ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

長編 江戸川乱歩

赤い部屋【江戸川乱歩・傑作選】

投稿日:

Sponsord Link

異常な興奮を求めて集った、七人のしかつめらしい男が(私もその中の一人だった)

わざわざその為にしつらえた『赤い部屋』の、緋色のビロードで張った深い肘掛椅子にもたれ込んで、今晩の話手が何事か怪異な物語を話し出すのを、今か今かとまちかまえていた。

七人の真中には、これも緋色のビロードでおおわれた一つの大きな丸テーブルの上に、古風な彫刻のある燭台にさされた、三挺の太い蝋燭がユラユラと幽かに揺れながら燃えていた。

部屋の四周には、窓や入口のドアさえ残さないで、天井から床まで、真紅な重々しい垂絹が豊かな襞を作って懸けられていた。

ロマンチックな蝋燭の光が、その静脈から流れ出したばかりの血の様にも、ドス黒い色をした垂絹の表に、我々七人の異様に大きな影法師を投げていた。

そして、その影法師は、蝋燭の焔につれて、幾つかの巨大な昆虫でもあるかの様に、垂絹の襞の曲線の上を、伸びたり縮んだりしながら這い歩いていた。

いつもながらその部屋は、私を、丁度とほうもなく大きな生物の心臓の中に坐ってでもいる様な気持にした。

私にはその心臓が、大きさに相応したのろさを以て、ドキンドキンと脈うつ音さえ感じられる様に思えた。

誰も物を云わなかった。

私は蝋燭をすかして、向側に腰掛けた人達の赤黒く見える影の多い顔を、何ということなしに見つめていた。

それらの顔は、不思議にも、お能の面の様に無表情に微動さえしないかと思われた。

やがて、今晩の話手と定められた新入会員のT氏は、腰掛けたままで、じっと蝋燭の火を見つめながら、次の様に話し始めた。

私は、陰影の加減で骸骨の様に見える彼の顎が、物を云う度にガクガクと物淋しく合わさる様子を、奇怪なからくり仕掛けの生人形でも見る様な気持で眺めていた。

私は、自分では確かに正気の積りでいますし、人もまたその様に取扱ってくれていますけれど、まったく正気なのかどうか分りません。

狂人かも知れません。

それ程でないとしても、何かの精神病者という様なものかも知れません。

とにかく、私という人間は、不思議な程この世の中がつまらないのです。

生きているという事が、もうもう退屈で退屈で仕様がないのです。

初めのうちは、でも、人並みに色々の道楽に耽った時代もありましたけれど、それが何一つ私の生れつきの退屈を慰めてはくれないで、却って、もうこれで世の中の面白いことというものはお仕舞なのか、なあんだつまらないという失望ばかりが残るのでした。

で、段々、私は何かをやるのが臆劫になって来ました。

例えば、これこれの遊びは面白い、きっとお前を有頂天にしてくれるだろうという様な話を聞かされますと、おお、そんなものがあったのか、では早速やって見ようと乗気になる代りに、まず頭の中でその面白さを色々と想像して見るのです。

そして、さんざん想像をめぐらした結果は、いつも「なあに大したことはない」とみくびってしまうのです。

そんな風で、一時私は文字通り何もしないで、ただ飯を食ったり、起きたり、寝たりするばかりの日を暮していました。

そして、頭の中だけで色々な空想を廻らしては、これもつまらない、あれも退屈だと、片端からけなしつけながら、死ぬよりも辛い、それでいて人目にはこのうえもなく安易な生活を送っていました。

これが、私がその日その日のパンに追われる様な境遇だったら、まだよかったのでしょう。

たとえ強いられた労働にしろ、兎に角何かすることがあれば幸福です。

それとも又、私が飛切りの大金持ででもあったら、もっとよかったかも知れません。

私はきっと、その大金の力で、歴史上の暴君達がやった様なすばらしい贅沢や、血なまぐさい遊戯や、その他様々の楽しみに耽けることが出来たでありましょうが、勿論それもかなわぬ願いだとしますと、私はもう、あのお伽噺にある物臭太郎の様に、一層死んでしまった方がましな程、淋しくものういその日その日を、ただじっとして暮す他はないのでした。

こんな風に申上げますと、皆さんはきっと「そうだろう、そうだろう、しかし世の中の事柄に退屈し切っている点では我々だって決してお前にひけを取りはしないのだ。

だからこんなクラブを作って何とかして異常な興奮を求めようとしているのではないか。お前もよくよく退屈なればこそ、今、我々の仲間へ入って来たのであろう。それはもう、お前の退屈していることは、今更ら聞かなくてもよく分っているのだ」とおっしゃるに相違ありません。

ほんとうにそうです。

私は何もくどくどと退屈の説明をする必要はないのでした。

そして、あなた方が、そんな風に退屈がどんなものだかをよく知っていらっしゃると思えばこそ、私は今夜この席に列して、私の変てこな身の上話をお話しようと決心したのでした。

私はこの階下のレストランへはしょっちゅう出入していまして、自然ここにいらっしゃる御主人とも御心安く、大分以前からこの『赤い部屋』の会のことを聞知っていたばかりでなく、いっさいならず入会することを勧められてさえいました。

それにもかかわらず、そんな話には一も二もなく飛びつきそうな退屈屋の私が、今日まで入会しなかったのは、私が、失礼な申分かも知れませんけれど、皆さんなどとは比べものにならぬ程退屈し切っていたからです。

退屈し過ぎていたからです。

犯罪と探偵の遊戯ですか、降霊術その他の心霊上の様々の実験ですか、Obscene Picture の活動写真や実演やその他のセンジュアルな遊戯ですか、刑務所や、瘋癲病院や、解剖学教室などの参観ですか、まだそういうものに幾らかでも興味を持ち得るあなた方は幸福です。

