ。

仰向きに転がった俺の胸に『ドスっ』と衝撃が走り、俺はゲロを吐きかけた。

何が起きたか一瞬解らなかったが、転んだ俺の胸に女が足で踏み付け、俺は下から女を見上げる形になっていた。

女は歯を食いしばり、見せ付けるように歯軋りをしながら

「ンッ~ッ」と何とも形容しがたい声を出しながら、俺の胸を踏んでいる足を左右にグリグリと動かした。

痛みは無かった。

もう恐怖で痛みは感じなかった。

女は小刻みに震えているのが解った。

恐らく興奮の絶頂なんだろう。

俺は女から目が離せなかった。

離した瞬間、頭を金づちで殴られると思った。

そんな状況でも、いや、そんな状況だったからだろうか、女の顔はハッキリと覚えている。

年齢は四〇ぐらいだろうか。

少し痩せた顔立ち、目を剥き、少し受け口気味に歯を食いしばり、小刻みに震えながら俺を見下す。

俺にとってはその状況が十分……二十分……?

全く覚えてない。

女が俺の事を踏み付けながら、背を曲げ、顔を少しずつ近づけて来た。

その時、タッチが女の背中に乗り掛かった。

女は一瞬焦り、俺を押さえていた足を踏み外し、よろめいた。

そこにハッピーも走って来て、女にジャレついた。

恐らく、二匹は俺達が普段遊んでいるから人間に警戒心が無いのだろう。

俺はそのすきに慌てて起きて走りだした。

「早く!早く!」

と離れたところから慎と淳がこちらを懐中電灯で照らしていた。

俺は明かりに向かって走った。

「ドスっ」

後ろで鈍い音がした。

俺には振り返る余裕も無く走り続けた。

慎と淳と俺が山を抜けた時には時を回っていた。

足音は聞こえなかったが、あの女が追い掛けてきそうで、俺達は慎の家まで走って帰った。

慎の家に着き、俺は何故か笑いが込み上げて来た。

極度の緊張から解き放たれたからだろうか?

