ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

中編 江戸川乱歩

一人二役【江戸川乱歩・傑作選】

投稿日:

人間、退屈すると、何を始めるか知れたものではないね。

 
僕の知人にTという男があった。

型の如く無職の遊民(ゆうみん)だ。

大して金がある訳(わけ)ではないが、まず食うには困らない。

ピアノと、蓄音器(ちくおんき)と、ダンスと、芝居と、活動写真と、そして遊里の巷(ちまた)、その辺をグルグル廻(まわ)って暮している様な男だった。
 
ところで、不幸なことに、この男、細君(さいくん)があった。

そうした種類の人間に、宿(やど)の妻という奴は、いや笑いごとじゃない。

正(まさ)に不幸というべきだよ。いや、まったく。
 
別に嫌っていたという程ではないが、といって、無論(むろん)女房丈(だ)けで満足しているTではない。

あちらこちら、箸はしまめにあさり歩く。

いうまでもなく、女房は焼くね。

それが又、Tには一寸(ちょっと)捨て難(がた)い、おつな楽たのしみでもあったのだ。

一体Tの女房というのが、なかなかどうして、Tなんかに、勿体(もったい)ない様な美人でね。

その女房に満足しない程のTだから、その辺にざらにある売女(ばいた)などに、これはという相手の見つかろう筈(はず)もないのだが、そこがそれ、退屈だ。

精力の過剰に困っているのでもなければ、恋を求める訳でもない。

ただ退屈だ。

次々と違った女に接して行けば、そこにいくらか変った味がある。

又、どうした拍子(ひょうし)で、非常な掘出し物がないでもあるまい。

Tの遊びは、大体そんな様な意味合(あい)のものだった。
 

さて、そのTがね、変なことを始めた話だよ。

それが実に奇想天外なんだ。

遊戯もここまで来ると、一寸凄くなるね。
 
誰しも感じることだろうが、自分の女房がね、自分以外の男に、つまり間男にだね、接しる時の様子をすき見したら、さぞ変な味がするだろう、……いや、実際にやられては耐(たま)らないが、ただふっとそんな好奇心の起ることがある。

Tのあの奇行の動機も、恐らく大部分はそうした好奇心だったに相違ない。

T自身では、彼の放蕩三昧(ほうとうざんまい)に対する細君の嫉妬(しっと)を封ずる手段だと称していたがね。
 
で、彼は何をしたかというと、ある夜のこと、頭から足の先まで、すっかり外で調えた新しい服装で、鼻の下へはチョッピリ附髭(つけひげ)までして、つまり手軽な変装をしたんだね。

そして、自分のでない、出鱈目(でたらめ)のイニシアルを彫らせた銀のシガレット・ケースを袂(たもと)にしのばせて、何気ない風で自宅へ帰ったものだ。
 
細君は、Tがいつもの通り、どっかで夜更(よふ)かしをして帰宅したのだと信じ切っている。

いや、それは当然のことだが、つまりTの変装に少しも気がつかなかった。

夜更けに寝惚(ねとぼ)け眼(まなこ)で見たのだからそれも無理ではない。

Tの方でも十分用心をして、新しい着物の縞柄(しまがら)なども、以前からあるのとまぎらわしい様なものを選んでいたし、附髭は床(とこ)に這入(はい)るまで、掌(てのひら)や、ハンカチなどで隠す様にした。

で、結局、Tのこの奇妙な計画はまんまと首尾よく成功したんだ。
 
床の中でね、彼等は電燈を消して寝る習慣だったから、真暗な床の中でだね、Tはやっと髭を押えていた手を離した。

で、つまり、当然だね、その異様な毛髪の感触が、細君を驚かせた。

「アラ、…………」
 
細君が、可愛らしい悲鳴を上げたのは、こりゃ決して無理はない。

同時にTとしては、ここが最も難しい所だ。

彼は細君が髭の存在を認めたことが分ると、早速向きを転(か)えて、二度と髭に触らせない様に、蒲団を被って、グウグウ空鼾(そらいびき)をかき出したものだ。
 
ここで、細君が怪しんで、あくまで穿鑿(せんさく)をしようものなら、Tの計画は、すっかりオジャンだ。

空鼾をかきながら、彼はもうビクビクものだったというね。

ところが、細君、案外暢気(のんき)なもので、何か感違いしたとでも思ったのか、そのままじっとしている。

暫(しばら)く待っていると、スウスウと優しい鼾が聞えて来た。

もうしめたものだ。
 
そこで、Tは、細君が十分寝込んだ折を見すまして、ソッと床の中から這い出した、手早く着物を着ると、例の銀のシガレット・ケース丈を枕許(まくらもと)へ残して、音のしない様に、家から抜け出し、それも、まともな入口からでなくて、庭の塀(へい)をのり越したのだ。

