ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 洒落にならない怖い話

穢れある悪戯~自殺の名所でやっちまった洒落にならない行為

更新日:

二、三年程前の夏に、海水浴場で有名な和歌山県の白良浜(しらはま)でバイトしてた知人から聞いた話の一つを紹介します。

話題を提供してくれたその知人自身は、霊感とは無縁らしく、約三ヶ月近く元旅館だった店でほぼ一人で住んでいたそうですが、皆さんが喜ばれるような体験は無かったそうです。

ただ、自分しかいないはずの二階の廊下を、スリッパを履いて歩くような音がした……ような気がした、くらいだそうです。

前置きが長くなりましたが、ここからが本編です。

2003/06/28 21:58

皆さんは、観光名所といわれる和歌山県白浜町にある三段壁(さんだんべき)をご存じでしょうか?

下の方に三段壁洞窟があります。

平安時代、源平合戦で知られる熊野水軍の舟隠し場という伝説の洞窟です。

その話をしてくれた知人と同じ場所でバイトしている、自称霊感が強いと言う女の子がいました。

Sponsored Link

これはその子の体験談の一つです

まぁ、その子=龍子は、いわゆるヤンキーと言われるタイプの子でして、その龍子と彼氏の大輔、龍子の友人千鶴とその彼氏の和也とで、ある悪戯を思いつきました。

その悪戯というのが、自殺の名所の飛び降り場所に靴を脱いで並んで立って、そこを通る観光客を脅かそうというものでした。

結果は成功。

場所が場所だけに、幽霊を見たと思い逃げる人、目をそらして足早で通り過ぎる人など……

その成果に四人は満足し、龍子カップルと千鶴カップルは、交代で人を驚かせて楽しんでいたそうです。

そうこうしている内に、夜の九時過ぎくらいですかね。

龍子と大輔が茂みに隠れ様子を見る、千鶴と和也で飛び降り場所に立つ、という時にそれは起こりました。

それは、浴衣を着た中年の男性でした。

暗くて顔は分かりにくい状態でしたが、その男性はおそらく怒りの表情で二人に近寄り、ビンタをかました後、安易に自殺に走る若者にひとしきり説教した後、帰っていきました。

……とまぁ、ここまでは良くある話でしょうが、問題は、その中年男性を見たのは千鶴と和也だけでした。

茂みに隠れていた大輔にはそれが見えず、千鶴と和也が何をしているのかと首をかしげていたそうです。

霊感があるらしい龍子にはその男性がうっすらと見えていて、その男性が去る際、こちらを一瞥してそのまま闇に消えていったそうです。

(了)

 

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 洒落にならない怖い話
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.