しかし、淳は泣き出した。

俺は「もう、あの秘密基地には二度と行けへんな。あの女が俺らを探してるかもしれんし」

と言うと淳は泣きながら

「アホ!朝になって明るくなったら行かなアカンやろ!」と言い出した。

俺がハァ?と思っていると、慎が俺に

「お前があの女から逃げれたの、ハッピーとタッチのおかげやぞ!お前があの女に後から殴られそうなとこ、ハッピーが飛び付いて、代わりに殴られよったんや!」

すると淳も泣きながら

「あの女、タッチの事も、タッチも……うっ……」と号泣しだした。

後から慎に聞くと、

走り出した俺を後から殴ろうとしたとき、ハッピーが女に飛び付き、頭を金づちで殴られた。

女はなおも俺を追い掛けようとしたが、足元にタッチがジャレついてきて、タッチの頭を金づちで殴った。

そして女は一度俺らの方を見たが、追い掛けてこず、ひたすら二匹を殴り続けていた。

俺達はひたすら逃げた。

慎は、朝になったら山に入ろうといった。

もちろん、俺も同意した。

しかし、そこには、さらなる恐怖が待っていた……

興奮の為、明け方まで眠れず、朝から昼前まで仮眠を取り、俺達は山に向かった。

皆、あの『中年女』に備え、バット・エアガンを持参した。

山の入口に着いたが、慎が「まだアイツがいるかも知れん」と言うので、いつもとは違うルートで山に入った。

昼間は山の中も明るく、蝉の泣き声が響き渡り、昨夜の出来事など嘘のような雰囲気だ。

が、『中年女』に出くわした地点に近づくにつれ緊張が走り、俺達は無言になり、又、足取りも重くなった。

少しずつ昨日の出来事が鮮明に思い出す地点に差し掛かった。

バットを握る手は緊張で汗まみれだ。

例の木が見えた。女が何かを打ち付けていた木。

少し近づいて俺達は言葉を失った。

木には小さな子供(四、五歳ぐらいの女の子)の写真に無数の釘が打ち付けられていた。

いや、驚いたのはそれでは無い。

その木の根元にハッピーの変わり果てた姿が……

舌を垂らし、体中血まみれで、眉間に一本、釘が刺されていた。

俺達は絶句し、近づいて凝視することが出来なかった。

蝿や見たことの無い虫がたかっており、生物の『死』の意味を俺達は始めて知った。

俺はハッピーの変わり果てた姿を見て、今度中年女に会えば、次は俺がハッピーのように……と思い、すぐにでも家に帰りたくなった。

その時、淳が「タッチ……、タッチの死体が無い!タッチは生きてるかも!」と言い出した。

すると慎も「きっとタッチは逃げのびたんだ!きっと基地にいるはず!」と言い出した。

俺もタッチだけは生きていて欲しい!と思い、三人で秘密基地へと走り出した。

秘密基地が見える場所まで走ってきたが、慎が急に立ち止まった。

俺と淳は「!中年女?!」と思い、慌てて身を伏せた。

黙って慎の顔を見上げると、慎は「……なんだあれ……?」と基地を指差した。

俺と淳はゆっくり立ち上がり、基地を眺めた。

何か基地に違和感があった。

何か……基地の屋根に何か付いている……

少しずつ近づいていくと、基地の中に昨夜忘れていた淳の巾着袋が……

淳はいつも菓子をこれに入れて持ち歩いている。

それが基地の屋根に無数の釘で打ち付けてあるではないか!

俺達は驚愕した。

『この秘密基地、あの中年女にバレたんだ!』

慎が恐る恐る、バットを握り締めながら基地に近づいた。

俺と淳は少し後方でエアーガンを構えた。

基地の中に中年女がいるかもしれない。

慎はゆっくりとドアに手を掛けると同時に、すばやく扉を引き開けた。

「うわっ!」

慎は何かに驚き、その場に尻餅を付きながら、ズルズルと俺達の元に後ずさりをしてきた。

俺と淳は何に慎が怯えているのか解らず、とりあえず銃を構えながら基地の中をゆっくりと覗いた。

そこには変わり果てたタッチの死体があった。

「うわっ!」

俺と淳も慎と同じような反応をとった。

やはりタッチも眉間に五寸釘が打ち込まれていた。

俺はその時、思った。あの中年女は変態だ!いや、キチガイだ!

普通、こんなことしないだろう。

とてつもない人間に関わってしまったと、昨夜、この山に来た事を心から後悔した。

しばらく三人ともタッチの死体を見て呆然としていたが、慎が小屋の中を指差し、

「おい!!あれ……」

俺と淳は黙りながら静かに慎が指差す方向を覗き込んだ。

基地の中……壁や床板に何か違和感が……何か文字が彫ってある……

近づいてよーく見てみた。

『淳呪殺淳呪殺淳呪殺淳呪殺淳呪殺……』

無数に釘で『淳……呪……殺』と壁や床に彫ってあった。

淳は「え??……」と目が点、というか、固まっていた。

いや、俺達も驚いた。なぜ名前がバレているのか!