もうその時分車なんかありやしない、テクテクと、十何町の道を、行きつけの待合(まちあい)へ歩いた。

酔狂(すいきょう)な男もあったものだ。

さて、翌朝だ。

細君、目を醒(さま)して見ると、一緒に寝ていた筈の夫が、も抜けのからだから、少なからず驚いた。

家中探して見たが、どこにもいない。

寝坊の夫が、この早朝外出する筈もなし、妙だなと思いながら、ふっと気がついたのは、枕許のシガレット・ケースだ。

一向見慣れぬ品だ。

夫が始終持っているのとは違う。

で、手にとって調べて見ると、まるで心当りのないイニシアルが刻んである。

中の巻煙草まで、夫の常用のものとは違っている。

夫がどこかで取違えて来たのかとも考えて見たが、さて、何とやら腑(ふ)に落ちぬ。

と、思出すのは、昨夜(ゆうべ)の髭の一件だ。

さあ、細君どれ程か心配したことであろう。
 
そこへ、Tが、昨夜家を明けたのがきまりが悪いという様な、殊勝気(しゅしょうげ)な顔つきで帰って来た。

無論服装は、前日家を出た時のとおり換えているし、つけ髭もとってある。

いつもなら、細君、ただは置かないのだけれど、今日はそれどころではない。

彼女の方に、途方もない心配があるのだ。

妙な工合(ぐあい)で、だんまりで、Tは茶の間へ通る、細君は青い顔をしてあとからついて来る、といった鹽梅(あんばい)だ。
 
暫(しばら)くすると、細君がおずおずしながら聞くんだね。

「この煙草入れ、どっかで取りかえていらっしったのじゃなくって」
 
いうまでもなく、例の銀製のシガレット・ケース。

「いいえ、それ、どうかしたのかい」
 
と、Tがとぼけて見せると、

「だって」と少しあまえて、「ゆうべ、あなたがもってお帰りなすったのじゃありませんか」

「へええ」と更にとぼけて「だが、僕のはちゃんと、これ、ここに持っているよ。それに、第一僕がゆうべ帰ったって?」ここで少し調子を高める。

この一言で、細君をハッとさせる訳(わけ)だね。
 
などと、落語家みたいに、会話入りでやっちゃ、際限がないから、それはよすとして、よろしく一問一答を繰りかえしたのち、とど、細君が昨夜の一伍一什(いちぶしじゅう)を、打開けて了うところまでこぎつけた。
 
そこで、Tはさも不思議相(そう)な顔をして見せ、そんな馬鹿なことのあろう道理がない。

自分はゆうべ××(や)で、何の誰と一晩呑みあかしたのだから、何ならあの男に聞いて見るがいい、と、これがつまり、探偵小説の言葉で云えばアリバイだね。

それは前以(も)ってちゃんと頼み込んであるのだ。

エ、お前がそのアリバイを勤めたのかって、イヤ、違う違う。

「お前夢でも見たのではないか。

いいえ、決して夢ではありません。

夢でなかった証拠には、ちゃんと煙草入れが残っているのだ。

はてな、昔の書物に、離魂病(りこんびょう)というものが見えているが、まさか今の時節、そんなこともあるまい。

その離魂病というのはね、一人の人間の姿が、二つに分れて、同時に、違った場所で、違った行(おこない)をするというのだ。

などと、一寸怪談めいて見たり、お前そんなことを云って、実はソッとどこかの男を引入れているのではないか」

などと脅(おど)しつけて見たり、それが又、Tには、何とも愉快でたまらないというのだから、因果さ。
 
が、兎(と)も角(かく)も、その日は有耶無耶(うやむや)で済んで了った。

Sponsored Link

無論、一度位では駄目だ。

Tの計画では、幾度も、幾度もそれを続けてやって見る積(つも)りだった。
 
二回目は、少々心配した。

細君、前に懲(こ)りているから、うっかり変装して行こうものなら騒ぎ出しやしないかというのだ。

で、今度は、家に這入る時には、変装もせず、髭もつけずに行って、さて、電燈も消して、床につき、細君がもう寝入るという頃を見計(みはか)らって、夢現(ゆめうつつ)の間に、ほんの瞬間、例の髭の感触を与え、そして、寝入って了ったのを見すまして、やっぱり前通りのイニシャルを縫いつけたハンカチを残して、家を抜け出す手筈にしたが、なんと、それが再びうまく成功したではないか。

翌朝の模様は、前の時と似たり寄ったりで、ただ、細君の顔が、一層青ざめ、Tの狂言嫉妬(しっと)が、更に手強くなった位の相違だった。
 
そうして、三度となり、四度と重なって行くに従って、Tのお芝居は益々上達し、今では、細君にとっては、煙草入れや、ハンカチのイニシアルの男が、はっきりした、実在の人物になって来たが、それと同時に、ここに妙な事が起って来たのだ。

