ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 都市伝説 UFO

竜巻警報【都市伝説・怖い話】 

投稿日:

ホームステイで、アメリカの中西部に行ったときのこと。

ホストファミリーのオッサンに気に入られて、近くの川に釣りにでかけた。

夕方ごろにすげーどしゃぶりになって

『ホオオーンホオオーンホオオーン』

って怖い音がしだした。

「これはなに?」

「竜巻警報さ。大丈夫、滅多にこない」

「竜巻ですか。日本ではあまりないので怖いです」

「じゃあ、いい経験だ。いいホームステイになったな!ハッハッハッ」

嵐の前の静けさっていうのか、意外と風はなくて、ジンワリとすごい湿気が印象的だった。

でも正直、帰りたかった。

稲光がビカッ!ビカカッ!ビカッ!って光った時、思わず見上げたら、空全体に電子回路みたいな模様が見えた。

スーファミのソフトの外側をはがしたような、今でいうならパソコンのメモリとかビデオカードみたいな、平面的に線と四角が繋がっているのが、稲光を透かして見えるような感じだった。

『うわなんだこれ!竜巻の時ってこんな不思議なことがあるのか!』

と思ったら、オッサンも

「What the hell?」

って混乱しだした。

その後無言で待ってると、また稲光とともに同じ模様が空で点滅して、

「Shit! this may be an alien attack」

と、宇宙大戦争を危惧するオッサンに連れられて逃げ帰った。

帰って、オバサンに必死に説明するも信じてもらえなかった。

家に帰った時点で、

「ほんとなんだよ。宇宙人の巨大戦艦がもうそこまできているんだ!」

というまでに話を膨らませていたオッサンを見て、さすがプレゼンテーション一つで巨額のマネーを動かしてきた不動産開発マンだな、と大いに感心した。

「本屋なんて大学時代以来だよ」

といって、大量のUFO関連書籍を買ってきたオッサンは、今もホームページを毎週更新してUFO研究してる。

HPによると、その日は竜巻警報なんて出てなかったし、今思うと稲光の後に雷鳴がなかったような気がする。

UFOなのかなんなのか、不思議体験。

(了)

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 都市伝説, UFO

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.