その時、慎が「淳の巾着や、巾着に名前書いてあるやん!」

「?!」

俺は目線を屋根に打ち付けられた巾着に持って行った。

無数に釘で打ち付けられた巾着には確かに【五年三組 五十嵐淳】と書かれてある。

淳は泣き出した。

俺も慎も泣きそうだった。

学年と組、名前が中年女にバレてしまったのだ。

もう逃げられない。俺や慎の事もすぐにバレてしまう。

頭が真っ白になった。

俺達はみんなハッピーやタッチのように眉間に釘を打ち込まれ、殺される……

慎が言った。

「警察に言おう!もうダメだよ、逃げられないよ!」

俺はパニックになり

「警察なんかに言ったら、秘密基地の事とか昨日の夜、嘘付いてここに来た事バレて親に怒られるやろ!」

と冷静さを欠いた事を言った。

いや、当時は何よりも親に怒られるのが一番恐いと思っていたのもあるが……

ただ、淳はずっと泣いたまま、

「ッヒック、ヒック……」

何も掛ける言葉が見つからなかった。

淳は無言で打ち付けられた巾着を引きちぎり、ポケットにねじ込んだ。

俺達は会話が無くなり、とりあえず山を降りた。

淳は泣いたままだった。

俺は今もどこからか中年女に見られている気がしてビクビクしていた。

山を降りると慎が

「もう、この山に来るのは辞めよ。しばらく近づかんといたら、あの中年女も俺らの事を忘れよるやろ」と言った。

俺は

「そやな、んで、この事は俺らだけの秘密にしよ!誰かに言ってるのがアイツにバレたら、俺ら殺されるかもしれん」

慎は頷いたが淳は相変わらず腕で涙を拭いながら泣いていた。

その日、各自家に帰り、その後、その夏休みは三人で会うことは無かった。

その二週間後の新学期

登校すると、淳の姿は無かった。

慎は来ていたので、慎と二人で「もしかして淳、あの女に……」と思いながら、学校帰りに二人で淳の家を訪ねた。

家の呼び鈴を押すと、明るい声で「はぁーい!」と淳の母親が出て来た。

俺が「淳は?」と聞くと、おばさんは

「わざわざお見舞いありがとねー。あの子、部屋にいるから上がって」

と言われ、俺と慎は淳の部屋に向かった。

「淳!入るぞ!」

淳の部屋に入ると、淳はベットで横になりながら漫画を読んでいた。

以外と平気そうな淳を見て俺と慎は少し安心した。

慎「何で今日休んだん?」

俺「心配したぞ!風邪け?」

淳「……」

淳は無言のまま漫画を閉じ、俯いていた。

そこにおばさんが菓子とジュースを持ってきて、

「この子、一〇日ぐらい前からずっとジンマシンが引かないのよ」と言って「駄菓子の食べ過ぎじゃないのー?」と続けた。

笑いながらおばさんは部屋を出ていった。

俺と慎は笑って

「何だよ!脅かすなよー、ジンマシンかよ!拾い食いでもしたんだろ?」

とおどけたが、淳は俯いたまま笑わなかった。

慎が「おい!淳どうした?」とたずねると淳は無言でTシャツを脱いだ。

体中に赤い斑点。確かにジンマシンだった。

俺は「ジンマシンなんて薬塗ってたら治るやん」と言うと、

淳が、「これ、あの女の呪いや……」と言いながら背中を見せて来た。

確かに背中も無数にジンマシンがある。

慎が「何で呪いやねん。もう忘れろ!」と言うと淳は「右の脇腹見て見ろや!」と少し声を荒げた。

右の脇腹……たしかにジンマシンが一番酷い場所だったが、なぜ『呪い』に結び付けるかが解らなかった。

すると淳が「よく見ろよ!これ、顔じゃねーか!」

よく見て俺と慎は驚いた。

確かに直径五センチ程の人、いや、女の顔のように皮膚がただれて腫れ上がっている。

俺と慎は「気にしすぎだろ?たしかに顔に見えないことも無いけど」と言ったが、

「どー見ても顔やんけ!俺だけやっぱり呪われてるんや!」と言った。

俺と慎は淳に掛ける言葉が見つからなかった。

と言うより淳の雰囲気に圧倒された。

いつもは温厚で優しい淳が……少し病んでいる。

青白い顔に覇気のない目、きっと精神的に追い詰められているのだろう。

俺と慎は急に淳の家に居づらくなり、帰ることにした。

帰り道、俺は慎に「あれ、どー思う?呪いやろか?」と聞いた。

慎は「この世に呪いなんてあらへん!」と言った。

なぜかその言葉に俺が勇気づけられた。

それから三日過ぎた。

依然、淳は学校には来なかった。

俺も慎も淳に電話がしづらく、淳の様子は解らなかった。

ただクラスの先生が「風疹で淳はしばらく休み」と言っていたので少し安心していた。

しかし、この頃から学校で奇妙な噂が