ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

突然現れる池【遠州七不思議幻の池】

投稿日:

Sponsord Link

地元の山中に「突然現れる池」があった。

小学生の頃に父親と見に行った覚えがある。

登山道から外れて少し、木々の中に巨大な水溜まりが出来ていた。もう二〇年以上前の話。

最近、地元に帰った時に叔父と話してたらその山の名前が出て、思い出したんだ。

それで叔父に「昔、あの池を見に行った」と言ったら変な顔された。

母に聞いても知らないと言う。

「新聞にも出てて、おやじと一緒に行ったんだ」

兄や妹に言っても分からない。父はもう他界してる。

変だと思って同級生に会う事にした。ちょうどお祭りの日だった。

夜、騒がしい詰め所に行ったら懐かしい顔が何人もいた。

取り敢えず飲まされ、近況等を語った。昔のあだ名で呼ばれて何だか恥ずかしかった。

少し酔ってきた頃、例の山の事を聞いてみた。

「そういえばそんなのあったあった」

「今は現れないの?」

「全然聞かねえ」

区長さんに酒を注ぎに行って話してみた。

「あれか。昔は何年毎に現れるなんていわれてたもんだ。気候も変わったからな。こんなに暑くなかったろう」

明日、登ってみようと思った。

朝食を食べながら家族に池の話は夢じゃなかったと話した。

昨日居なかった祖母は池を知っていた。

これから一人で行ってくると言うと「止めろ危ない」と。

友人と行く事にして許してもらった。もちろん一人で行った。

登山口の駐車場には俺の車しかない。

曇っていて登山道は暗い。急な斜面を登ると汗で背中が冷たくなった。

二〇分位登った頃、林の中に猟銃を持った男がいた。

向こうはこちらに気が付いていない。とっさに木の裏に隠れてしまった。

危ないんじゃないか?こんな所で銃使っていいのか?

男は藪の奥へ入っていった。

俺は銃が怖くなってきて、そこで登るのをやめてしまった。

実家に戻って「場所がよくわからなかった」と家族に嘘を話した。

祖母は「無事で良かった。あそこは何だか気持ち悪い話もあるみたいだから」と言った。

その夜にあの山の夢を見た。

暗い林の中に池がある。

白いワイシャツを着た親父が隣にいる。

池を眺めている俺達を後ろの木の裏で猟銃を持った男が見ている。

そんな夢を見て夜中に目覚めた。

(了)

Sponsored Link

502: 本当にあった怖い名無し:2013/10/19(土) 05:51:21.03 ID:Ew+4dwEu0
これか?割と知られた話のはずだが……
つか、おれもTVで見た気がするぞ……

遠州七不思議・幻の池

 遠州七不思議のひとつとして数えられる幻の池。ふだんは一滴の水もない山中のくぼ地に、突然水が湧き出して小さな池ができる。このくぼ地は「池の平」と呼ばれ、なぜか七年に一度現れ、十日ほどで消える。

平成十(一九九八)年十月二日、幻の池が通常の周期より二年遅れて出現したことが確認された。池の大きさは、南北約五〇メートル、東西約三〇メートル、最終的な深さは二~三メートルに達したという。鏡のような湖面に木漏れ日が差し込み、あたりは神秘的な雰囲気に包まれる。

この池の縁にあたるところに、「おかわ地蔵」という供養塔が建てられている。

時は永禄十二(一五六九)年。水窪にあった高根城の城主・民部少輔貞益は、信州遠山土佐守と奥山美濃守の連合軍に攻めたてられ、城は炎に包まれる。城主の後室おかわ御前は、幼な子ふたりとともに辛うじて城を抜け出すが、すぐに追手がかかった。逃げ場を失った彼女は、水窪川を横切って山を越える道を選ぶ。しかし川の流れは激しく、子供ふたりを連れては逃げきれない。

おかわ御前は泣く泣く赤ん坊を川に沈め、三歳の子を背負い、必死に川を渡り切って、山のなかへ駆け込んだ。

やっとの思いで池の平まで辿りつくが、疲れ切って一歩も動くことができない。草のなかで身を伏せ、息を殺して潜んでいたが、疲れと恐怖のために泣き出した子供の声を聞きつけられ、無残にもふたりは殺されてしまった。

池の平に水が湧くのは、溜まりに溜まったおかわ御前の無念の涙が、数年ごとに溢れ出るからだという。

また、浜岡町の桜ヶ池の竜神が、七年に一度、諏訪湖に遊びに行く途中で池の平に泊まるため、水が湧くという説も伝えられている。

◇池の平へ行くには、飯田線水窪駅で下車。山道を一時間半から二時間登る。幻の池が現れている時以外は入山者も少ない。

[出典:http://www.harubow.com/album/koshonodensetu/KOSHO/30.html]

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.