ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

材木商の家~長谷川龍生の怖い話

更新日:

Sponsord Link

詩人の長谷川龍生(はせがわりゅうせい)氏は十四、五歳くらいの頃、けっこうな規模の材木商の家に丁稚奉公として居候していた。

すでに身寄りはなく、ものすごく遠い親戚関係にあったその家に住み込んで受験勉強をしていた。

ある夜、二階にあてがわれた狭い部屋で、龍生氏はいつものように受験勉強をしていた。

すると、すーっと部屋の空気が変わったような気がして、「あれ、なんだろう」とあたりを見回した。

見ると、何か目の前がキラキラとしている。天井から何かが降ってきたような感じだ。

さらによく見ると、何かが降っているのではなく、老婆が逆さまになって自分の頭の上あたりをぐるぐると回っていたのだ。

見たこともない老婆で、体は半透明で向こう側が透けて見えたという。

龍生氏は「ああ、どこかのおばあさんだな」と思ったが、別に恐怖心は覚えなかったという。(その辺が、龍生氏のなんというかすごいとこだが)

翌朝、家のご主人にそのことを言うと、「そうか、出たか」と言い、老婆の特徴を根掘り葉掘り聞いたという。

そして「やっぱり……」と呟いたらしい。

龍生氏はその時初めてゾッとしたという。

その老婆とご主人か、あるいはこの家との間になにか因縁があるのだなと思ったが、それ以上ご主人はなにも言わなかった。

それからご主人は二階の龍生氏の部屋に神棚を作り、毎日お神酒をあげるようになった。

ある日、龍生氏が部屋をはたきをかけたりして掃除していたところ、ご主人が上がってきて、雑談をしていた。

するといきなりご主人は、神棚のお神酒をぐいっと飲み干したのだ。

「あ、おじさん、ダメだよ!それは古いよ!」と龍生氏は叫んだが、ご主人は「大丈夫だ。これは神様のお酒なんだから」と笑ったという。

ところがそれからご主人は高熱を出し、あっという間に亡くなってしまった。

医者の診断はチフスということだった。

ご主人が亡くなったことで、その家はあれよあれよという間に傾いていき、奉公人もひとりふたりと去り、一家離散になってしまったという。

龍生氏もいるところがなくなり、それからかなり苦労することになった。

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.