ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 山にまつわる怖い話

山上の野池

更新日:

Sponsord Link

大阪の熊取ってとこの山の上に、ちっちゃい*リザーバーみたいな野池があるんだよ。

※リザーバー:発電、水利、治水、砂防などのために、河川や渓流などを堰き止めるダム湖や貯水池等の、人工の湖の事。弥栄ダム、相模湖、神流湖など。底が複雑な形をしていることが特徴。

760 :名無しバサー:2005/09/21(水) 21:24:58

そこで変なものを何度か見たことがある。

夜明けにフローター(浮き輪)で釣りをしようと思い、夜中二時頃にその池に着いてだらだらとフローターの準備をしてたら、池の奥の森にぼんやり光る煙みたいなのがいるのに気がついた。

その煙はゆっくり動いていて、妙だなとは思ったけど明るくなると見えなくなったので、その日はそれ以上気にもならず帰りにはすっかり忘れてた。

それから一週間程してまた行ったときに、あの煙のことを思い出して、よせばいいのにもっと近くで見てみようと思い、急いでフローターの準備をし、まだ真っ暗いうちに入水して煙のいた方へ行ってみた。

そしてしばらく目をこらしてあたりを探してみたけど何も見えず、ただの闇。

もういいや、ついでに夜釣りをしたれと思い、タックル(釣り道具)の準備をして右手の流れ込みの方へ行ったらあの煙はそこにいた。

意思があるかのように木々の間をゆっくり移動してて、たまに立ち止まったりもする。

それにおぼろげながら人の形をしてるように見える。

ここで初めて、もしかすると幽霊じゃないかと思い、めちゃくちゃ怖くなった。

釣りをする気が失せ、もう帰ろうと思いタックルを仕舞うために手元のライトを点けた時に、煙のほうから人の声のような金属をこするような音が聞こえてきた。

ややパニックになりながらそっちを見たけど、ライトのせいで瞳孔が閉まって煙どころか森も池も見えない有様。

ライトはすぐに消したけど、真っ暗闇の中声はだんだん近づいてくるので鬼バタ足で逃げた。

後日、友人にその事を話したら「見てみたい」と言うので連れて行ったら、やはりあの煙みたいな人影は森の中を彷徨っていて、友人も見ることはできた。

だけど二人ともビビリなので近づいて確認することは出来なかったよ。

とにかく、ものすごく微妙な光り方なので闇に目を慣らしてないと見えない。

なのでライト厳禁。暗闇に目を慣らしさえすればあの人影は誰でも見えると思う。

あれは怖かった。

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 山にまつわる怖い話

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.