ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

地獄絵|大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談11

更新日:

Sponsord Link

第11話:地獄絵

私の彼は一年前、ある下町のボロアパートの二階に引っ越して、そこで一人暮らしをしていました。

彼はまだ新米サラリーマンだったので、高級なアパートでは、まかなえなかったからです。

そのアパートにはいろんな人が住んでいたそうです。

水商売系の魅惑ガール、浪人生、そして大学生など、顔ぶれは様々だったそうです。

それに人間関係も色々とややこしかったそうです。

特に、お隣の魅惑ガールにはよく悩まされたそうです。

別に用もないのに、彼の部屋をノックして入ってきたりするらしいんです。

それに、わざと下着を彼の物干し竿で乾かしてみたり……

とにかくに大変だったそうです。

その夜も、彼は窓を開けて洗濯物を取り込もうとしていました。

案の定、お隣さんの下着は彼の物干しの先にかかっていたそうです。

「もー。しょうがないなぁ。俺はこうゆうの苦手なんだよぉー」

そう、ぶつくさいいながら、洗濯物を取りこんでいました。

『ゴツッ……シャッ……コツッ…』

となにか下から地面を擦るような音がするのに、彼は気が付きました。

彼は不思議に思って窓の下をのぞきこむと、狭い路地裏で小さい女の子が、なにやら地面に必死で描いています。

「あれ…おかしいなあ」

彼がそう思ったのも無理ありません。

時計を見ると、深夜の2時をまわっていたのです。

彼は、その女の子が迷子にでもなっているんだろうと思いました。

そして、保護してやろうと、急いで下に降りてみました。

「あれ?……さっき女の子がいたの、この路地だよなぁ……」

彼が路地にきてみると、その女の子の影すら見えません。

確かに、自分の右上には洗濯物が干してある自分の部屋が見えます。

彼がそこに降りてくるまで、30秒もかからなかったそうなのです。

首をかしげながら、さっきの女の子がいた辺りに歩いていってみる事にしたそうです。

すると、そこにはやはり、チョークで書かれた絵が残されていたそうです。

「こ、これが子供の描いた絵か……?」

と我が目を疑ったそうです。

彼が部屋から確認した子供は四五歳の小さな女の子。

しかし、その路地の地面には、見事に描かれた地獄絵が残されていたのです。

チョークで描いたとはいえ、とても鮮明だったそうです。

”餓鬼”、”首を切る鬼”、”泣き叫ぶ人間”……

それらはまるで実在しているようだったと言います。

そして一つ、彼が目に止めたのは、女の鬼の絵でした。

その鬼は、子供を針の付いた棒で殴っているのです。

そして片手には、子供の腕らしきものをつかんでいます。

「な……なんなんだこの絵は……そしてあの子は……」

なんだか気味が悪くなって、そのまま彼は部屋に帰って寝たそうです。

しかしそこには、またいつもの、彼の眠りを妨げる声が聞こえてきたのです。

お隣の魅惑ガールの悩ましい声です。

いつも夜中の3時くらいになると、薄い壁の向こうから聞こえてくるそうなんです。

彼は毎晩、耳栓をして眠ったぐらいだと言います。

まだ私とつきあう前、彼女のいない男の子にとってはシゲキが強すぎたと思います、ホント。

そしてそれから二日後、大雨が降ったそうなんです。

「あの不気味な絵も消えちゃったんだろうな……」

彼はそんな事をぼんやりと考えて、部屋に横になっていたそうです。

その時、まさかとは思いましたが、またあのチョークの音が下から聞こえてきたそうなんです。

彼は恐る恐る窓を開け、雨上がりの路地をのぞきこみました。

やはり、その女の子はそこにしゃがみこんで、一所懸命に絵を書いている様子です……

彼は、今度は逃がさないぞと思って、その子に声をかけたそうです。

「おうい、お嬢ぉー。そこのかわいいお嬢ちゃーん!」

そう言うと、その子はピタリと描くのを止めたそうです。

しかし、こっちを向きません。

彼は恥ずかしがっているんだろうと思って、もう一度声をかけたそうです。

「おーい。お嬢ちゃーん。そんな所いたら、怪獣に食われちゃうぞぉー。がおおおぉー!」

するとその子はチョークを道端に置きました。

そしてゆっくりと彼の方を見上げたのです。

彼はいまでもその顔を思い出すと寒気がするそうです。

その小さい子の顔面半分が白骨化していたというのです!!!

