ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 ほんのり怖い話

祖母の葬式で

更新日:

Sponsord Link

祖母の葬式の晩の事

50: 本当にあった怖い名無し 2011/09/27(火) 12:39:59.82 ID:7dFjN+Z90

田舎の古い屋敷で壁三面ガラス張りの小さな和室(昭和初期に店舗だった部分)に一人だった。

長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。

裏山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園には

『城主ですがここで虐殺してごめんなさい、かわりにお社を立てます、許してください』

みたいな木札が立っていた。

窓にカーテンもないので、山の上からのサーチライトの光が鏡張りの部屋に反射して、かなり怖かった。

廊下からひきずるような足音が聞こえてきた。親戚や客は屋敷の表側の座敷にいるはずなのに、裏に間違えて入ってきたのか…?

しだいにその足音に共鳴してふすまがふわ~んふわ~んと波打ちだした。

さらにふすまの揺れが木枠、部屋全体の桟ガタガタ、ガラスが共鳴してビリビリ部屋全体が揺れて舟の上みたいな感じだった。

足音は小部屋の前まできたが、また行きつ戻りつしながら消えるまでずいぶんかかった。

とても襖をあける勇気はでなかった……

表屋敷にいた家族親戚に話すと、裏にいった人はだれもいなかった、この家には野生のいたちが住んでいて歩き回る、台所から食べ物を盗んだり、箪笥にいたちが入っていた事もあるので、不意に開けてはいけないとの事。

でも人間が歩いても部屋が波打ったりませんでした。

十年たっても、いたちのせいと納得がいかないんですが、みなさんいかがですか?

(了)

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, ほんのり怖い話

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.