ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 事故・事件 凶悪殺人事件

【閲覧注意!】霧社事件(むしゃじけん)世紀の抗日暴動事件

更新日:

Sponsord Link

霧社事件とは


[当時の霧社]

昭和5年(1930年)10月27日。日本の台湾統治時代後期、台湾原住民による最大規模の抗日暴動事件のこと。

台湾中部の山地にある霧社で、高砂族と呼ばれる山地の先住民:タイヤル族300人が一斉蜂起、運動会をしていた日本人小学校や警察の駐在所などを襲い、多数の日本人を殺害し重傷を負わせた。

暴動の直接の原因といわれているのが、1930年10月7日に日本人巡査が原住民の若者を殴打した事件である。

タイヤル族の村落酋長の息子のタダオ・モーナが、村の結婚式の酒宴の場に、たまたま通りがかった日本人警察官、吉村巡査を宴席に招こうとして巡査の手を取ったところ、不潔な宴席を嫌うあまり、手を払い持っていたステッキでタダオを2度殴打した。

これを侮辱と受け取った現地の人々は激怒し、吉村巡査を袋だたきにしてしまったのである。この殴打事件について警察からの報復をおそれた人々が、特にモーナ・ルダオは警察の処罰によって地位を失うことを恐れ、暴動を画策した。

殴打事件から20日後の10月27日。

霧社セデック族マヘボ社の頭目モーナ・ルダオを中心として、6つの村から約300人が、まず霧社各地の駐在所を襲った後に霧社公学校の運動会を襲撃した。

暴徒は警察の武器庫を襲い鉄砲や弾丸を持ち出し小学校だけでなく、警察の分室なども襲い警察官を殺害した。


[事件の舞台となった霧社公学校]

霧社では恒例の運動会が日本人小学校、先住民の子供が行く公学校、蛮童教育所の共同で催されており、大勢の日本人家族が学校に詰めかけていた。

そこへ8時頃、約300人の暴徒が槍、刀、銃を持って突然襲い掛かり、逃げまどう子供や女性を含む日本人のみに対する襲撃が始まったのである。

その結果134名が殺害され首を狩られ、26人が重傷を負う大惨事となった。


[事件の惨状]

蜂起の連絡を受けた日本軍や警察は鎮圧を開始した。

日本側は10月29日には早くも霧社を奪回した。霧社セデック族側は山にこもり、霧社襲撃の際に警察から奪った武器弾薬を使って抵抗した。

11月1日の戦闘では暴徒側は日本側の鎮圧に抵抗したが、指揮を取っていたモーナの次男バッサオが死んだ。

11月初めにはモーナ・ルダオが失踪し、日本側は親日派セデック族を動員し、11月4日までに暴徒側部族の村落を制圧した。

モーナの失踪後は長男のタダオ・モーナが蜂起勢の戦闘を指揮したが、12月8日にタダオも自殺した。12月中に鎮圧軍は現地の治安を完全に回復し、戦闘は終結した。


[討伐部隊]

日本側は大砲や機関銃、航空機、毒ガス弾(ルイサイト)などの近代兵器を用いて暴動部族を制圧した。

味方蕃の戦闘員たちに対しては敵蕃の首級と引き換えに懸賞金が支給された。

この措置は日本統治下で禁止されていた首狩りを許可するものであり、懸賞金の対象は蜂起勢の壮丁のみならず、婦女子まで含まれていた。

この措置は同族間での凄惨な殺し合いを助長したとされる。


[討伐に参加する味方蕃]

戦闘の中で、700人ほどの暴徒が死亡もしくは自殺、500人ほどが投降した。特にモーナのマヘボ社では壮丁の妻が戦闘のなかで全員自殺する事態となった。

一方、鎮圧側の戦死者は日本軍兵士22人、警察官6人、味方蕃21人であった。掃討戦で戦死した日本軍人・味方蕃兵士は靖国神社に祀られている。

 

Sponsored Link

第二霧社事件と川中島遷移

1931年4月25日、蜂起に与した後に投降した霧社セデック族生存者をタウツア社が襲撃し、216人が殺され、生存者は298人となった。

襲撃側のタウツア社の死者は1名であった。これを第二霧社事件という。

霧社事件の後始末で警察が味方蕃から銃器を回収する寸前の出来事であったが、当時の警察官から、警察がタウツア社に襲撃を唆したとの証言がなされている。

タウツア社への処罰はなされず、逆に蜂起部族の土地を与えられることとなった。


[首を狩られた保護蕃と狩ったタウツア]

1931年5月6日、最終的に生き残った人々は北港渓中流域の川中島と呼ばれる地域に強制移住させられた。

ここで生存者らは警察からの指導のもとに生活した。その後も蜂起参加者への警察の摘発は続いた。反乱に与しなかった霧社セデック族各社に対しても、「反乱協力者」の摘発は行われた。

こうして逮捕された摘発者38名を当初警察は毒殺しようとしたが担当医師から毒薬注射を拒絶された。38名は留置処分となったが、逃亡を図り殺害された1名を除き、全員が1932年3月までに留置中に死亡した。

川中島への移住者には当局からの援助があったものの、労働力の不足やマラリアに苦しめられ、移住から2年後には人口が3分の2まで減ったという。

 

霧社事件・参考資料

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 事故・事件, 凶悪殺人事件

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.