ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

今度は…

更新日:

Sponsord Link

ある若いカップルに子供が出来てしまい、おろそうかどうしようか悩んだあげく、産むことにした。

しかし、まだ若い二人は育てることも出来ず、相談した結果、その子を殺すことにした……

二人は夜中に湖に行き、置いてあるボートに乗って真ん中辺りまで漕いで行った。

彼女は何度も、「ごめんね、ごめんね」と言いながら、赤ん坊を湖にポチャンっと落とした。

それから何年かして、そのカップルはようやく結婚することになった。

そして二人の間に女の子が産まれ、幸せに暮らしていた。

その女の子が4歳くらいになったある日、その子が突然湖に行きたいと言い出した。

父親は気が進まなかったが、あまりにしつこく言うので、仕方なく親子3人で出かけることに。

湖につくと、今度は「パパ、あれ乗りたい」とボートの方を指さして言う。

しつこくねだられ、しぶしぶボートを借りて湖の真ん中あたりに来たところで、女の子が「パパ、おしっこしたい」と言い出した。

仕方がないと思い、周りに誰もいないのを確認して湖にさせようと娘をだっこした。

ちょうど両足を持って、二人が同じ方向を向いている時だった。

娘がくるっと振りかえり

 

「今度は落とさないでね」

 

 

古典落語の関連話:もう半分

もう半分(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話(三遊亭圓朝作 )別名「五勺酒」。
主な演者は五代目古今亭今輔五代目古今亭志ん生等。

あらすじ

永代橋の傍にある夫婦で営む小さな居酒屋へ毎晩やってくる60過ぎの爺さんが居た。

この爺さんは変わった酒の飲み方をする人で、一合の酒を一度に呑まず、まず「半分だけお願いします」と五勺(一合の半分)だけ注文し、それを飲み終わると「もう半分」と 言ってまた五勺の酒を注文した。

爺さんが言うにはその方が勘定が安くなり、量を多く飲んだ気がするからだと言う。

そんなある日。いつものようにもう半分もう半分と何合かの酒を飲んだ爺さんは店に風呂敷包みを忘れていく。

酒屋の夫婦がまた明日も来るだろうからと包みを仕舞っておこうとするとやけに重い。

不審に思い包みを開くとそこには五十両という大金が入っていた。

この金があれば念願の大きな店が持てる。

悪心を起こした夫婦はその金をねこばばし、慌てて取りに戻ってきた爺さんへ知らぬ存ぜぬを通し、終いには娘が吉原へ身売りして作った金だと涙ながらに説明する爺さんを戸締り用の心張り棒で打ち据えて店から追い出してしまう。

追い出された爺さんは酒屋の夫婦を呪いながら橋から川へ身を投げてしまった。

それから数年後。望みどおりに大きな店を持った酒屋夫婦に子供が出来る。

だが生まれてきた子供は数年前に身を投げたあの爺さんそっくりの女の子。

女房は子供を見たとたんショックで死んでしまう。

亭主は子供を育てることが爺さんの供養になると思い乳母を雇うが、何故か雇う乳母がみんな一晩で辞めてしまう。

困り果てた亭主は物事に動じない強気な乳母を雇うが、やはりその乳母も一晩で辞めたいと申し出てきた。

亭主が何があったか訊いてみると、乳母は自分の口からはとても言えないので亭主の目で確かめてほしいと言う。

その晩亭主は乳母と赤ん坊が寝てる隣の部屋に隠れ、何があるかを見届けることにした。

そして丑三つ時(午前二時)

それまで寝ていた赤ん坊が急に起きあがると乳母の寝息を窺い、枕元の行灯の下に置いてある油さし(行灯へ油を補充する道具)から茶碗に油をついで、それを美味そうにグビグビと飲み干した。

これを見た亭主は怖いのも忘れて襖を開けると「おのれ爺ぃ迷ったか!」と部屋へ飛び込んだ。

すると赤ん坊が細い腕を亭主へ差し出して

 

「もう半分」

 

[出典:落語チャンネル http://rakugo-channel.tsuvasa.com/mouhanbun-sinsho-5]

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.