私は、皆さんが死刑執行のすき見を企てていられると聞いた時でさえ、少しも驚きはしませんでした。

といいますのは、私は御主人からそのお話のあった頃には、もうそういうありふれた刺戟には飽き飽きしていたばかりでなく、ある世にもすばらしい遊戯、といっては少し空恐しい気がしますけれど、私にとっては遊戯といってもよい一つの事柄を発見して、その楽しみに夢中になっていたからです。

その遊戯というのは、突然申上げますと、皆さんはびっくりなさるかも知れませんが……、人殺しなんです。

ほんとうの殺人なんです。

しかも、私はその遊戯を発見してから今日までに百人に近い男や女や子供の命を、ただ退屈をまぎらす目的の為ばかりに、奪って来たのです。

あなた方は、では、私が今その恐ろしい罪悪を悔悟して、懺悔話をしようとしているかと早合点なさるかも知れませんが、ところが、決してそうではないのです。

私は少しも悔悟なぞしてはいません。

犯した罪を恐れてもいません。

それどころか、ああ何ということでしょう。

私は近頃になってその人殺しという血腥い刺戟にすら、もう飽きあきして了ったのです。

そして、今度は他人ではなくて自分自身を殺す様な事柄に、あの阿片の喫煙に耽り始めたのです。

さすがにこれだけは、そんな私にも命は惜しかったと見えまして、我慢に我慢をして来たのですけれど、人殺しさえあきはてては、もう自殺でも目論む外には、刺戟の求め様がないではありませんか。

私はやがて程なく、阿片の毒の為に命をとられてしまうでしょう。

そう思いますと、せめて筋路の通った話の出来る間に、私は誰れかに私のやって来た事を打開けて置き度いのです。

それには、この『赤い部屋』の方々が一番ふさわしくはないでしょうか。

そういう訳で、私は実は皆さんのお仲間入りがし度い為ではなくて、ただ私のこの変な身の上話を聞いて貰い度いばかりに、会員の一人に加えて頂いたのです。

そして、幸いにも新入会の者は必ず最初の晩に、何か会の主旨にそう様なお話をしなければならぬきめになっていましたのでこうして今晩その私の望みを果す機会をとらえることが出来た次第なのです。

それは今からざっと三年ばかり以前のことでした。

その頃は今も申上げました様に、あらゆる刺戟に飽きはてて何の生甲斐もなく、丁度一匹の退屈という名前を持った動物ででもある様に、ノラリクラリと日を暮していたのですが、その年の春、といってもまだ寒い時分でしたから多分二月の終りか三月の始め頃だったのでしょう、ある夜、私は一つの妙な出来事にぶつかったのです。

私が百人もの命をとる様になったのは、実にその晩の出来事が動機をなしたのでした。

どこかで夜更しをした私は、もう一時頃でしたろうか。

少し酔っぱらっていたと思います。

寒い夜なのにブラブラと車にも乗らないで家路を辿っていました。

もう一つ横町を曲ると一町ばかりで私の家だという、その横町を何気なくヒョイと曲りますと、出会がしらに一人の男が、何か狼狽している様子で慌ててこちらへやって来るのにバッタリぶつかりました。

私も驚きましたが男は一層驚いたと見えて暫く黙ってつっ立っていましたが、おぼろげな街燈の光で私の姿を認めるといきなり「この辺に医者はないか」と尋ねるではありませんか。

よく訊いて見ますと、その男は自動車の運転手で、今そこで一人の老人を(こんな夜中に一人でうろついていた所を見ると多分浮浪の徒だったのでしょう)ひきたおして大怪我をさせたというのです。

なる程見れば、すぐ二三間向うに一台の自動車が停っていて、その側に人らしいものが倒れてウーウーと幽かにうめいています。

交番といっても大分遠方ですし、それに負傷者の苦しみがひどいので、運転手は何はさて置き先ず医者を探そうとしたのに相違ありません。

私はその辺の地理は、自宅の近所のことですから、医院の所在などもよく弁えていましたので早速こう教えてやりました。

「ここを左の方へ二町ばかり行くと左側に赤い軒燈(けんとう)の点いた家がある。M医院というのだ。そこへ行って叩き起したらいいだろう」

すると運転手はすぐ様助手に手伝わせて、負傷者をそのM医院の方へ運んで行きました。

私は彼等の後ろ姿が闇の中に消えるまで、それを見送っていましたが、こんなことに係合っていてもつまらないと思いましたので、やがて家に帰って、――私は独り者なんです。――婆やの敷いてくれた床へ這入いって、酔っていたからでしょう、いつになくすぐに眠入って了いました。