「うわあああーー!!」

彼は見てはいけないものを見たように、窓をピシャリとしめて震えていました。

そしてそれからも、

『コツッ……シャッ…コツッ……』

と道路に絵を描く音は、一晩中彼のアパートにこだましていたそうなんです……

それからというもの、雨が降って絵が消えたなと思うと、そのチョークの音がしていたそうです。

そんなある日、突然隣の魅惑ガールが部屋に入ってきて、彼に迫ってきたそうです。

「ねぇーイイじゃん。ねー??私のコト嫌い?」

彼女は始めからその気だったそうです。

でも彼は、

「や、やめてくださいよ。オレ、好きな人いるんすよ。お願いしますよ!」

と必死に抵抗したそうです。そんな風にもめていたら、

『トン、トン、トン』

と、その女の人の部屋から彼の部屋に、誰かが壁をノックしてきたそうなのです。

ふと魅惑ガールの顔を見ると彼女は真っ青だったそうです。

そして耳を塞ぎながら、急いで彼の部屋から出て行ったそうです。

不思議には思ったらしいんですが、何も知ろうとは思わなかったそうです。

……それから、一ヶ月。

不思議と魅惑ガールを見かけたり、”あの声”を聞いたりすることはなくなったそうです。

しかし、子供番組らしきTVの音がよく聞こえるようになったそうです。

そして時々、子供の笑い声が聞こえるようになったそうです。

「フーン、なんだ魅惑ガール、子供いんのかー。それだったら、迫んなよなオレにー」

と、そんな具合にしか思わなかったそうです。

それからしばらくした、ある日のことです。

彼がアパートに戻ってくると、なにやら物々しい雰囲気が漂っていたそうです。

彼がいつも通る階段近辺には、沢山の人だかりが出来ていたのです。

アパートの周りは黄色い網が張られていました。

そして赤色灯をクルクル回したパトカーが数台停まっています。

「あのー…なんかあったんスか?」

彼は近所の顔見知りのおばさんに尋ねました。するとおばさんは血相を変えて、

「あらら、アンタ!ちょっと、大変なんだよー!あのさ……」

彼女が何かを彼に切り出そうとすると、二階から管理人さんが、真っ青な顔をして降りてきたそうです。

警察官と一緒だったそうです。なんだか、ただ事ではないようでした。

彼は少し気がひけましたが、おばさんにまた尋ね返したそうです。

「あの……それで、どうしたんすか?」

おばさんも少し小声になって彼に話したそうです。

「あのさぁ、アンタの隣に派手なのいたじゃん。アンタ知らないと思うけどさ、彼女、今時の整形美人でさ。男ばっかりダマしちゃ、金取ってたんだよぉ」

おばさんは、しかめっ面になって彼に話し続けました。

「それでさ、ここの管理人ともできててさぁ。子供がとうとうできちゃったわけよ。

で、産むには産んだんだけど、あの女にしてみりゃ他の男とのカンケーもあるからさ、その子はいつも邪魔もの扱いだったわけよ。

あんたも見なかったぁ?そこの路地でよく寂しそーにして遊んでた子供」

彼は、もしやと思っておばさんに聞いてみたら、その子はやはり女の子だったそうです。

「それで、こっからがコワイのよー。あの女、なんかあったらすぐにあのお嬢ちゃんにあたってさ。ひどいときなんか、棒でなぐって救急車呼んだ事もあんのよ!」

彼の頭の中にはあの地獄絵が浮かんでいました。

その時、あの”女の鬼”のイメージが彼の脳裏に蘇っていた事は間違いありません。

おばさんは、なおも話を続けました。

「それでさ、最近あの女の姿、見えなくなってたじゃない?管理人も不思議に思ったんだろうね。合鍵で女の部屋に入ったわけよ。

そしたら、押し入れの辺りからへんな匂いがするんで開けてみたらさ、中から黒いビニールのゴミ袋が出てきたんだって。

それがモゾモゾ動いたんだってよ。

そんで、びっくりして開けたらさ、身体が半分白骨化した小さい女の子の死骸が出てきたんだってよ!!」

彼はその時、とても気分が悪くなったそうです。

そして、ドブ川に一目散に走っていって吐いたそうです。

警察の話では、少女は半年くらい前に殺害されていたそうです。

そして、あの魅惑ガールは行方知れず。

またどこかで整形をして、姿をくらましているかもしれない……

彼はこの事件を思いだすと、今でも寒気がすると言います。

そして、路地裏で見た少女の顔と絵を思い出してしまうらしいのです。

そんな彼は私にこう言います。

「殺されたのは半年くらい前って言ってたろう。

俺、絶対あの子の姿、事件の1ヶ月前に見てるし……

確かに隣から子供の声、聞いたんだよな……俺……」

[出典:大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談~]

大幽霊屋敷 ~浜村淳の実話怪談~ 一覧はこちら

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.