ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

中編 都市伝説

でんでん【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link

※注意:今から先日私が体験した事を書きますが、これを読んで何か起きたとしても責任もてないので読みたくない人は読まないでください。

私は東京都の西にある市に住んでいます。

573:本当にあった怖い名無し:2016/03/14(月)06:49:30.93ID:nK5sxf0G0.net[1/3]

そこが地元の友人と私を含めた3人の合計4人で昨年末お酒を飲んだ時に聞いた「でんでん」という話です。

話をしてくれたのはその市が地元の友人で友人の祖父から聞いた話らしいのですがこの話を聞くと「でんでん」というものが夢に出てくるという話でした。

この話を聞いてから数日以内に夢の中で自分が通学や通勤やコンビニに行く時なんかに使ってる道が出てくるそうです。

大体がある程度まで先を見通せる一本道らしいんですがその道の向こうから還暦なんかの時に着る赤いちゃんちゃんこってありますよね。

あれを羽織った中肉中背の何かが両手の甲を上にした状態で腕を振りながら「でんでん、でんでん」と音を立てながら走ってくるそうです。

夢の中の自分は金縛りにあったような感じになりその場を動けないそうですがその何かは自分にどんどん近づいてきます。

この「でんでん」という音は太鼓の音に近いのですが鈍い音です。

近づいてくるにつれて顔や髪型なんかもよく見えるようになります。

「でんでん」は短髪で釣り目の小さい目で口元はにっと笑っており裸足で肌着とももひきの上に赤いちゃんちゃんこを着ているそうで外見に関してはほとんどの人が同じものを見るそうです。

夢は「でんでん」の顔が目の前にきてぶつかる!って思った瞬間に覚めます。

話を聞いた時はお酒せいもありキャーとかワーとか言うだけでただの怖い話程度に思っていました。

ですが私はこの話を聞いた2日後にこの「でんでん」が夢に出てきました。

前述した話とまるで同じででてきた場所もよく行くお気に入りの定食屋に行くまでの道そのものでした。

私は怖くなってしまいすぐにこの話をしてくれた友人に電話をかけました。

友人はすぐ電話に出ててくれて慌てる私の話を聞くと、怖い思いをさせてごめんと何度も謝りながらもし本当にそういう夢を見てしまったなら可能な限り早くその夢と同じ場所に行き「でんでんぶつかってごめんね。危ないからお家へお帰り」と3回心の中で唱える必要があるそうです。

大事な事でこれを行う時に守るルールがあるらしく

・赤い物を身につけないこと。

・夕日が沈む前に行うこと。

・3回心の中で唱える際に目をつぶること。

・唱え終わるまで絶対に目を開けないこと。

これらをきちんと行えば何事もないそうなのですがこれらを行わないと悪い事が起きるそうです。

友人は実際に夢で見たことがあるらしく前述したルールを守ったおかげか何事もなく一度その夢を見てからは同じものが夢に出てきたことは無いそうです。

私は夢にでてきた場所が自転車で10分ほどの所だった事もあり夢を見たその日のうちに話をしてくれた友人と一緒にその場所に行き前述した事を実行しました。

友人の都合もあり14時ぐらいになってしまったのですが夕日が沈む前でしたしルールを守ってちゃんと3回心の中で唱えることができました。

翌日実家に帰ることになっていたのですが予定を早めてその日の家に実家に帰りました。

その後、年が明けちゃんとするべき事をしたせいか何事も無く過ごしていたのですが3が日も終わり東京に帰ろうかと思っていた矢先、携帯にこの話を一緒に聞いた友人の一人から連絡がきました。

仮に英子としておきます。

普段はラインでの連絡が多いのですがこの日は珍しく電話でした。

電話に出ると英子は慌てた様子ででんでんの話を聞いたもう一人の翔子と連絡が取れないと言うのです。

英子と翔子はバイトなどがあり年末実家に帰らなかったようなのですがその日一緒に買い物や初詣に行くと約束していたらしく、私に連絡が入っていないかとの事でした。

連絡がきてない事を伝え私からも連絡してみると英子に伝え一度電話を切り、ラインで翔子に連絡をしたのですが既読もつかず電話も電波が届かない場所か電源が入ってない状態とアナウンスされる状態でした。

翌日、東京に帰った私は英子と一緒に翔子の家を訪ねたのですがチャイムを鳴らしても彼女は出てこず扉の前で途方にくれていると、一人の女性が駆け寄ってきて翔子のお友達ですか?と慌ててたずねてきました。

話を聞くとその女性は翔子の母親らしく大晦日から娘と連絡が取れず心配して父親と一緒に元旦に東京の翔子の家に行くと、布団にくるまって「でんでん、でんでん」とつぶやく翔子がいたそうです。

一種の錯乱状態だったらしく今は近くの大学病院で検査をしているとかで、母親は翔子の着替えを家に取りに来た時偶然私たちと遭遇したみたいでした。

翔子の母親からは何か翔子が悩んでいたんじゃないかとか麻薬や違法ドラッグに手を出していたような心当たりがないか聞かれましたが、私たちはただ無いですとしか言うことができませんでした。

私は正直、翔子の母親から「でんでん、でんでん」と翔子がつぶやいているのを聞いてから震えがとまりませんでした。

結局翔子はストレスからくる神経衰弱とかなんとかと診断されたらしく大学を休学して今は実家の近くにある病院で治療をうけているそうです。

私自身もこの一件があったせいかストレスで胃潰瘍になってしまい先日まで入院していましたが今は元気です。

長くなりましたがこれで終わりです。質問とかあったらできるかぎり答えます。

退院してしばらく実家で過ごして昨日東京に帰ってきて家で一人で寝れなかったので書かせて頂きました。

徹夜なので寝落ちしてしまったらごめんなさい。

Sponsored Link

Sponsored Link

-中編, 都市伝説
-,

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2021 All Rights Reserved.