実際何でもない事です。

もし私がそのままその事件を忘れてしまいさえしたら、それっきりの話だったのです。

ところが、翌日眼をさました時、私は前夜のちょっとした出来事をまだ覚えていました。

そしてあの怪我人は助かったかしらなどと、要もないことまで考え始めたものです。

すると、私はふと変なことに気がつきました。

「ヤ、俺は大変な間違いをしてしまったぞ」私はびっくりしました。

いくら酒に酔っていたとはいえ、決して正気を失っていた訳ではないのに、私としたことが、何と思ってあの怪我人をM医院などへ担ぎ込ませたのでしょう。

「ここを左の方へ二町ばかり行くと左側に赤い軒燈の点いた家がある……」というその時の言葉もすっかり覚えています。

なぜその代りに、「ここを右の方へ一町ばかり行くとK病院という外科専門の医者がある」と云わなかったのでしょう。

私の教えたMというのは評判の藪医者で、しかも外科の方は出来るかどうかさえ疑わしかった程なのです。

ところがMとは反対の方角でMよりはもっと近い所に、立派に設備の整ったKという外科病院があるではありませんか。

無論私はそれをよく知っていた筈なのです。

知っていたのに何故間違ったことを教えたか。

その時の不思議な心理状態は、今になってもまだよく分りませんが、恐らく胴忘れとでも云うのでしょうか。

私は少し気懸りになって来たものですから、婆やにそれとなく近所の噂などを探らせて見ますと、どうやら怪我人はM医院の診察室で死んだ鹽梅(あんばい)なのです。

どこの医者でもそんな怪我人なんか担ぎ込まれるのは厭がるものです。

まして夜半の一時というのですから、無理もありませんがM医院ではいくら戸を叩いても、何のかんのと云ってなかなか開けてくれなかったらしいのです。

さんざんひまどらせた挙句やっと怪我人を担ぎ込んだ時分には、もう余程手遅れになっていたに相違ありません。

でも、その時若しM医院の主が「私は専門医でないから、近所のK病院の方へつれて行け」とでも、指図をしたなら、或は怪我人は助っていたのかも知れませんが、何という無茶なことでしょう。

彼は自からその難しい患者を処理しようとしたらしいのです。

そしてしくじったのです、何んでも噂によりますとM氏はうろたえてしまって、不当に長い間怪我人をいじくりまわしていたとかいうことです。

私はそれを聞いて、何だかこう変な気持になって了いました。

この場合可哀相な老人を殺したものは果して何人(なんぴと)でしょうか。

自動車の運転手とM医師ともに、それぞれ責任のあることは云うまでもありません。

そしてそこに法律上の処罰があるとすれば、それは恐らく運転手の過失に対して行われるのでしょうが、事実上最も重大な責任者はこの私だったのではありますまいか。

若しその際私がM医院でなくてK病院を教えてやったとすれば、少しのへまもなく怪我人は助かったのかも知れないのです。

運転手は単に怪我をさせたばかりです。

殺した訳ではないのです。

M医師は医術上の技倆が劣っていた為にしくじったのですから、これもあながち咎とがめる所はありません。

よし又彼に責を負うべき点があったとしても、その元はと云えば私が不適当なM医院を教えたのが悪いのです。

つまり、その時の私の指図次第によって、老人を生かすことも殺すことも出来た訳なのです。

それは怪我をさせたのは如何にも運転手でしょう。

けれど殺したのはこの私だったのではありますまいか。

これは私の指図が全く偶然の過失だったと考えた場合ですが、若しそれが過失ではなくて、その老人を殺してやろうという私の故意から出たものだったとしたら、一体どういうことになるのでしょう。

いうまでもありません。

私は事実上殺人罪を犯したものではありませんか。

しかし法律は仮令運転手を罰することはあっても、事実上の殺人者である私というものに対しては、恐らく疑いをかけさえしないでしょう。

なぜといって、私と死んだ老人とはまるきり関係のない事がよく分っているのですから。

そしてたとい疑いをかけられたとしても、私はただ外科医院のあることなど忘れていたと答えさえすればよいではありませんか。

それは全然心の中の問題なのです。

皆さん。皆さんはかつてこういう殺人法について考えられたことがおありでしょうか。

私はこの自動車事件で始めてそこへ気がついたのですが、考えて見ますと、この世の中は何という険難至極(けんのんしごく)な場所なのでしょう。

いつ私の様な男が、何の理由もなく故意に間違った医者を教えたりして、そうでなければ取止めることが出来た命を、不当に失ってしまう様な目に合うか分ったものではないのです。

これはその後私が実際やって見て成功したことなのですが、田舎のお婆さんが電車線路を横切ろうと、まさに線路に片足をかけた時に、無論そこには電車ばかりでなく自動車や自転車や馬車や人力車などが織る様に行違っているのですから、そのお婆さんの頭は十分混乱しているに相違ありません。

その片足をかけた刹那に、急行電車か何かが疾風の様にやって来てお婆さんから二三間の所まで迫ったと仮定します。

その際、お婆さんがそれに気附かないでそのまま線路を横切って了えば何のことはないのですが、誰かが大きな声で「お婆さん危いッ」と怒鳴りでもしようものなら、忽ち慌ててしまって、そのままつき切ろうか、一度後へ引返そうかと、暫くまごつくに相違ありません。

そして、若しその電車が、余り間近い為に急停車も出来なかったとしますと、「お婆さん危いッ」というたった一言が、そのお婆さんに大怪我をさせ、悪くすれば命までも取ってしまわないとは限りません。

先きも申上げました通り、私はある時この方法で一人の田舎者をまんまと殺してしまったことがありますよ。

(T氏はここでちょっと言葉を切って、気味悪く笑った)

