ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 集落・田舎の怖い話

闇の深い井戸

更新日:

幽霊話とはちょっと違うし、そんな怖くないかもしれんけど……

一時引きこもりだった俺を心配して、叔父が仕事を紹介してくれた。

父方の田舎の土建関係の仕事で、叔父の家に住んでも良いし、寮に入ってもいいから体一つでこいといわれて貯金も底をついていた俺はいそいそと行った。

肉体労働で大変だったけど、仕事は結構楽しかった。

ある日、叔父から「角の井戸を埋めることになったんで、その仕事もお前んとこがやるだろうな」といった。

角の井戸とは、すでに誰も使っておらずフタだけしめられている井戸。

どうも先日、親戚宅に遊びにきた子供が行方不明になり井戸を覗きこんでいて落ちる寸前に発見され、これは危ないということになり埋めることになったらしい。

実際、俺のいるグループ(いくつかのグループにわかれている)にその仕事がきて事前調査の手伝いも俺たちがやった。

井戸とはいっても単に土砂いれて埋めるだけとかじゃなく、事前調査が必須。

で、その調査のため井戸の中を確認したところ、中から骨がいくつもでてきた。

水で晒されているせいか骨は全部白くてキレイで、よくテレビでみる発掘された骨のように茶色がかったりしていなかった。

頭蓋骨だけでもいくつも出てきて、現場は大騒ぎ。すぐ警察に連絡して工事は一時中断。

しばらくして村長とか村のお偉いさんとかもやってきて、なにやら話し合いが始まったので俺たちはそのまま帰った。

翌日、しばらく別の仕事かな、と思っていたら何の問題もなく作業再開。

再開どころか調査中止でそのまま埋め立てることになった。

現地にいってみたら警察もおらず、村長さんと青年団のオッサンが数人いて、俺たちの作業を見張りながら、水抜き→埋め立ての作業をやらされた。

あれたぶん「なかったこと」にされたんだろうな。

海沿いの小さな村だし、人が行方不明になったらたぶん大騒ぎになるだろうから遠方から捨てにきたのか……

いや、でもあんな村中の井戸を遠方の人が知ってるわけないよな。

じゃあ、一体「いつ」「誰が」遺体を捨てたんだろう?と今も色々考える。

(了)

 

「極」怖い話(地鎮災) [ 加藤一 ]
一世一代の買い物―家。不動産の購入は多くの人にとって一生に一度あるかないかの一大イベントにして、最も高価な買い物だ。それにもかかわらず、試用期間も事前練習も許されず、少ない情報の中で決断せねばならない。住み始めてから何かあってももう遅く、再度売り払い、引っ越すのは並大抵なことではない。だが、この世には手を出してはいけない物件というのが確実に存在し、呼び寄せられるが如くそこに住んでしまった人たちがいる。俗に言う瑕疵物件だけでなく、遙か昔の歴史が絡む曰くつきの土地など様々なケースがあるが、そこでは信じ難き恐怖と不幸が実際に起きている。北海道の有名心霊スポット、円形マンションの真実に迫る驚愕の取材をはじめ、呪われた家と土地に纏わる実話を集めた渾身の書き下ろし怪談!

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 集落・田舎の怖い話

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.