ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

ワープさん

更新日:

Sponsord Link

2008年12月23日

東京の本社から部長・課長・パシリの俺。

三人で九州の支社に叱咤激励をするために向かった。

羽田から飛行機に乗ったのが確か午前10時ちょい過ぎ。

福岡空港に着いたのが11時30分位。

空港から地下鉄に乗り博多駅に着いたのが11時45分位で、博多駅から会社まで歩いて3分位。

会社に着いてスタッフに迎えられた。

一連の挨拶を終えるとトイレに行きたくなり、大用を済ましトイレを出ると……なぜか本社にいる。

ん……? は……?

なんで……? 白昼夢……?

時計を見ると0時15分。

意味が分からなくぼけ~っと見回していたら、同じ課の女の子が、

「あれ?橋里さん今日九州じゃないんですか?」

あ!やっぱりここ東京だよね~?夢じゃない!

急いで携帯で部長に連絡。

「部長、今ですね私トイレに行きましたよね?トイレを出ましたらなぜか本社にいるんです!」

部長爆笑!

課長が電話口に出て

「何言ってるんだ紙が無いのか?(笑)」

「いや、なんと申したらいいのか分からないんですが……東京にいるんですよ!」

声のトーンで洒落じゃない事を分かってくれた課長が、すぐさまトイレを見に行き、俺がいないのを確認して一度電話を切る。

本社の社長室に急いで行くようにと言われた。

社長室に震えながら行くと、社長も目を丸くして、何が有ったか教えてくれと言われ、俺は震えながら説明した。

10時に飛行機に乗り支社に着いたのが12時ちょっと前でしたと。


トイレから出るとなぜか本社に!と説明すると。

社長爆笑!

……俺震え止まらず。

社長いわく

「人間生きてると不思議な事が有るんだなぁ、荷物は送って貰えばいいから。今日の夜予定無いだろう、一緒に飲みに行こう」

と言われまた震えた。

その晩生まれて初めて銀座に連れて行かれて、格好のネタにされた。

ちなみに、今年の新年会の挨拶やらなんやらを一手に引き受けさせられ社内ではワーップさんとあだ名が付いた。

平々凡々生きてきた俺の唯一の不思議体験です。

(了)

 

怪談本当に起きた話 [ ナムコ・ナンジャタウン ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.