この場合「危いッ」と声をかけた私は明かに殺人者です。

しかし誰が私の殺意を疑いましょう。

何の恨みもない見ず知らずの人間を、ただ殺人の興味の為ばかりに、殺そうとしている男があろうなどと想像する人がありましょうか。

それに「危いッ」という注意の言葉は、どんな風に解釈して見たって、好意から出たものとしか考えられないのです。

表面上では、死者から感謝されこそすれ決して恨まれる理由がないのです。

皆さん、何と安全至極な殺人法ではありませんか。

世の中の人は、悪事は必ず法律に触れ相当の処罰を受けるものだと信じて、愚にも安心し切っています。

誰にしたって法律が人殺しを見逃そうなどとは想像もしないのです。

ところがどうでしょう。

今申上げました二つの実例から類推出来る様な少しも法律に触れる気遣いのない殺人法が考えて見ればいくらもあるではありませんか。

私はこの事に気附いた時、世の中というものの恐ろしさに戦慄するよりも、そういう罪悪の余地を残して置いてくれた造物主の余裕を此上もなく愉快に思いました。

ほんとうに私はこの発見に狂喜しました。何とすばらしいではありませんか。

この方法によりさえすれば、大正の聖代(せいだい)にこの私だけは、謂わば斬捨て御免も同様なのです。

そこで私はこの種の人殺しによって、あの死にそう相な退屈をまぎらすことを思いつきました。

絶対に法律に触れない人殺し、どんなシャーロック・ホームズだって見破ることの出来ない人殺し、ああ何という申分のない眠け醒しでしょう。

以来私は三年の間というもの、人を殺す楽しみに耽って、いつの間にかさしもの退屈をすっかり忘れはてていました。

皆さん笑ってはいけません。

私は戦国時代の豪傑の様に、あの百人斬りを、無論文字通り斬る訳ではありませんけれど、百人の命をとるまでは決して中途でこの殺人を止めないことを、私自身に誓ったのです。

今から三月ばかり前です、私は丁度九十九人だけ済ませました。

そして、あと一人になった時先にも申上げました通り私はその人殺しにも、もう飽きあきしてしまったのですが、それは兎も角、ではその九十九人をどんな風にして殺したか。

勿論九十九人のどの人にも少しだって恨みがあった訳ではなく、ただ人知れぬ方法とその結果に興味を持ってやった仕事ですから、私は一度も同じやり方を繰返す様なことはしませんでした。

一人殺したあとでは、今度はどんな新工夫でやっつけようかと、それを考えるのが又一つの楽しみだったのです。

しかし、この席で、私のやった九十九の異った殺人法を悉く御話する暇もありませんし、それに、今夜私がここへ参りましたのは、そんな個々の殺人方法を告白する為ではなくて、そうした極悪非道の罪悪を犯してまで、退屈を免れ様とした、そして又、遂にはその罪悪にすら飽きはてて、今度はこの私自身を亡ぼそうとしている、世の常ならぬ私の心持をお話して皆さんの御判断を仰ぎたい為なのですから、その殺人方以については、ほんの二三の実例を申上げるに止めて置き度いと存じます。

この方法を発見して間もなくのことでしたが、こんなこともありました。

私の近所に一人の按摩がいまして、それが不具などによくあるひどい強情者でした。

他人が深切から色々注意などしてやりますと、却ってそれを逆にとって、目が見えないと思って人を馬鹿にするなそれ位のことはちゃんと俺にだって分っているわいという調子で、必ず相手の言葉にさからったことをやるのです。

どうして並み並みの強情さではないのです。

ある日のことでした。

私がある大通りを歩いていますと、向うからその強情者の按摩がやって来るのに出逢いました。

彼は生意気にも、杖を肩に担いで鼻唄を歌いながらヒョッコリヒョッコリと歩いています。

丁度その町には昨日から下水の工事が始まっていて、往来の片側には深い穴が掘ってありましたが、彼は盲人のことで片側往来止めの立札など見えませんから、何の気もつかず、その穴のすぐ側を呑気そうに歩いているのです。

それを見ますと、私はふと一つの妙案を思いつきました。

そこで、「やあN君」と按摩の名を呼びかけ、(よく療治を頼んでお互に知り合っていたのです)「ソラ危いぞ、左へ寄った、左へ寄った」と怒鳴りました。

それをわざと少し冗談らしい調子でやったのです。

というのは、こういえば、彼は日頃の性質から、きっとからかわれたのだと邪推して、左へはよらないでわざと右へ寄るに相違ないと考えたからです。

案の定彼は、「エヘヘヘ……御冗談ばっかり」などと声色めいた口返答をしながら、矢庭に反対の右の方へ二足三足寄ったものですから、忽ち下水工事の穴の中へ片足を踏み込んで、アッという間に一丈もあるその底へと落ち込んで了いました。

私はさも驚いた風を装うて穴の縁へ駈けより、「うまく行ったかしら」と覗いて見ましたが彼はうち所でも悪かったのか、穴の底にぐったりと横わって、穴のまわりに突出ている鋭い石でついたのでしょう。

一分刈りの頭に、赤黒い血がタラタラと流れているのです。

それから、舌でも噛切ったと見えて、口や鼻からも同じ様に出血しています。

顔色はもう蒼白で、唸り声を出す元気さえありません。

こうして、この按摩は、でもそれから一週間ばかりは虫の息で生きていましたが、遂に絶命してしまったのです。

私の計画は見事に成功しました。

誰が私を疑いましょう。

私はこの按摩を日頃贔屓にしてよく呼んでいた位で、決して殺人の動機になる様な恨みがあった訳ではなく、それに、表面上は右に陥穽(おとしあな)のあるのを避けさせようとして、「左へよれ、左へよれ」と教えてやった訳なのですから、私の好意を認める人はあっても、その親切らしい言葉の裏に恐るべき殺意がこめられていたと想像する人があろう筈はないのです。

ああ、何という恐しくも楽しい遊戯だったのでしょう。

巧妙なトリックを考え出した時の、恐らく芸術家のそれにも匹敵する、歓喜、そのトリックを実行する時のワクワクした緊張、そして、目的を果した時の云い知れぬ満足、それに又、私の犠牲になった男や女が、殺人者が目の前にいるとも知らず血みどろになって狂い廻る断末魔の光景(ありさま)、最初の間、それらが、どんなにまあ私を有頂天にしてくれたことでしょう。

