ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 山にまつわる怖い話

テントの外からすみません

投稿日:

Sponsord Link

十五年ほど前の春過ぎごろ

大日杉から飯豊山をへて、大日岳に行くコースを一泊二日予定で登った。

移動と、念のため休暇は四日。

テント泊の予定であったし、前日の仕事終わりが遅かったこともあり、八時過ぎに大日杉を出発してゆっくりと進み、十四時にテントを張り野営地とした。

夕飯を取り、しばらくはまったりと過ごしていたが寒さもきつく、眠気も増したのでそうそうにシュラフにもぐり込んだ。

ふと、物音で目が覚める。

何かの小動物がテントに当たるような、ポスポスという音が何度かして止んだ。

耳を澄ませていると「すみません」と、消え入りそうなほどかすれた男の声。

登山者か……?

時間を見ると二十時過ぎ。テント越しの空気は冷たそうで暗い。

その時なぜか「そうか、夕飯の食料にありつきにきたな」と思った。

その頃はもう少なくなっていたが、昔は食材無しで登山して、他の登山者から食料をもらうという登山スタイルをしている若者がいたんだ。

昔の登山者は基本的に運命共同体意識が強いから、そんな乞食行為も粋な登山スタイルとして認めていた。

さて、明日の朝のためにとっておいた夕飯の残りがどれだけあったかなと思いつつ、ハイハイとテントを開いて外を見ると、はて?誰もいない真っ暗闇。

行動不能なくらいの薄い月明かりの中に出て、周囲を見渡しても人どころかテントの形跡さえもない。

そういえば、テントを叩いてる時も声がした時も明かり一つ見えなかったな。

声が小さかったこともあり、そうか、幻聴だったかな、動物の鳴き声と人の言葉を聞き間違えたかな、と思い直してテントの中へ戻りシュラフにくるまった。

しばらくしてまた夢うつつ半分起きてるような状態になると、テントをポソポソとこするような、軽く叩くような音がする。

それがやんで三〇秒くらいすると、また「すみません」と、とてもか細い男の声。

声の主は二〇代前半かと思われるようなまだ若い声。

今度こそ人だ。「まったくさっきはどこに消えたんだか」と思いつつも、またハイハイと返事をしてテントを開けてみると、やはり誰もいない。

山では不思議なこともあるもんだ、と聞かされていた自分は、少し寒気はするものの、何、食われるわけでもないさ、友達への登山ネタが増えた…と平静をたもってまたシュラフにもぐった。

Sponsored Link

でも、実際はかなり内心テンパってた。

まったく眠気が吹っ飛んでしまった。

ここで剛気をたもてなくなれば、自分はパニックのまま夜中の山の中を転げるように逃げ出していたに違いない。

テントを狙われているとすれば、生身と最低限の荷物をザックに詰め込んでここを脱出しなければならない。

それは間違いなく死に直結する事だ。

気をたもって時が過ぎ、朝が来るのを待つしかなかった。

さて、シュラフにもぐって恐怖に震えそうな体をごまかすように寝返りを打っていると、またポソポソと音がして、音が止んでしばらくすると、やはり男の声で「すみません」の声。

ああ、タヌキが化かしてやがるか?この時代に…などと無視を決め込むことにした。

しばらくしてまたポソポソと「すみません」の声。

ああ、もう何もかも無視して寝てしまえばいいさ!とタオルでグルリと顔と耳を覆って横になる。

もう音も声も聞こえないまま、しばらくは自分の耳に流れる血流の音だけを聞いていた。そうするとまたウトウトし始める。

どのくらいだったか、また目が覚める。

いつの間にか顔に掛けてたタオルは頭の下にあって、もう音も声も聞こえない。

時計を見ると三時過ぎ、二時間は寝ていたようだが、まったく眠れた感じはない。

あと二時間くらいで起床予定であったし、もうこうなったら起きてしまおうかとシュラフから身を抜き出したとたん、テントが揺れるほどバスバスバス!とテントの上から叩かれた。

奴だ!マズイな、無視したのを怒っているのか、と思うがしばらくして相変わらずの「すみません」の声。

テントを叩く力強さと、か細い声がマッチせず。

なんともじんわりと恐ろしさが増してきた。さらに、しばらくして今度は支柱を倒さんばかりに体重をかけて強くテントの天井が叩かれだした。

バンバンバンバンバンバンバンバン!

自分はもうパニック。

外にも出られない、中にもいられない。

なぜか逆ギレして「なんなんだよ!まじやめろぉぉお!」とか大声で叫んでたと思う。

バンバンはそのまま五分くらいで鳴りやんだ。

今度はしばらくしても男の声はしない。恐怖は去ったと思った。

何が何やら分からないまま、荷物をまとめ逃げ出すように出発を開始。

大日岳を登り、朝飯の握りとコーヒーを飲んで帰宅につくために設営テントに戻る。

一旦テント内で休憩を取り、さて野営地を撤収しようとテントの支柱を外していると「すみません」と耳元真横で突然つぶやかれた。

瞬時に見てはダメだと思ったが、思考よりも先に反射的に振り向く。

そこには、誰もいなかった。

後日、前日そこの山域で一人の男性が遭難死したと知った。彼だったのかなと思った。

道に迷い、心細く死んでいった彼が自分のテントを見つけて助けを求めたのか、それとも仲間が欲しかったのかな。

あれ以来山で不思議な体験はしてないけど、いつもお塩と少量の日本酒を持っていくようにしてる。

734: 名無しさん 2014/06/10(火) 00:30:31.82 ID:JQKj5V9D0.net

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 山にまつわる怖い話
-,

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.