ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

中編 江戸川乱歩

接吻【江戸川乱歩・傑作選】

投稿日:

Sponsord Link

近頃は有頂天の山名宗三(やまなそうぞう)であった。

何とも云えぬ暖かい、柔かい、薔薇色(ばらいろ)の、そして薫(かおり)のいい空気が、彼の身辺を包んでいた。

それが、お役所のボロ机に向って、コツコツと仕事をしている時にでも、さては、同じ机の上でアルミの弁当箱から四角い飯を食っている時にでも、四時が来るのを遅しと、役所の門を飛び出して、柳の街路樹の下を、木枯(こがらし)の様にテクついている時にでも、いつも彼の身辺にフワフワと漂っているのであった。

というのは、山名宗三、この一月ばかり前に新妻を迎えたので、しかも、それが彼の恋女房であったので。

さてある日のこと、例の四時を合図に、まるで授業の済んだ小学生の様に帰り急ぎをして、課長の村山(むらやま)が、まだ机の上をゴテゴテ取片づけているのを尻目(しりめ)にかけて、役所を駈け出すと、彼は真一文字に自宅へと急ぐのであった。

赤い手絡(てがら)のお花(はな)は、例の茶の間の長火鉢(ながひばち)に凭(もた)れて、チャンと用意の出来たお膳の前に、クツクツ笑いながら(何てお花はよく笑う女だ)ポッツリと坐っていることであろう。

玄関の格子が開いたら、兎(うさぎ)の様に飛び出す用意をしながら、今か今かと俺の帰りを待っていることであろう。

テヘヘ、何てまあ可愛い奴だろう。

そんな風にはっきり考えた訳ではないが、山名宗三の道々の心持を図解すると、まあこういったものであった。

「今日は一つ、奴(やっこ)さん、おどかしてやるかな」

自宅の門前に近づくと、宗三はニヤニヤ独笑(ひとりわら)いを浮べながら考えた。

そこで、抜足差足(ぬきあしさしあし)、ソロリソロリと格子戸を開けて、玄関の障子を開けて、靴を脱ぐのも音のせぬ様に注意しながら、いきなり茶の間の前まで忍び込んだ。

「ここいらで、エヘンと咳ばらいでもするかな。いや待て待て。やつ独りでいる時にはどんな恰好をしているか、一寸(ちょっと)すき見をしてやれ」

で、障子の破れから茶の間の中を覗いて見ると、さあ大変、山名宗三、青くなって硬直した。

というのは、そこに、いとも不思議な光景が演じられていたからで。

想像通り、お花はチャンと長火鉢の前に坐っている。

布巾(ふきん)をかけたお膳も出ている。

が、肝心のお花は決してクツクツ笑ってはいないのだ。

それどころか、世にも真面目な様子で、泣いているのではないかと思う程の緊張ぶりで、一枚の写真を持って、接吻したり、抱きしめたり、それはそれは見ちゃいられないのであった。