これまでの所はね、まあ謂(い)わば笑話(わらいばなし)にすぎないけれど、これから先は、話が少し固くなって来るのだよ。

人間の心が、如何(いか)にたよりない、そして又不思議なものだといった風の、一寸考えさせられるものを含んでいるのだよ。
 
第一に起った変化は、細君の側(がわ)にあった。

その貞女を以て聞えた細君がね、女なんて実際分らないものだ、変装した方のTに対して、明かにTの外(ほか)の男だと信じつつ、ある好意を見せ始めたのだ。

この辺の心理は可也(かなり)不思議なものだが、併し、昔の物の本などによく例がある、つまり、それは、何人(なんぴと)とも分らぬ男との、夜毎(よごと)の逢瀬(おうせ)は、恐らく、彼女にとって、一つのお伽噺(とぎばなし)であったのであろうか。
 
一方に於(おい)て、彼女は、変装のTがその都度(つど)残して行く、証拠品を、夫であるTに隠す様になった。

そればかりか、他の一方に於ては、変装のTに対して、夫とは別人であると意識した上の、罪の囁(ささや)きを囁く様になった。

「あなたが、どこの何というお方だか、その見知らぬあなたが、どうして妾(わたし)の所へ通って下さるのか、妾には少しも分らない。

でも、あなたの御深切(しんせつ)が、今ではもう、妾には忘れ難いものになって了った。

あなたのお出(い)でなさらぬ夜が淋しく感ぜられさえする。

この次は、いつ来て下さるのでしょうか」

そうした細君の変心(というには少し変だけど)を知った時の、Tの心持は、実際何とも形容の出来ぬ変てこなものであったに相違ない。
 
一方から見れば、これは、Tの最初の目論見(もくろみ)が完全に果された訳であった。

こうして、細君の方に大きな弱味が出来て了えば、彼の放蕩は五分五分だ。

決して細君に対して引け目を感じる必要はない。

だから、彼の計画から云えば、この辺で、この妙な遊戯を打切って、変装した彼自身を、永久にこの世から葬って了えばよいのだ、そうすれば、元々実在しない人物のことだから、あとに煩(わずら)いの残る筈はない、とTは考えていた。
 
ところが、今彼の心は、最初は全然予想しなかった、極度の混乱に陥って了ったのだ。

仮令(たとえ)、仮想の人物にもせよ、細君が彼以外の男を愛し始めたという、この恐しい事実が彼を撃った。

始めは狂言であった嫉妬が、真剣なものに変って来た。若(も)しこういう心持が嫉妬といえるならばだ。

そこには相手がないのだ。

一体全体、誰に向って嫉妬をするのだ。

細君は決してT以外の男に肌身を許した訳ではない。

つまり、彼の恋敵(こいがたき)は、とりも直さず彼自身に外ならぬのだ。
 

さあ、そうなると、以前はさ程でもなかった細君が、この世に二人とないものに思われて来る。

その細君を、他人に(正(まさ)しく云えば自分自身にだが)奪われたかと思うと、くやしさは一通りではない。

細君がぼんやり物思いに耽(ふけ)っている。

アア、彼女は今、もう一人の男のことを思っているのだな。

そう考えると、もうたまらない。

Tは実に取返しのつかぬことをやって了ったのだ。

彼は自分自身の仕掛けた罠(わな)にかかったのだ。
 
慌(あわ)てて、仮装を中止して見たところで、今更ら何の甲斐(かい)もなかった。

夫婦の間には、いつの間にか妙な隔意を生じていた。

細君はともすれば憂欝(ゆううつ)になった。

恐らく彼女は姿を見せぬ男のことを、諦め兼ねているのに相違ない。

Tはそれを見るのがつらかった。

と同時に、それ程心にかけている男というのが、実はもう一人の自分であることを考えると、それは満更嬉しくないこともなかった。
 
一層一伍一什を打開けて了おうか、だがそうすることは、何となくいやだった。

一つは余りに馬鹿馬鹿しい自分の行為が恥しくもあったし、それに、もう一つは、実はこれが最大の原因なのだが、生れて始めて経験した、忍ぶ恋路の身も世もあらぬ楽しさを、Tはどうにも忘れ兼ねた。

彼は、そこに、本当の恋を見出した様に思った。

本来のTに対しては、世間並の女房に過ぎなかった彼女が、その心の奥底にあの様な情熱を隠していようとは。

Tは全く意外であった。

そして逢瀬が重なれば重なる程、そのことは明かになって行った。

今更ら、あれは狂言だったなどとどうして云えるものか。
 
併し、この二重生活をいつまでも続けることは、煩わしいばかりでなく、細君に真相を悟られる虞(おそれ)があった。

これまでは、いつも夜更けを選んで、暗い電燈の下や、多くはその電燈さえもない闇の中で逢っていたのだし、一方明白なアリバイが用意してあったから、まず安全であったけれど、そんな異常な会合がそうそう続けられるものではない。