Sponsored Link

ある時はこんな事もありました。

それは夏のどんよりと曇った日のことでしたが、私はある郊外の文化村とでもいうのでしょう。

十軒余りの西洋館がまばらに立並んだ所を歩いていました。

そして、丁度その中でも一番立派なコンクリート造りの西洋館の裏手を通りかかった時です。

ふと妙なものが私の目に止りました。

といいますのは、その時私の鼻先をかすめて勢よく飛んで行った一匹の雀が、その家の屋根から地面へ引張ってあった太い針金にちょっととまると、いきなりはね返された様に下へ落ちて来て、そのまま死んで了ったのです。

変なこともあるものだと思ってよく見ますと、その針金というのは、西洋館の尖った屋根の頂上に立っている避雷針から出ていることが分りました。

無論針金には被覆が施されていましたけれど、今雀のとまった部分は、どうしたことかそれがはがれていたのです。

私は電気のことはよく知らないのですが、どうかして空中電気の作用とかで、避雷針の針金に強い電流が流れることがあると、どこかで聞いたのを覚えていて、さてはそれだなと気附きました。

こんな事に出くわしたのは初めてだったものですから、珍らしいことに思って、私は暫らくそこに立止ってその針金を眺めていたものです。

すると、そこへ、西洋館の横手から、兵隊ごっこかなにかして遊んでいるらしい子供の一団が、ガヤガヤ云いながら出て来ましたが、その中の六ツか七つの小さな男の子が、ほかの子供達はさっさと向うへ行ってしまったのに、一人あとに残って、何をするのかと見ていますと、今の避雷針の針金の手前の小高くなった所に立って、前をまくると、立小便を始めました。

それを見た私は、又もや一つの妙計を思いつきました。

私は中学時代に水が電気の導体だということを習ったことがあります。

今子供が立っている小高い所から、その針金の被覆のとれた部分へ小便をしかけるのは訳のないことです。

小便は水ですからやっぱり導体に相違ありません。

そこで私はその子供にこう声をかけました。

「おい坊っちゃん。その針金へ小便をかけて御覧。とどくかい」

すると子供は、「なあに訳ないや、見てて御覧」そういったかと思うと、姿勢を換えて、いきなり針金の地の現れた部分を目がけて小便をしかけました。

そして、それが針金に届くか届かないに、恐ろしいものではありませんか、子供はビョンと一つ踊る様に跳上ったかと思うと、そこへバッタリ倒れて了いました。

あとで聞けば、避雷針にこんな強い電流が流れるのは非常に珍らしいことなのだそうですが、か様にして、私は生れて始めて、人間の感電して死ぬ所を見た訳です。

この場合も無論、私は少しだって疑いを受ける心配はありませんでした。

ただ子供の死骸にとりすがって泣入っている母親に鄭重(ていちょう)な悔みの言葉を残して、その場を立去りさえすればよいのでした。

これもある夏のことでした。

私はこの男を一つ犠牲(いけにえ)にしてやろうと目ざしていたある友人、と云っても決してその男に恨みがあった訳ではなく、長年の間無二の親友としてつき合っていた程の友達なのですが、私には却って、そういう仲のいい友達などを、何にも云わないで、ニコニコしながら、アッという間に死骸にして見たいという異常な望みがあったのです。

その友達と一緒に、房州のごく辺鄙なある漁師町へ避暑に出かけたことがあります。

無論海水浴場という程の場所ではなく、海にはその部落の赤銅色(しゃくどういろ)の肌をした小わっぱ達がバチャバチャやっているだけで、都会からの客といっては私達二人の外には画学生らしい連中が数人、それも海へ入るというよりは其辺の海岸をスケッチブック片手に歩き廻っているに過ませんでした。

名の売れている海水浴場の様に、都会の少女達の優美な肉体が見られる訳ではなく、宿といっても東京の木賃宿見たいなもので、それに食物もさしみの外のものはまずくて口に合わず、随分淋しい不便な所ではありましたが、その私の友達というのが、私とはまるで違って、そうした鄙びた場所で孤独な生活を味わうのが好きな方でしたのと、私は私で、どうかしてこの男をやっつける機会を掴もうとあせっていた際だったものですから、そんな漁師町に数日の間も落ちついていることが出来たのです。

ある日、私はその友達を、海岸の部落から、大分隔った所にある、ちょっと断崖見たいになった場所へ連れ出しました。

そして「飛込みをやるのには持って来いの場所だ」などと云いながら、私は先に立って着物を脱いだものです。

友達もいくらか水泳の心得があったものですから「なる程これはいい」と私にならって着物をぬぎました。

そこで、私はその断崖のはしに立って、両手を真直ぐに頭の上に伸ばし「一、二、三」と思切りの声で怒鳴って置いて、ピョンと飛び上ると、見事な弧を描いて、さかしまに前の海面へと飛込みました。

パチャンと身体が水についた時に、胸と腹の呼吸でスイと水を切って、僅か二三尺もぐるだけで、飛魚の様に向うの水面へ身体を現すのが「飛込み」のコツなんですが、私は小さい時分から水泳が上手で、この「飛込み」なんかも朝飯前の仕事だったのです、そうして、岸から十四五間も離れた水面へ首を出した私は、立泳ぎという奴をやりながら、片手でブルッと顔の水をはらって、「オーイ、飛込んで見ろ」と友達に呼びかけました。

すると、友達は無論何の気もつかないで、「よし」と云いながら、私と同じ姿勢をとり、勢よく私のあとを追ってそこへ飛込みました。

ところが、しぶきを立てて海へ潜ったまま、彼は暫くたっても再び姿を見せないではありませんか……

私はそれを予期していました。

その海の底には、水面から一間位の所に大きな岩があったのです。

私は前持ってそれを探って置き、友達の腕前では「飛込み」をやれば必ず一間以上潜るにきまっている、随ってこの岩に頭をぶつけるに相違ないと見込みをつけてやった仕事なのです。