さてはと、山名宗三、ギクリと思い当る所があったので、もう胸は早鐘をつく様だ。

ソッと二三畳あと帰りをすると、今度はドシドシと畳ざわりも荒々しく、ガラリと間の障子を引開けて、

「オイ、今帰った」

何故出迎えないのだと云わぬばかりに、そこの長火鉢の向う側へドッカリ坐ったことである。

「アラッ」

一声叫ぶやいなや、手に持っていた写真をいきなり帯の間へ隠すと、お花は、赤くなったり、青くなったり、へどもどしながら、でも、やっと気を沈めて、

「まあ、私、ちっとも存じませんで、ご免なさいまし」

そのいやにしとやかな口の利き方からして、食わせものだ。

宗三、そう思った。

それに、あの写真を隠した所を見ると、テッキリそうと極った。

障子を開けるまでは、若(も)しや自分の写真ではあるまいか、と、一方では大いに自惚(うぬぼれ)てもいたのだが、写真を隠して青くなった様子では、無論自分のではない。

きっと、彼奴(きゃつ)の写真に相違ない。

あの課長の村山面(づら)の。

と、宗三が疑念を抱くには、抱(いだ)く丈の理由があった。

新妻のお花は課長村山の遠縁の者で、長らく彼の家に寄寓していたのを、縁あって宗三が貰(もら)い受たのだ。

媒酌(ばいしゃく)はいうまでもなく課長さんである。

課長さんといっても、年輩は宗三とさして違わぬ年若だし、奥さんはあっても、評判の不緻縹(ふきりょうもの)、疑い出せば、何が何だか知れたものではないのである。

宗三、体(てい)よくお下り頂戴(ちょうだい)に及んだのか、それも今となっては怪しいものなのである。

それに、もう一つおかしいのは、お花の奴、しげしげと村山家を訪れる一件だ。

まだ一月にしかならぬに、宗三が知っている丈(だけ)でも、四五へんは行っている。

時には夜に入って帰ったこともある位だ。

色々と考えるに従って、もうもう癪(しゃく)で癪で、宗三は胸がはち切れ相(そう)だ。

彼が又大のやきもち焼きと来ているので。

が、まずさあらぬ体で夕食を済ませると、いつものように常談口を利き合うでもなく、そうかといって、写真の正体を極(きわ)めぬ間は、書斎にとじ籠(こも)る訳にも行かず、双方妙に気拙(きまず)く睨(にら)み合いといった形。

「それは一体誰の写真だ」

と度々咽喉まで込み上げて来るのを、やっと噛み殺して、宗三はじっとお花の挙動を監視している。

やきもち焼き丈になかなか陰険な方で、彼の積りでは、床へつく時には、きっとあの写真を何処かへしまうだろう。それを見極めて置いてあとから探し出してやろうという気だ。

やがて、お花はだんまりで立上ると、こそこそと、どこかへ出て行った。

はばかりとは方角が違う。

どうやら納戸(なんど)らしい。

宗三自身は見る影もない腰弁だけれど、家丈けは、親父が御家人(ごけにん)だったので、古いが手広な納戸なんていうものもある。

じゃあ箪笥(たんす)へでもしまう積りかな、箪笥といっても、幾つもあるから後になっては分らない。

兎も角、お花の跡をつけて見るに如(し)くはない。

で、宗三、そっと立上ると、女房のあとから、影の様について行った。

案の定納戸だ。

今這入ったばかりのところで、まだ箪笥の錠前をガチャガチャ云わせている。

一体、どの箪笥の、どの抽出へしまうのかと、幸の障子の破れに目を当てて、そっと覗いて見ると、何しろ二間兼用の五燭の電燈だから、それに障子の穴がやっと片目丈の大きさなので、見当をつけるのが、なかなか骨だったが、でも、兎も角、入口から云って正面の箪笥の上の、小抽斗(こひきだし)の左の端ということ丈は分った。お花の後姿は、そこへ一物を投げ込むと、ビシャンとしめて大急ぎでこちらへやって来そうな様子。

見られては一大事と、宗三、元の茶の間へ逃げ帰ると、敷島(しきしま)を一本、つけるが早いか口へ持って行って、スパリスパリとすました。

それから、御両人睨み合いよろしくあって、だが、そうしていても際限がないので、どちらが口を切るともなく、砂をかむ様な世間話を二口三口取交している内に、やがて九時だ、宗三思惑(おもわく)があるのでいつもよりも少し早いのだが、早速(さっそく)床につく。

さて、その真夜中、お花の寝息を伺って、これなら大丈夫と思ったか、宗三むっくり起上って、寝巻(ねまき)の前をかき合せると、ソロリソロリと寝間の外へ忍び出した。

行先は云うまでもなく納戸だ。

やっとたどりついて、宵(よい)に見当をつけて置いた、正面の箪笥の上の一番左の小抽斗、胸をドキドキさせながら開いて見ると、あった、あった、邪推ではなかった。

十数枚の大きいのや小さいのや、写真の重ねてある一番上に、課長の村山の半身像が、いやにすましてのっかっている、でも念の為に、震える手先に力を入れてその写真を一枚一枚調べて見たが、男のものといっては村山のただ一枚で、あとはみんなお花の家庭の写真ばかりだ。