とするとそこには三つの方法しかない。

第一は仮想の人物を葬って了うこと、第二はトリックの一伍一什を打明けること、そして第三は、実に変なことだけれど、彼が、細君に愛想をつかされた、いわばこの世に用のないTという人物を辞職して、その代りに一方の仮想の男になり切って了うこと。
 
今も云う通り、仮想の人物としての、細君との、謂わば初恋を発見した彼は、どうにも、第一第二の道を選ぶ気にはなれなかった。

そこで非常に難しいことだとは思ったが、遂に、第三の方法を採(と)ることに決心した。

つまり、Aという男が、ABの二役を勤め、それから今度は、始めのAをすてて、まるで違ったBの方にばけて了うのだ。

嘗(かつ)てこの世に存在しなかった一人の人間を拵(こしら)えるのだ。
 
そう決心すると、Tはまず旅行と称して、一ヶ月ばかり家をあけ、その間に、出来る丈け顔形を変えようとした。

頭髪の刈り方を違え、口髭を生(はや)し、眼鏡(めがね)をかけ、医者の手術を受けて、一重眼瞼(ひとえまぶた)を二重にし、その上顔面の一部に、小さい傷さえ拵えた。

そして、髭が伸びた頃に、態々(わざわざ)九州の方まで出掛けて行って、そこから、細君の所へ一通の絶縁状を送ったものだ。
 
細君は途方に暮れた。

相談を持込む親戚とてもないのだ。

幸い、夫が多額の金を残して行ったので、その方の不自由は感じなかったが、そうかといって、じっとして居る訳には行かぬ。

こんな時、あの方が来て下すったら。

きっと彼女はそう思ったに相違ない。

丁度そこへ、仮想の男になり済(すま)したTが、ヒョッコリとやって来た、最初は、細君、その男をTだといって聞かなんだが、Tの友人が訪ねて来ても、まるで話が合わなかったり、(それはTが予(あらかじ)め頼んだこの芝居の脇役なのだ)仮装の男の身許が明かになったりしたので(これもTが拵えて置いたのだ)つい、彼等が全く別人であることを信ずる様になった。

これが、何かそうする理由でもあったのなら、いくら何でもだまされはしないのだろうが、T自身の心持を外(ほか)にしては、まるで理由というものがないのだ。

まさか、こんな馬鹿馬鹿しいお芝居が演じられようとは、誰にしたって、思いも寄らないからね。

Tの細君は案外易々(やすやす)とだまされたのも、これは無理もないよ。
 

間もなく、彼等は住所を換えて同棲することになった。

無論名前もTではなくなった。

お蔭で、僕等Tの友人は、かたくお出入りをさし止められたものだ。

聞くところによると、其後(そのご)Tはふっつり遊ばなくなった相だ。

そして、この喜劇にも等しいお芝居が、案外好結果を納めて、彼等の仲は、引続き非常に睦(むつ)まじく行っているという噂だ。

世の中に変った男もあるものだね。
 
ところで、お話はまだ少しあるんだよ。

それは、つい最近のことだが、ある所で、僕はふと、昔Tであった男に出逢った。

見ると彼は例の細君を同伴している。

で、僕は、言葉をかけては悪いのだろうと思い、何気ない風を装って、彼等の前を通り過ぎようとすると、意外にもTの方から僕の名前を呼びかけた。そして、

「いや、その御配慮には及びませんよ」
 
昔から見ると、ずっと快活な声でTが云った。

僕達はそこにあった椅子(いす)に腰かけて、久しぶりで語り合った。

「ナニネ、もうすっかり手品の種が分っているのですよ。

これをうまく担(かつ)いだ積りでいた私の方が、実はすっかり、あべこべに担がれていたのです。

これは、あの私のいたずらを、最初から気附いていたんだ相(そう)です。

でも、別段害のある事柄ではなし、それで家庭が円満に行く様にでもなれば、これに越したことはないと思い、つい、だまされた様な体(てい)を装っていたのだといいます。

道理でうまく運び過ぎると思いましたよ。

ハハ……、女なんて魔物ですね」
 
それを聞くと、傍(そば)に立っていた、相変らず美しいTの細君は、恥しそうにほほえんだ。
 
僕も、最初から、そんなことではあるまいかと、いくらか疑(うたがい)を抱いていたので、さして驚きはしなかったが、Tには、それが自慢であるらしく、幾度も同じことを繰返して、自分で驚いて見せていた。

この調子なら、先生やっぱり仲睦(むつま)じくやっているな。

そこで、僕は窃(ひそか)に、御両人を祝福したことであった。

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

-中編, 江戸川乱歩

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.