御承知でもありましょうが、「飛込み」の技は上手なもの程、この水を潜る度が少いので、私はそれには十分熟練していたものですから、海底の岩にぶつかる前にうまく向うへ浮上って了ったのですが、友達は「飛込み」にかけてはまだほんの素人だったので、真逆様に海底へ突入って、いやという程頭を岩へぶつけたに相違ないのです。

案の定、暫く待っていますと、彼はポッカリと鮪の死骸の様に海面に浮上りました。

そして波のまにまに漂っています。

云うまでもなく彼は気絶しているのです。

私は彼を抱いて岸に泳ぎつき、そのまま部落へ駈け戻って、宿の者に急をつげました。

そこで出漁を休んでいた漁師などがやって来て友達を介抱してくれましたが、ひどく脳を打った為でしょう。

もう蘇生の見込みはありませんでした。

見ると、頭のてっぺんが五六寸切れて、白い肉がむくれ上っている。

その頭の置かれてあった地面には、おびただしい血潮が赤黒く固っていました。

あとにも先にも、私が警察の取調を受けたのはたった二度きりですが、その一つがこの場合でした。

何分人の見ていない所で起った事件ですから、一応の取調べを受けるのは当然です。

しかし、私とその友達とは親友の間柄でそれまでにいさかい一つした事もないと分っているのですし、又当時の事情としては、私も彼もその海底に岩のあることを知らず、幸い私は水泳が上手だった為に危い所をのがれたけれども、彼はそれが下手だったばっかりにこの不祥事をひきおこしたのだということが明白になったものですから、難なく疑いは晴れ、私は却って警察の人達から「友達をなくされてお気の毒です」と悔みの言葉までかけて貰う有様でした。

いや、こんな風に一つ一つ実例を並べていたんでは際限がありません。

もうこれ丈け申上げれば、皆さんも私の所謂絶対に法律にふれない殺人法を、大体御分り下すったことと思います。

凡てこの調子なんです。

ある時はサーカスの見物人の中に混っていて、突然、ここで御話するのは恥しい様な途方もない変てこな姿勢を示して、高い所で綱渡をしていた女芸人の注意を奪い、その女を墜落させて見たり、火事場で、我子を求めて半狂乱の様になっていたどこかの細君に、子供は家の中に寝かせてあるのだ「ソラ泣いている声が聞えるでしょう」などと暗示を与えて、その細君を猛火の中へ飛込ませ、つい焼殺してしまったり、或は又、今や身投げをしようとしている娘の背後から、突然「待った」と頓狂な声をかけて、そうでなければ、身投げを思いとまったかも知れないその娘を、ハッとさせた拍子に水の中へ飛込ませてしまったり、それはお話すれば限りもないのですけれど、もう大分夜も更けたことですし、それに、皆さんもこの様な残酷な話はもうこれ以上御聞きになりたくないでしょうから、最後に少し風変りなのを一つだけ申上げてよすことに致しましょう。

今まで御話しました所では、私はいつも一度に一人の人間を殺している様に見えますが、そうでない場合も度々あったのです。

でなければ、三年足らずの年月の間に、しかも少しも法律にふれない様な方法で、九十九人もの人を殺すことは出来ません。

その中でも最も多人数を一度に殺しましたのは、そうです、昨年の春のことでした。

皆さんも当時の新聞記事できっと御読みのことと思いますが、中央線の列車が顛覆して多くの負傷者や死者を出したことがありますね、あれなんです。

なに馬鹿馬鹿しいほど雑作もない方法だったのですが、それを実行する土地を探すのにはかなり手間どりました。

ただ最初から中央線の沿線ということ丈けは見当をつけていました。

というのは、この線は、私の計画には最も便利な山路を通っているばかりでなく、列車が顛覆した場合にも、中央線には日頃から事故が多いのですから、ああ又かという位で他の線程目立たない利益があったのです。

それにしても、註文通りの場所を見つけるのには仲々骨が折れました。

結局M駅の近くの崖を使うことに決心するまでには、十分一週間はかかりました。

M駅にはちょっとした温泉場がありますので、私はそこのある宿へ泊り込んで、毎日毎日湯に入ったり散歩をしたり、いかにも長逗留(ながどまり)の湯治客らしく見せかけようとしたのです。

その為に又十日余り無駄に過さねばなりませんでしたが、やがてもう大丈夫だという時を見計らって、ある日私はいつもの様にその辺の山路を散歩しました。

そして、宿から半里程のある小高い崖の頂上へ辿りつき、私はそこでじっと夕闇の迫って来るのを待っていました。

その崖の真下には汽車の線路がカーブを描いて走っている、線路の向う側はこちらとは反対に深いけわしい谷になって、その底にちょっとした谷川が流れているのが、霞む程遠くに見えています。

暫くすると、予め定めて置いた時間になりました。

私は、誰れも見ているものはなかったのですけれど、わざわざちょっとつまずく様な恰好をして、これも予め探し出して置いた一つの大きな石塊(いしころ)を蹴飛しました。

それはちょっと蹴りさえすればきっと崖から丁度線路の上あたりへころがり落ちる様な位置にあったのです。

私は若しやりそこなえば幾度でも他の石塊でやり直すつもりだったのですが、見ればその石塊はうまい工合に一本のレールの上にのっかっています。

半時間の後には下り列車がそのレールを通るのです。

その時分にはもう真暗になっているでしょうし、その石のある場所はカーブの向側なのですから、運転手が気附く筈はありません。

それを見定めると、私は大急ぎで、M駅へと引返し(半里の山路ですからそれにはじゅうぶん三十分以上を費しました)そこの駅長室へ這入って行って「大変です」とさも慌てた調子で叫んだものです。