もうもう疑う余地はない。

そうと極った。

うぬ、どうしてくれるか。

くやしいのと、寒いので、宗三ガタガタと身を震わせて、はぎしりをかんだ。

Sponsored Link

その翌日、物も云わず、お花の差出す弁当箱をひったくると、宗三、やけに急いで役所へ出勤したが、同僚の顔を見ても、癪で仕様がない。

はした月給を貰って、あの課長面にペコついているかと思うと、どいつもこいつも、かたっ端から、なぐり倒してやり度い様な気がする。

挨拶もしないで席につくと、ムーッと黙り込んだまま、いやに血走った目で、まだ出勤しない課長の机を睨みつけた。

やがて、意気な背広の課長さんが、大きな折鞄(おりかばん)を小脇に御出勤だ。

一同自席から敬礼するのを軽く受けて席につく。

鞄がバタンと机の上で鳴る。

宗三は、無論礼なんかしない。

焼く様な眼で睨んでいるばかりだ。

村山課長、一わたり机の上の整理が済むと、エヘンと一咳(いちがい)して、拍子の悪い、

「山名君。一寸(ちょっと)」

という仰(おお)せだ。

宗三はよっぽど返事をしないでいようかと思ったが、まさかそうもならず、渋々(しぶしぶ)席を立って、課長の机の前まで行った。

尤(もっと)も「何か御用で」なんて追従(ついしょう)は云わない。

ムッツリとしてつったっている。

だが、課長の方では、何も知らないものだからいつもの通りお叱言(こごと)が始まる。

「君、この統計は困るね。肝心の平均率が出ていないじゃないか。エ、君」

見ると成程(なるほど)、こちらの手落ちだ。平生なら一言(いちごん)もなく引下る所だが、今日はそうは行かない。虫の居所が違う。返事もしないで、グッと相手を睨みつけている。

「君はこの統計を何だと思っているのだ。ご丁寧に総計を並べたりして、そんなものは入らないのだ。平均率が必要なんだ。その位のこと解り相なものだね」

「そうですかッ」

宗三、いきなりびっくりする様な大声で呶鳴(どな)ると、サッと書類を引ったくって、そのまま自席へ戻って来た。

これから、みっしり、閑(ひま)つぶしの御説法を始める積(つもり)の課長さん、目をぱちくり。

さて、自席に戻ると、宗三何だか一生懸命書き出した。

殊勝にも統計を訂正するのかと見ると決してそうでない。

白紙一枚拡げると、筆太に先ず書いたのが、「辞職願」

面喰った課長の前に、小学生のお清書(せいしょ)の様な大文字の辞表を投げつけて、ぐっと溜飲(りゅういん)を下げた宗三は、まだ午前十一時というに、大手を振って帰って来た。

「お花、一寸ここへお出(い)で」

例の長火鉢の前へ、ドッカリと坐ると、さてこれから一談判だ。

昨夜のことがあるのでお花はもうビクビクもの。

「アラ、お帰りなさいまし。どっかお加減でも……」

「いや、身体は別状ない。僕は今日から役所を止(よ)す。その積りでいてくれ。それから、役所を止した訳はあの村山と衝突したからだ。だから、今日以後、村山家へ出入りすることはふっつり止めて貰い度い。これは断じて守ってくれないと困る」

「マア……」

といったが二の句がつげない。

「ア、それから」と何気なく、「お前は村山の写真を持っている筈(はず)だね。あれを一寸ここへ持ってお出で」

夫の剣幕がひどいので拒む訳にも行かぬ。お花は渋々例の写真を持って来る。

宗三は、それを、お花の目の前で、さも憎々しく、ズタズタに引きさくと、火鉢の中へくべて了った。

そして、やっとこれで清々(せいせい)したという顔付だ。

こうまでされては、お花とて悟らない訳には行かぬ。

さてはあの一件だなと、どうやら様子が分った。

そこで、兎も角も夫の口からそれを聞いた上のことと、こうなると女というものは手管(てくだ)のあるもので、すねて見たり、泣いて見たり、種々様々の手段を尽して、結局隙見(すきみ)の一件を白状させて了った。

どうだ、これには一言もあるまい。

写真をしまった所まで調べ上げてあるのだから、何といってもこっちに手抜(てぬか)りはない筈だ。

宗三、勝利者の気組みで、ぐっと落着いて、お花の様子を眺めている。

するとお花、いきなりワッと泣き伏しでもするかと思いきや、どうしてどうして、宗三があっけに取られた事には矢庭(やにわ)にクツクツと笑い出したのである。

「マア、何かと思えば、あなた、あんまりですわ。村山さんと私と……ホホホ……あなたも随分邪推深い方ね。あの写真、あれは、あれは、あのう、あなたのお写真でしたのよ」

といったかと思うと、お花、いきなり赧(あか)くなって、顔を隠すのであった。

「僕の写真だって、馬鹿な、うまくごまかそうと思っても、それは駄目だ。チャンと納戸へ尾行して、しまう所を睨んで置いたんだからな。あの抽斗(ひきだし)には村山の写真の外には、僕の写真はおろか、男のは一枚もありやしないじゃないか」

