ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖いお話.net【厳選まとめ】

短編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

出張中の父【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link

私が小学校2年生だった時の話。

166 :本当にあった怖い名無し:2009/09/17(木) 22:26:40 ID:YWCpxiP90

私の父は出張が多く、ビジネスホテルに泊まる事が多かった。
父は出張先では夜にお酒を飲みに出かけることが常で、
出張先から連絡をくれるなどということは滅多にありませんでした。
携帯電話はもちろん、テレフォンカードすらない時代です。
電話するとすれば公衆電話から家にかけるわけですから、
用もないのに10円玉を揃えて長距離電話などしないわけです。

そんな父が出張中のある夜、父から電話がきました…しかも夜の11時過ぎに。
要件は、『仏壇にある紙に書いてある不動明王の真言を教えてくれ』とのこと。
応対した母は訝しげな顔をしながら、
「○○(私の名前)、仏壇から紙を、お経の書いてある紙を取ってきて」
と言い、私が持ってきた紙から不動明王の真言を探して、電話口から父にゆっくり伝えました。

父は次の日、無事に家に帰ってきたのですが、非常に疲れた顔をしていました。
以下は父の話です。

「昨日は酷い目にあった…夢で鎧武者が次々に襲って来るんだよ…
逃げて逃げて…追い詰められた時に、突然隣にいる誰かから剣を渡されたんだ…
それがすごく切れる剣でな、それでバッサバッサ鎧武者を斬って助かったんだ…
汗だくになって夜中に目が覚めて、ああ、あの剣は不動明王様のだって思い出したんだ。で…電話かけてな、真言を教えてもらったんだ。
ホテルの部屋の空気がなんとなく重くてな…
真言を何度も唱えながら朝を待ったんだ」

父がホテルをチェックアウトする時に、フロントでそれとなく聞いてみたら、
そのホテルはとある古戦場跡に建てられていたとのことです。

「いやーあるんだな…」
父は幽霊の話など一度もしたことなっかたし、
テレビの心霊特集など見ても「くだらん」と言い切る人だったので、
その一言は今でも鮮明に覚えています。

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2022 All Rights Reserved.