「私はここへ湯治に来ているものですが、今半里計り向うの、線路に沿った崖の上へ散歩に行っていて、坂になった所を駈けおりようとする拍子にふと一つの、石塊を崖から下の線路の上へ蹴落してしいました。若しあそこを列車が通ればきっと脱線します。悪くすると谷間へ落ちる様なことがないとも限りません。
私はその石をとりのけ様と色々道を探したのですけれど、何分不案内の山のことですから、どうにもあの高い崖を下る方法がないのです。で、ぐずぐずしているよりはと思って、ここへ駈けつけた次第ですが、どうでしょう。至急あれを、取りのけて頂く訳には行きませんでしょうか」と如何にも心配そうな顔をして申しました。

すると駅長は驚いて、「それは大変だ、今下り列車が通過したところです。普通ならあの辺はもう通り過ぎてしまった頃ですが……」というのです。

それが私の思う壺でした。

そうした問答を繰り返している内に、列車転覆死傷数知らずという報告が、僅かに危地を脱して駈けつけた、その下り列車の車掌によってもたらされました。

さあ大騒ぎです。

私は行がかり上一晩Mの警察署へ引ぱられましたが、考えに考えてやった仕事です。

手落ちのあろう筈はありません。

無論私は大変叱られはしましたけれど、別に処罰を受ける程のこともないのでした。

あとで聞きますと、その時の私の行為は刑法第百二十九条とかにさえ、それは五百円以下の罰金刑に過ぎないのですが、あてはまらなかったのだそうです。

そういう訳で、私は一つの石塊によって、少しも罰せられることなしに、エーとあれは、そうです、十七人でした。十七人の命を奪うことに成功したのでした。

皆さん。私はこんな風にして九十九人の人命を奪った男なのです。

そして、少しでも悔ゆる所か、そんな血なまぐさい刺戟にすら、もう飽きあきしてしまって、今度は自分自身の命を犠牲にしようとしている男なのです。

皆さんは、余りにも残酷な私の所行に、それその様に眉をしかめていらっしゃいます。

そうです。

これらは普通の人には想像もつかぬ極悪非道の行いに相違ありません。

ですが、そういう大罪悪を犯してまでのがれ度い程の、ひどいひどい退屈を感じなければならなかったこの私の心持も、少しはお察しが願い度いのです、私という男は、そんな悪事をでも企らむ他には、何一つ此人生に生甲斐を発見することが出来なかったのです。

皆さんどうか御判断なすって下さい。私は狂人なのでしょうか。あの殺人狂とでもいうものなのでしょうか。

斯様にして今夜の話手の、物凄くも奇怪極まる身の上話は終った。

彼は幾分血走った、そして白眼勝ちにドロンとした狂人らしい目で、私達聴者(ききて)の顔を一人一人見廻すのだった。

しかし誰一人これに答えて批判の口を開くものもなかった。

そこには、ただ薄気味悪くチロチロと瞬く蝋燭の焔に照らし出された、七人の上気した顔が、微動さえしないで並んでいた。

ふと、ドアのあたりの垂絹の表に、チカリと光ったものがあった。

見ていると、その銀色に光ったものが、段々大きくなっていた。

それは銀色の丸いもので、丁度満月が密雲を破って現れる様に、赤い垂絹の間から、徐々に全き円形を作りながら現われているのであった。

私は最初の瞬間から、それが給仕女の両手に捧げられた、我々の飲物を運ぶ大きな銀盆であることを知っていた。

でも、不思議にも万象を夢幻化しないでは置かぬこの『赤い部屋』の空気は、その世の常の銀盆を、何かサロメ劇の古井戸の中から奴隷がヌッとつき出す所の、あの予言者の生首の載せられた銀盆の様にも幻想せしめるのであった。

そして、銀盆が垂絹から出切ってしまうと、その後から、青竜刀の様な幅の広い、ギラギラしたダンビラが、ニョイと出て来るのではないかとさえ思われるのであった。

だが、そこからは、唇の厚い半裸体の奴隷の代りに、いつもの美しい給仕女が現れた。

そして、彼女がさも快活に七人の男の間を立廻って、飲物を配り始めると、その、世間とはまるでかけ離れた幻の部屋に、世間の風が吹き込んで来た様で、何となく不調和な気がし出した。