「ですから、猶(なお)変ですわ。そんな沢山写真があったなんて。きっとあなたは寝惚(ねぼ)けていらっしったのよ。あなたのお写真は一枚丈け、大切に抽斗の中の手文庫にしまってあるのですもの。一体あなたの御覧なすったという抽斗はどれですの」

「あの正面の箪笥の、上の左の端の小抽斗さ」

「アラ、正面ですって、まあおかしい。私が昨夜あなたのお写真をしまったのは左側の箪笥でしたのよ。抽斗は上の左の端のですけれど、まるで箪笥が違いますわ」

「そんな筈はない。やっぱりお前はごまかそうと思っているのだ。僕は小さな障子の穴から覗いたのだから、左側の箪笥なぞ、第一見える道理がないのだ。何といっても正面だ。いくらいそいでいたとはいえ、正面と左側と、まるで方向の違うものを、間違える筈はない」

「おかしいですわねえ」

「おかしくはない。お前はてれ隠しに、そんな出鱈目(でたらめ)を云っているのだ。つまらない真似はいい加減に止さないか」

「だって……」

「だってじゃない。何といっても僕の目に間違いはない」

妙な押問答(おしもんどう)になって来た。

夫は部屋の正面の壁に沿って置かれた箪笥だといい、妻は左側面の壁に沿って置かれたそれだと主張する。

両人の言い分の間には九十度の差異がある。

「ア、分りましたわ」

突然お花が叫んだ。

「あなた、まあこちらへ来てごらんなさいまし。分りました、分りました」

無暗に袖を引っぱるので、宗三仕様事(しょうこと)なしについて行くと、それは納戸だ。

「これ、これ、あなた、これに違いありませんわ」

そこで、お花がそういって、指さしたのは、一個の新しい洋服箪笥。

去年の暮、臨時手当に据置貯金の利息を足して買い整えた新式洋服箪笥。

それが一体どうしたというのであろう。

「お分りになりまして。ホラ、この扉についている鏡ですよ。この扉が開いていて、丁度障子の穴の前に来ていたのですよ。ですから、正面の箪笥が隠れて、飛んでもない左側の箪笥が写って、それが丁度正面にある様に見えたのですよ」

成程、洋服箪笥の扉の鏡が、障子の穴の前に四十五度の角度で開いていたとすれば、そこへ映った左側のものが真正面に見えた筈だ。

二つの箪笥の形もよく似ているので間違うのは無理ではない。

殊に薄暗い電燈の光で、しかも大いそぎで見たのだもの。

こいつは俺のしくじりかな。

宗三あまりの事にがっかりした。

他人の写真だと早合点したのは飛んだ間違いで、お花が宗三恋しさの余り、彼宗三の写真に接吻したり抱きしめたりしていたのだとすると、こんなひどい間違いはない。

ゾクゾクと嬉しがっているべき場合に、見当違いの癇癪(かんしゃく)を立てて、取り返しのつかぬ辞表まで書いたとは。

さあそこで、主客顛倒(しゅかくてんとう)である。

一挙にして頽勢(たいせい)を挽回したお花は、今度こそ本当に泣き出した。

お役所を止して明日から何とする積りだ。

この不景気に直様(すぐさま)口があるではなし、そうかといって、遊んで食える身分でもなし、あなたもあんまり向う見ずだ。

それに、私が村山家へ出入りするといってお怒りなさるけれど、これもみんなあなたに出世させ度いばっかりじゃありませんか。

誰があんな家(うち)、進んで行き度いことがあるものですか。

ひとの気も知らないで。

といって恨む。怨(えん)じる。歎(なげ)く。

それはそれは。

山名宗三、今は一言もない。

そればかりか、さしずめこれからの身のふり方に困(こう)じ果てた。

「すまじきものは嫉妬だなあ」

彼はつくづく嘆じたことである。

だが、読者諸君。

男というものは、少々陰険に見えても、性根はあくまでお人好しに出来ているものだ。

そして、女というものは、表面何も知らないねんねえの様であっても、心の底には生れつき陰険が巣喰っているものだ。

このお花だって、お話の表面に現れた丈けの女だかどうだか、甚(はなは)だ疑わしいものである。

若しも、例の鏡のトリックが、彼女の創作であったとしたらどうだ。

そして、彼女が接吻し、抱きしめたのは、やっぱり村山課長の写真であったとしたらどうだ。

それは兎も角男である山名宗三には、そこまで邪推をたくましくする陰険さはなかったのである。

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

-中編, 江戸川乱歩

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.