ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

カリスマさん

更新日:

Sponsord Link

オカ板にあった形而上学系スレのオフ会に参加した、昔の話です。

331 本当にあった怖い名無し sage 2012/07/29(日) 05:52:57.47 ID:Eo4YjV0e0

そこには、超カリスマ的な人物がいて、皆、彼を中心として難解な哲学や宗教用語を駆使していて、あほなオレは、ただただ、場違い的な幼稚な発言をしては、皆の失笑を買っていた。

で、そのうち、彼を心底から崇拝する者が現れて、そいつに嫌気がさしたカリスマさん(仮名)が、板から逃げたことにより、そこは消滅した。

オレもなんだかイヤになり、メアドを残してそこから去った。

数ヶ月後、なんとそのカリスマさんからメールが来た。

もし、機会があったなら、おまえと話がしてみたい、と。

その前に、板の住人の何人からかメールを頂いてたので、彼の希望にあったように、皆にメールをまわして、オフ会をすることとなった。

すでにほかの皆は、一足お先にオフ会でカリスマさんと出会っていて、オレにとっては、人生初めてのオフ会だった。

場所は関東の郊外だった。

No.2的だった人物(二号)の家に、皆が一泊して、昔のように語り合おう、というものだった。

待ち合わせの時刻、オレは山の手線の駅内のコインロッカー前に立ってた。

携帯でカリスマさんにメールを打つと、なんだか馬鹿でかい歌声が聞こえてきた。

・・・そう、彼だ。

その時に初めて顔を見た。

がっちりとした、いかにも武道系の男だ。

そして目をらんらんと輝かせて、裂けんばかりの笑顔で近づいてきた。

・・・カリスマさん?そう聞くと、ガバッ!!と絞め殺すようなハグをしてきた。

おお!会いたかったよぉ!これは過去からの約束だったんだよぉぉぉ!!!

そのとき、オレの脳内アラームが流れた。

武道の達人と聞いている通り、すごい力だった。

カリスマは、もう一人のNo.3的な人物(三号)と来た。

目つきが異常に冷たいヤツだった。

彼は丁寧に握手してくれた。

でも、見下したような視線を受けた。

あぁやべぇな、こわいな、そう思いながら、二号の住む町に電車は進んでゆく。

車内では、二人が会話一つもなしに、黙々と携帯をいじっていた。

目的地に着いた。

改札口の前に、夢をみているような目つきの二号がいた。

おおお!!ああああ!!!と、カリスマと二号、三号のクソ熱いハグが始まった。

オレはもちろん、「なんで来たの?」的な態度を、二号から受けた。

二号の運転する車で、山奥の民家に到着した。

そこで、着くなり二号は、なにやら携帯で電話している。

こわいよぉ。

なんだか肉親との会話みたいだった。

そのあと二号とカリスマが真剣に会話している。

過去の怨念がうんたらかんたら・・・。

もう帰りたかった。

でも、バスとかなさそうだしなぁと、あきらめた。

そんな四人で、夕食後、座談会がはじまった。

ネットと同じく、難解な話だ。

ただ、ヘンだなと思ったのは、目の前にいて、自己紹介で本名もわかっているのに、お互いコテで呼び合っているのだ。

オレが本名で○○さん、と言うと、コテのほうがいいと怒られてしまった。

座談会は、三人で盛り上がり、話の途中でオレに感想を求める、そんな感じだった。

オレは正直に思うことを言うことにした。

ウソついても、頭のいい連中だから見抜かれる。

二号と三号は、その答えにバカだな的態度をとっていたが、カリスマだけは真剣に聞いていた。

深夜になる頃、座談会はようやく終わり、疲れもあったので爆睡してしまった。

翌日、駅で二号に見送られて、ホームで電車を待っている間に、カリスマが話しかけてきた。

・・・もし今晩余裕があったのなら、俺の部屋に来ないか? 語り合おうよ。

また脳内アラームが鳴った。

と、そこで三号が言った。

ボクもいっしょに泊まってもいいですか?

うっせぇな!バカ!!!テメェは来るなぁぁぁぁ!!!!!!

カリスマが豹変した。

狂った人間というのは、こんな表情をするのかもと思った。

その言葉を受けた三号は、うつむいてたが、ものすごい目つきでにらんだ。

オレを。

これはいかん。

武道の達人だ、何かあったらシャレにならん!

人のいいオレは、その場を繕おうと、ああ行きます行きます!と、カリスマの部屋に泊まることとなった。

帰りの車内は、何とも言えないイヤな雰囲気となった。

東京で別れ際、三号はオレを氷のような目で見ながら、去って行った。

夜、彼のアパート近くで食事をおごった。

泊めてもらうしなぁ・・・。

その間、カリスマは夢を語りはじめた。

自分に酔っている姿に背筋が寒くなった。

で、そののち彼の部屋に案内された。

なんだこれは・・・。

ゴミの山だった。

オレも掃除が苦手なほうだが、オレの何十倍もの上だった。

彼は気にすることなく、好きなところに寝ていいよと、笑顔で言った。

カバンから荷物を取り出そうとしているところに、シャワーから出てきた彼がやって来た。

・・・丸裸だ。

なにも隠してない。

彼はやさしくオレに言った。おまえも浴びてこいよ♪と。

オレはカゼひいてるとかウソを言い、なんとかのがれた。

逃げたかった。

でも、ひ弱なオレは勝てる自信が無かった。

やがて、寝ることとなった。

寝たらやばい、そう思い、彼と離れたところで汚れた毛布にくるまった。

・・・しばらくして、彼のイビキが聞こえてきた。

それを聞いて、うかつにも眠ってしまった・・・。

翌朝、しまった!と思って目覚めると、彼はまだ寝ていた。

だまって出て行くのもなんだったので、声をかけると起きた。

じゃ、飛行機の時間があるんで、どうもありがとうなどと言い、オレはそそくさとそこを後にした。

うすら笑いのカリスマがなにか言っていたが、聞きたくはなかった。

その後は、もうみなさんの想像の通りだ。

しつこくメールや手紙が来るようになった。

「おまえは、おれのものだ」とか、「約束された未来は変えてはいけないんだよ」とかいろいろ・・・。

引っ越しや携帯変更で、やっと逃げ切った。

オレはそれ以来、他のオフ会でも、誘われても一切行かないことにしている。

そして、心をくすぐるうまい文章を書くヤシを、絶対に信じなくなった。

以上です。

なんだかギャグみたいですが、オレにとっては本当にシャレにならなかった出来事でした。

337 本当にあった怖い名無し sage 2012/07/29(日) 06:02:51.47 ID:6Z/2+cNd0

見つけた

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.