彼女は、この家の階下のレストランの、華やかな歌舞と乱酔とキャアという様な若い女のしだらない悲鳴などを、フワフワとその身辺に漂わせていた。

「そうら、射つよ」突然Tが、今までの話声と少しも違わない落着いた調子で云った。

そして、右手を懐中へ入れると、一つのキラキラ光る物体を取出して、ヌーッと給仕女の方へさし向けた。

アッという私達の声と、バン……というピストルの音と、キャッとたまぎる女の叫びと、それが殆ど同時だった。

無論私達は一斉に席から立上った。

しかしああ何という仕合せなことであったか、射たれた女は何事もなく、ただこれのみは無慚にも射ちくだかれた飲物の器を前にして、ボンヤリと立っているではないか。

「ワハハハハ……」T氏が狂人の様に笑い出した。

「おもちゃだよ、おもちゃだよ。アハハハ……花ちゃんまんまと一杯食ったね。ハハハ……」

では、今なおT氏の右手に白煙をはいているあのピストルは、玩具に過ぎなかったのか。

「まあ、びっくりした……それ、おもちゃなの?」

Tとは以前からお馴染らしい給仕女は、でもまだ脣の色はなかったが、そういいながらT氏の方へ近づいた。

「どれ、貸して御覧なさいよ。まあ、ほんものそっくりだわね」

彼女は、てれかくしの様に、その玩具だという六連発を手にとって、と見こうみしていたが、やがて、「くやしいから、じゃ、あたしも射ってあげるわ」

いうかと思うと、彼女は左腕を曲げて、その上にピストルの筒口を置き、生意気な恰好でT氏の胸に狙いを定めた。

「君に射てるなら、射ってごらん」T氏はニヤニヤ笑いながら、からかう様に云った。

「うてなくってさ」

バン……前よりは一層鋭い銃声が部屋中に鳴り響いた。

「ウウウウ……」何とも云えぬ気味の悪い唸声がしたかと思うと、T氏がヌッと椅子から立上って、バッタリと床の上へ倒れた。

そして、手足をバタバタやりながら、苦悶し始めた。

冗談か、冗談にしては余りにも真に迫ったもがき様ではないか。

私達は思わず彼のまわりへ走りよった。

隣席にいた一人が、卓上の燭台をとって苦悶者の上にさしつけた。

見ると、T氏は蒼白な顔を痙攣させて、丁度傷ついた蚯蚓が、クネクネはね廻る様な工合に、身体中の筋肉を伸ばしたり縮めたりしながら、夢中になってもがいていた。

そしてだらしなくはだかったその胸の、黒く見える傷口からは彼が動く度に、タラリタラリとまっ紅な血が、白い皮膚を伝って流れていた。

玩具と見せた六連発の第二発目には実弾が装填してあったのだ。

私達は、長い間、ボンヤリそこに立ったまま、誰一人身動きするものもなかった。

奇怪な物語りの後のこの出来事は、私達に余りにも烈しい衝動を与えたのだ。

それは時計の目盛から云えば、ほんの僅かな時間だったかも知れない。

けれども、少くともその時の私には、私達がそうして何もしないで立っている間が、非常に長い様に思われた。

なぜならば、その咄嗟の場合に、苦悶している負傷者を前にして、私の頭には次の様な推理の働く余裕が十分あったのだから。

「意外な出来事に相違ない。しかし、よく考えて見ると、これは最初からちゃんと、Tの今夜のプログラムに書いてあった事柄なのではあるまいか。彼は九十九人までは他人を殺したけれど、最後の百人目だけは自分自身の為に残して置いたのではないだろうか。そして、そういうことには最もふさわしいこの『赤い部屋』を、最後の死に場所に選んだのではあるまいか、これは、この男の奇怪極る性質を考え合せると、まんざら見当はずれの想像でもないのだ。
そうだ。あの、ピストルを玩具だと信じさせて置いて、給仕女に発砲させた技巧などは、他の殺人の場合と共通の、彼独特のやり方ではないか。こうして置けば、下手人の給仕女は少しも罰せられる心配はない。そこには私達六人もの証人があるのだ、つまり、Tは彼が他人に対してやったと同じ方法を、加害者は少しも罪にならぬ方法を、彼自身に応用したものではないか」

私の外の人達も、皆それぞれの感慨に耽っている様に見えた。

そして、それは恐らく私のものと同じだったかも知れない。

実際、この場合、そうとより他には考え方がないのだから。

恐ろしい沈黙が一座を支配していた。

そこには、うっぷした給仕女の、さも悲しげにすすり泣く声が、しめやかに聞えているばかりだった。

『赤い部屋』の蝋燭の光に照らし出された、この一場の悲劇の場面は、この世の出来事としては余りにも夢幻的に見えた。

「ククククク……」

突如、女のすすり泣の外に、もう一つの異様な声が聞えて来た。

それは、最早やもがくことを止めて、ぐったりと死人の様に横わっていた、T氏の口から洩れるらしく感じられた。

氷の様な戦慄が私の背中を這い上った。

「クックックックッ……」その声は見る見る大きくなって行った。

そして、ハッと思う間に、瀕死のT氏の身体がヒョロヒョロと立上った。

立上ってもまだ「クックックックッ」という変な声はやまなかった。

それは胸の底からしぼり出される苦痛の唸り声の様でもあった。

だが……、若しや……オオ、矢張りそうだったのか、彼は意外にも、さい前から耐らないおかしさをじっと噛み殺していたのだった。

「皆さん」彼はもう大声に笑い出しながら叫んだ。

「皆さん。分りましたか、これが」

すると、ああ、これは又どうしたことであろう。

今の今まであの様に泣入っていた給仕女が、いきなり快活に立上ったかと思うと、もうもう耐らないという様に、身体をくの字にして、これもまた笑いこけるのだった。

「これはね」

やがてT氏は、あっけにとられた私達の前に、一つの小さな円筒形のものを、掌にのせてさし出しながら説明した。

「牛の膀胱で作った弾丸なのですよ。中に赤インキが一杯入れてあって、命中すれば、それが流れ出す仕掛けです。
それからね。この弾丸が偽物だったと同じ様に、さっきからの私の身の上話というものはね、始めからしまいまで、みんな作りごとなんですよ。でも、私はこれで、仲々お芝居はうまいものでしょう……
さて、退屈屋の皆さん。こんなことでは、皆さんが始終お求めなすっている、あの刺戟とやらにはなりませんでしょうかしら……」

彼がこう種明しをしている間に、今まで彼の助手を勤めた給仕女の気転で階下のスイッチがひねられたのであろう、突如真昼の様な電燈の光が、私達の目を眩惑させた。

そして、その白く明るい光線は、忽ちにして、部屋の中に漂っていた、あの夢幻的な空気を一掃してしまった。

そこには、曝露された手品の種が、醜いむくろを曝していた。

緋色の垂絹にしろ、緋色の絨氈にしろ、同じテーブルかけや肘掛椅子、はては、あのよしありげな銀の燭台までが、何とみすぼらしく見えたことよ。

『赤い部屋』の中には、どこの隅を探して見ても、最早や、夢も幻も、影さえ止めていないのだった。

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

-長編, 江戸川乱歩

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.