ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

魔除けのお札【世にも奇妙な短編集】

更新日:

Sponsord Link

平日の昼下がり、自称霊能者の秋谷悟は、恋人の河合優里と一緒に閑静な高級住宅街を歩いていた。どの家も広い敷地のため、歩いて回るには骨が折れるが、秋谷には独特の嗅覚があった。霊能者を名乗るだけあって、目当ての人を探すアンテナはそれなりに強いのだろう。

一軒の家の前に立った秋谷は、「よし、ここにしよう」と優里に言った。優里は黙って頷き、インターホンを鳴らす。「どちら様でしょうか?」山の手らしく、上品な老婦人の声だ。

「突然に失礼いたします。私は、ボランティアでお宅訪問をさせていただいている、佐藤美奈子と申します」
「ボランティアって、どのようなことでしょうか?」
「私、皆様の幸せのお手伝いをさせていただいておりまして、特別な能力を持つ霊能者の門田先生の指示で、危険が迫っているお宅に声をかけさせていただいているのです」
「危険って何ですか?」
「門田先生がおっしゃいますに、お宅様の住宅から負のオーラが出ていると」
「負のオーラって何でしょうか?」
「お宅様の周りで、何か困ったことが起きているのではないでしょうか? 例えば、どなたかご病気だとか……」
「主人が最近、体がだるいと言いますけども……」
「それは大変です! ご主人様に危険が迫っています。今すぐに門田先生に処置していただかないといけません。中に入れていただいてもよろしいでしょうか?」
「えっ? 今ですか?」
「はい。一刻も早くと、先生がおっしゃっています」

畳み掛けるように早口で迫力のある言葉に、老婦人は不安を膨らませていった。その後も、言葉巧みな優里の説得により、老婦人は「では、中へお入りください」と言って二人を招きいれた。

秋谷は家に入ると、一直線に老婦人の夫が寝ている部屋に向かった。部屋に入る許可を得ると、寝ている夫の胸に手を置き、何やら呪文を唱え始めた。

それがしばらく続いた後、「はいっ!」と大きな声で気合を入れた。「もう大丈夫ですよ。ご安心ください。ご主人の顔色も良くなったでしょ」と秋谷に言われた老婦人は、「そう言えば、そんな気もします」と答えた。

老婦人に「あの、おいくらお支払いしたらよろしいでしょうか?」と言われた優里は、「初めに申しました通り、これはボランティアですから、お金は頂戴いたしません」と答えた。

老婦人は「ありがとうございます」と深々と頭を下げた。すると秋谷が、「ご主人は、悪いものに憑かれやすい体質ですから、お守りを持たれることを強くお勧めします」と言った。

「どのようなお守りが良いのでしょうか?」
「奥様。これは、先生が一年間の苦行の末に作り出した魔除けのお札です」

Sponsored Link

そう言って、優里はカバンから一枚の札を取り出して渡した。

「これは、おいくらで……」
「これはかなり強力なもので、一枚が十万円です」
「十万円……」
「値の安いものはそれなりの効果しか期待出来ませんが、これ一枚で一年間は守られます」
「一年間……。では、それを十枚下さい」
「承知いたしました」

老婦人は、金庫を開けて帯付きの新札百万円を取り出し、優里に渡した。優里と秋谷は頭を下げ、「お大事に」と言って家を出た。

その後二人は、無言のまま、足早に駅に向かった。電車に乗ってアパートに戻った優里は、カバンを開いて百万円の束をテーブルに投げた。

「うまくいったね」と微笑む優里に、「ああ。なかなかの上出来じゃないか?」と秋谷は答えながら、変装の髭をとった。

「あの先生のおかげだよ」と優里に言われ、秋谷は零美に言われたことを思い出していた。二人の相性を占ってもらった時、「あなたは霊感が強いですね。特殊な力を持っていらっしゃると思います」と言われたのだ。

「あの先生に言われてから、どこに病人がいるかピンとくるんだよな」と秋谷が言う。二人はそれまでも詐欺を繰り返していたが、裕福な高齢者に魔除けの札を売るようになってから、かなりお金が貯まってきた。

素直で人に騙されてばかりだった秋谷は、頭の回転が早くて巧みな弁舌の優里と知り合い、人を騙す側になった。それまでは、人を騙すことに罪悪感を感じていたが、病気の人にパワーを送ってヒーリングをするようになってからは、少し罪悪感がなくなった。

一枚十万円なんて途方もない値段だが、自分のヒーリングにそれだけの力があると思えば、少しは自分を納得させられた。ただ、魔除けの札には何の力もなかったが。

「いくら貯まった?」と、コーヒーを持ってきた優里が金庫を指差して尋ねた。「待ってね」と言い、秋谷は金庫を開けて、お金をテーブルの上に並べた。二人で数えてみると、今日の百万円を加えて二百万円になっていた。

コーヒーを飲みながら「これだけ貯まったんだ。すごいね」と秋谷が言った。「みーんな、悟くんのお陰だよ」と、優里が背中から抱きついた。

優里はそのまま、秋谷を押し倒してキスをした。長いキスをしながら、秋谷はだんだんと眠気を感じていった。

秋谷が目を覚ますと、もう朝になっていた。眠い目をこすって辺りを見回したが、優里の姿が見当たらない。

ふとテーブルの上を見ると、手紙が置いてあった。そこには、「お金は半分頂いていきます。今までありがとうね」と書かれていた。

秋谷が金庫を開けると、そこには帯封のままの百万円が残っていた。「行っちゃったのか……」と呟いて、ぼんやりとする秋谷だったが、一番上と一番下を除いた九十八枚が、カラーコピーで印刷した一万円札だと気付くのは、それから三日後のことだった。

[出典:http://kaminomamoru.com/novel/long/shinreikanteishi-kagamiremi-2/92-mayokenoofuda/]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.